北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その24 「新高湯温泉」

<<   作成日時 : 2017/07/18 08:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

駐車場から徒歩でしか行けない「大平温泉」の余韻が残っているなか、「新高湯温泉」へ向け車を走らせます。
地図で見ると「大平温泉 滝見屋」さんと「新高湯温泉 吾妻屋」さんとは直線距離で2km程しかありません。登山道があるようですが車の場合はかなり迂回しないと辿り着くことができません。

大平温泉から山形県道(福島県道)2号米沢猪苗代線を目指します。




県道2号を走行し米沢八湯の一つ「白布温泉」を通過し向かいます。

画像


このまま県道2号を進むと白布峠を福島県猪苗代湖へと通じてます。

しかしながらこの辺りは豪雪地帯のため冬期間通行止となっています。

北海道でも一部国道を含め多くの地方道で冬期間通行できない場所があります。



県道2号を白布温泉を過ぎると「天元台高原」の案内がある交差点に到着します。

新高湯温泉へはこの交差点を左折します。





程なく右手に天元台高原ロープウェイ「湯元駅」乗り場があります。
http://www.tengendai.jp/green/g-ropeway.html
天元台高原は冬期間スキー場になっています。




ロープウェイ駅から新高湯温泉までは約1kmですが、この先道が急に狭くなります。



画像



最初は緩やかな登り坂です。

画像



しかし宿手前100mは驚く程の急勾配です。
※一番急勾配地点は20%以上はあるかと思います。

私のセダンもかなり難儀しました

坂の上からの眺望です。

画像



坂を登り切った左手に宿があります。

ここの標高は1,126mです。

画像



先ずは宿受付で入浴料500円を支払い「米沢八湯スタンプラリー」に押印いただきます。

画像



宿前には眺望の素晴らしい休憩テラスがあります。

これは嬉しい施設ですね。

画像



お風呂の案内図がありました。

画像


日帰り利用の場合、利用可能なのは外にある露天風呂のみとなっています。


先ず最初に宿前にある「眺望露天風呂」に入ります。

眺望露天風呂の入口はこちらの「凱泉門」を潜って行きます。

画像



しかし、過去の写真では「門」の上を跨ぐ「横木」が現在ありません。
http://yonezawa.info/?p=log&l=49420

画像



こちらが眺望露天風呂です。

画像



露天風呂からの眺望はまさに絶景です。

画像



この景色を眺めるだけで疲れが吹っ飛んでしまいます。

北海道では十勝岳温泉「凌雲閣」「カミホロ荘」露天風呂からの絶景を思い浮かべました。

画像

※凌雲閣露天風呂からの眺望です。
https://ryounkakuonsen.wixsite.com/ryounkaku/onsen

画像

※カミホロ荘からの眺望です。
http://tokachidake.com/kamihoro/onsen.html



次にお隣にある「栗の根っこ風呂」に移動です。

「栗の根っこ風呂」は2つあって、こちらが丸いタイプです。

画像



もう一つは縦長タイプです。

画像



どちらも眺望が最高です。

それでは失礼してお湯をいただきます。

画像



日帰りで利用できる露天風呂はもう1ヶ所あります。
※女性には女性専用露天風呂があります。

それは「滝見露天風呂」です。

宿横の道の坂を登って行きます。

画像


こちらが滝見露天風呂の脱衣室です。

画像



滝を見ながらの絶景露天風呂です。

画像



できれば次回宿泊してみたい宿です。

短い時間でしたがとても癒された温泉です。

それでは大変お名残惜しいですが次の目的地へ向かって出発したいと思います。


次の立ち寄り先は「白布温泉」ですが、この日は土曜日という事もありどの宿も早々に日帰り入浴が終了していました。
http://www.shirabu.jp/

これは私の事前調査不足でした。

白布温泉では米沢八湯スタンプラリー押印も予定していたのでちょっぴり残念です。

ということで白布温泉での日帰り入浴を諦め「小野川温泉」へ向かいたいと思います。
http://www.chuokai-yamagata.or.jp/onogawa/


その模様はその25へ続きます。




※6/24(土)、この日の走行距離 「大平温泉」→「新高湯温泉」 23km

■「大平温泉」→「新高湯温泉」までの走行ルート■



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その24 「新高湯温泉」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる