北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その1

<<   作成日時 : 2017/06/26 21:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

6/18日(日)は父の日でしたが、私へのプレゼントはカミさんが今回の旅を許してくれた事です。
山形県湯田川温泉で開催される「第13回源泉かけ流し全国温泉サミットin湯田川温泉」に参加するのが主目的ですが、せっかくの機会ですので東北の温泉めぐりと鉄分も補給したく6泊7日の行程となりました。
http://www.gensen-kakenagashi.jp/


仙台空港まで飛びレンタカーで廻る方法もあったのですが今回はフェリーを利用してマイカーで行くことにしました。

フェリー会社は往復とも新日本海フェリーを利用し「夏旅GoGo割」というお得なプランを利用させていただきます。
http://www.snf.jp/campaign/summer.html

行きは「苫小牧東→秋田」、帰りは「新潟→苫小牧東」にしました。

今回は1日目の行程についてアップしたいと思います。

苫小牧東港出航時間は19:30ですが、自宅を昼過ぎに出て少し寄り道をしながら向かいたいと思います。

最初の寄り道は石屋製菓「白い恋人パーク」です。
http://www.shiroikoibitopark.jp/

画像




ここに立ち寄ったのは、お土産として白い恋人パーク限定品の「Cookies Box」を購入するためです。

画像



次に新千歳空港へ移動です。

ここでも北海道のお土産をもう少し購入したいと思います。

画像


新千歳空港売店には北海道を代表するお土産が集積しているので、特別な物を除きここで購入できるので大変便利です。


お土産も買ったので少し鉄分を補給してからフェリーターミナルへ向かいたいと思います。

立ち寄った先は千歳線「植苗駅」です。

画像



実は植苗駅にやって来たのは初めてなのです。

少し駅を散策してみます。

跨線橋があります。

画像




跨線橋を歩いていると函館行スーパー北斗が通過して行きました。

画像



駅名標を見ると下り方向の隣駅が新しく「みなみちとせ」とシールが貼られています。

画像


今年3月4日に「美々駅」が廃止となり「南千歳駅」が隣駅となりました。


千歳線は北海道では数少ない電化区間です。

しかし駅の雰囲気は非電化区間の方が私は好きです。


さてフェリーターミナルへ向かう前にもう一ヶ所だけ立ち寄りします。

苫小牧東部地域です。


私が住んでいる石狩市(当時は石狩町)と同様、港を含む大規模開発が計画されましたが、企業進出が予想を大きく下回りその計画も頓挫してしまいました。


当初設立された苫小牧東部開発株式会社はその後株式会社苫東へ事業継承され今日に至っています。

画像



新千歳空港への着陸時あるいは離陸時に空からも見る事ができます。





さてそろそろフェリーターミナルへ向かいます。

苫小牧には2つのフェリーターミナルがあります。


1つは苫小牧西港(入船埠頭)で、八戸(シルバーフェリー)、仙台・名古屋(太平洋フェリー)、大洗(商船三井フェリー)への航路があります。




そしてもう1つは私が今回利用する新日本海フェリーの苫小牧東港(周文埠頭)です。

画像

画像



私が乗船するのは「らいらっく」です。

画像



船室は「ステートルームB(和室)」です。

http://www.snf.jp/ship/ship_lilac.html


今回、夏旅GoGo割を利用したので車の航走料そして上等級の船室が割引となりました。

ステートルームBは「洋室」と「和室」があるのですが洋室は窓が無く海が見えないため今回和室を選択しました。


19:30、定刻に苫小牧東港を出港です。

部屋に入り少しお酒をいただいたら睡魔が早々に私を襲ったのですが、船内アナウンスで20時からBINGO大会開催とありました。

参加無料ですので参加しない手はありません。

そしてリーチとなり・・・・

画像


見事、オリジナルコースター(ジグソーパズル型)をゲットしました。

画像


船内の売店で500円で販売している商品でした。

こうした船内イベントは参加必須ですね(笑)

再び船室へ戻りもう少しアルコールを注入し就寝しました。


起きたのが午前2時半近く。

部屋のテレビで船の現在地を確認です。

画像


再び就寝し次に目が覚めたのが午前4時過ぎです。


部屋を出てラウンジに行って朝日を眺めます。

画像


何とも良いお天気です。


その後秋田港に近づきフォワードサロンに移動です。

画像



船は定刻に入港し秋田港内で方向転換します。

画像



下船後、先ずは秋田県の三セク鉄道会社会社を訪問し社長からローカル線活性化についてお話しをお聞きします。


それについては次回その2へ続きます。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その1 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる