北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 東北温泉、再訪計画

<<   作成日時 : 2017/05/22 14:08   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

私、温泉マンの温泉巡りきっかけは、1985年独立起業した直後、精神的ストレスにより1ヶ月間入院し退院時医師の助言により温泉歩きをしたことに始まります。
起業直後、お金もなかったので自宅(石狩市)近郊の温泉を日帰り利用するのが精一杯でした。
しかし近郊の温泉入浴を全て終えたため、紀伊国屋書店で購入したある本をきっかけに全道の名湯・秘湯を巡ることとなりました。

その本とは松田忠徳さんの「湯けむりの旅北海道」です。

1987年8月発刊です。

私の温泉紀行動機については、恐れ多いことに道内の著名人が多く登場される「札幌人図鑑」(主宰:福津京子さん)でご紹介いただいていますのでコチラでご参照いただけましたら幸いです。
http://sapporojinzukan.sapolog.com/e390011.html

画像



この本には北海道の名湯・秘湯、76ヶ所が紹介されており、どれも温泉ファンであれば興味をそそられる場所ばかりです。

しかし、残念ながら当時紹介されていた76ヶ所のうち16ヶ所は現在休廃業となっており入浴することができません。


休廃業の理由には後継者不足や冷鉱泉を温めるための燃料費高騰そして自然保護等など様々です。


自然保護のため入浴できなくなった温泉と言えばこちらを思い出します。

画像


画像


湯の滝でマンガン鉱物が形成されていることは古くから知られていましたが、我が家訪問の9年後である2000年9月6日、天然記念物に指定され入浴が禁止となりました。



いずれにしても温泉運営にはいろいろと多くの条件が存在しますね。



さて、起業後は金銭的理由で遠方の温泉も車中泊などにより凌いできましたが、数年が経ち少しお金にも余裕ができ道外の温泉にでかけられるようになりました。


その中でマイカーを利用して東北の温泉を良く訪れるようになりました。


道内とのフェリー航路も豊富で好きな時間帯を選択できる時代でした。

しかし、良く利用した航路の中で現在以下の航路が休航になっています。

・室蘭港−青森港
・大畑港−室蘭港
・直江津−室蘭港(岩内港)

つまり室蘭港発着のフェリーが現在なくなってしまいましたが、来年6月「宮古港−室蘭港」が開設予定となっています。
http://www.city.miyako.iwate.jp/kanko/miyako-muroran-ferry.html



ここしばらくフェリーを利用して道外の温泉を訪ねていませんでしたが来月(6月)、温泉関連の会議が東北で開催されるので久し振りに訪ねてみたいと計画しています。


道外の温泉はまだ200ヶ所ほどしか訪ねていない私ですが、その中で一番印象に残っているのが秋田県の「玉川温泉」です。
http://www.tamagawa-onsen.jp/


薬事法の関係もあり「温泉」は「XXの病気に効果があります」という表現はできません。


しかしながら玉川温泉での入浴、特に「岩盤浴」により「癌」などの病気は改善されたとの報告が数多く存在します。


我が家も22年前現地を訪れました。

画像

画像

画像


温泉における治癒効果があるかどうかは個人次第です。

でも私はこの時「不思議な何か」を感じました。

玉川温泉にはいくつかの浴槽がありますが、その中に「100%源泉風呂」「50%源泉風呂」があります。

「100%源泉風呂」はその効能が強烈で長時間の入浴は困難です。



以前、テレビの番組で医師から余命宣告を受けた癌患者さんが玉川温泉を訪れ湯治棟でこの「源泉100%浴槽」に毎日数回30分間入浴し療養されている光景がありました。


その方曰く

「温泉入浴は楽しく気持ち良いものだと今まで思っていましたが、これほど辛いものだとは思いませんでした」

とありました。


玉川温泉の源泉100%浴槽に入浴経験をお持ちの方であればご理解いただけることと思います。



あれから22年、当時40歳だった私も62際となり年金受給者になり何かと健康に気遣う歳となりました。

今回東北で開催される温泉イベントを機に少し昔を思い出し温泉巡りをしたいと思っています。

前回日帰り利用だった玉川温泉には1泊し、岩盤浴をはじめ源泉100%浴槽にも長めの時間チャレンジしたいと思います。

また「飲泉」も源泉そのままを飲むと歯が溶けてしまうほど強烈ですので、1泊2日の間で数回に分け飲んでみたいと思います。


今回の東北温泉旅では過去に訪れることのできなかった名湯・秘湯にも立ち寄りを計画しています。


もちろん鉄道ファンですので下記2ヶ所の立ち寄りも予定しています。


・由利高原鉄道
 http://www.obako5.com/
 
 ※「サイクルトレイン」を見学
 http://www.obako5.com/%E5%88%A9%E7%94%A8%E6%A1%88%E5%86%85/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3/


・峠駅(峠の力餅)
 http://www.togenochaya.com/
 
 ※名物「力餅」
 http://www.togenochaya.com/page008.html



■「玉川温泉」はこちらです■
















テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
北海道アマチュア無線で検索していたところヒットしました。
温泉は良いですよね〜私も温泉が好きでゆったり館という所に週一又は二週一で行きます。
QTHが石狩ということで良い町だな〜って思いました。
私は先週末に3アマ講習会を受け、全問わかったので多分合格できていると思っております。
まずはCWもやってみたいですね。
我が家の問題はアンテナですね。
知り合いのOMさんもいないですし知り合いの方もいないので独学でアンテナを勉強(ただ車で走りながらアンテナを見ています)
一軒家ですがどうやってアンテナを立てたら良いのかなど考案中です。
ちょくちょく拝見させていただきます。
ドンちゃん
2017/05/28 17:43
>ドンちゃんさん、コメントありがとうございます。
返信が遅くなってしまい申し訳ありません。
アマチュア無線がキーワードでご縁をいただき感謝です。
3アマの結果はいかがだったでしょうか?
私も昨年の更新が最初の開局以来45年目の更新で次回更新時は開局50年を迎えます。
しばらくCWの方もご無沙汰していますのでどの程度聞き取れるか不安です(笑)
ドンちゃんさんも是非CWでDX通信をお楽しみ下さい。
それでは今後ともよろしくお願いいたします。
温泉マン
2017/06/02 13:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





東北温泉、再訪計画 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる