北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 妹背牛温泉ペペル「温泉フォーラム」開催について

<<   作成日時 : 2017/02/17 11:20   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2月に入り、最初の投稿となります。
ここ最近、すっかり投稿が空いてしまい当ブログをお訪ねいただいています読者の皆様に大変ご迷惑をお掛けしております。
ここに謹んでお詫び申し上げます。


昨年より、私の生まれ故郷である「空知(そらち)」活性化に関し、「鉄道」、「温泉」分野で微力ながらお手伝いさせていただいております。


昨年11月14日には富良野市で根室本線対策協議会主催の鉄道フォーラム開催に協力させていただきました。
http://makiken.at.webry.info/201610/article_2.html


そして今回は「温泉」分野に於いてお手伝いさせていただきます。

私の生まれ故郷であります北海道妹背牛町には源泉かけ流しの「妹背牛温泉ペペル」があります。
http://www.town.moseushi.hokkaido.jp/hotnews/hotnews_view.html?id=73


とても良い湯であると地元は元より近隣の町より多くの方にご利用いただいています。


そんな素晴らしい湯を医学的見地から実証するため、昨年9月から11月までの3ヶ月間「平成28年度妹背牛温泉ペペル温泉療養効果実証調査事業」が行われました。

ご指導いただいたのは温泉学者で医学博士の松田忠徳先生です。


その実証結果がこの度まとまりましたので、報告会と温泉フォーラムを実施することとなりました。

画像




第1部の報告会では妹背牛温泉ペペルを医学的見地からその療養効果について温泉学者で医学博士の松田忠徳先生よりご報告していただきます。
画像





第2部では「妹背牛温泉の魅力と楽しみ方」と題して5名のパネリストをお迎えしご意見をいただきます。


北海道でただ一人の温泉ソムリエ師範、さとう努さんから泉質や転地効果など正しい温泉知識や入浴法について伝授いただきます。
画像



温泉集客コンサルタント、加藤英里さんから女性目線で魅力ある温泉施設のポイントについてアドバイスいただきます。
画像



妹背牛にはJR妹背牛駅がありますが通学生を除くとその利用度は高くありません。
今回、元祖「鉄子」と言われる鉄道写真家、矢野直美さんにご参加いただきますのでローカル線を利用した温泉旅の魅力についてご意見をいただく予定です。
画像



そして妹背牛町寺崎一郎町長にもご参加いただきます。
画像




参加は無料で先着250名となっております。


ご参加いただける方はお申し込み方法を参照の上、参加申し込みをよろしくお願いいたします。




第1部、第2部両方に最後までご参加いただき、アンケートに回答いただきました方(中学生以上)に、今回限定オリジナルデザイン妹背牛温泉ペペル無料入浴券が進呈されます。

画像



多くの皆様のご参加をお待ちしています。



■ 「妹背牛町民会館」はこちらです ■




※お車でご来場の皆様へ
妹背牛町民会館には正面と建物裏手に駐車場がございますが駐車台数が限られているため、満車の場合は当日係員が最寄りの中学校、役場駐車場へご案内させていただく事がございます。
会場へ若干離れた場所へのご案内となりますがご協力をお願いいたします。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





妹背牛温泉ペペル「温泉フォーラム」開催について 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる