北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 北海道の「日本一」を考える

<<   作成日時 : 2016/08/24 17:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

日本各地に「日本一の○○」と言ったものが存在します。
それは地理的なものであったり季節感を表すものであったり、はたまた食べ物や景観であったりと多岐にわたっています。
例えばそれが数値的に明確なものもありますが、第三者がある要素を元に定義付けたものも存在します。
北海道にもそうした日本一が各市町村に点在しています。


そうした「日本一の○○」を一度は体験したいと思うのが人情かと思います。

最近ではSNSによる情報発信により、国内外より多くの方が日本一を体験しに北海道を訪れています。


例えば私の生まれ故郷「空知」にも多くの日本一があります。

「日本一のひまわり畑」「日本一の菜の花畑」と言った花に関したもの。

画像

画像




また「日本一の直線道路」と言った地理的なものもあります。

このことは昨日テレビ番組で紹介されました。
http://www.tv-tokyo.co.jp/ariehen/

画像




私は温泉好きでありますが鉄道も大好き人間です。


鉄道の世界で北海道にある日本一と言えば、日本一長時間走行する定期普通列車「滝川→釧路(2427D、旧2429D)」」と言ったちょっとマニアックなものもあります。

※以前滝川→釧路間の普通列車は日本一長距離を走行する定期普通列車でしたは今年3/26のダイヤ改正でJR西日本、岡山→下関(369M)にその座を奪われてしまいました。
滝川→釧路(308.4km) 8時間27分
岡山→下関(384.7km) 7時間33分


画像

画像

画像



道路の直線日本一があれば、鉄道の直線日本一も北海道にあります。

画像


ここは室蘭本線、沼ノ端−白老間28.7kmです。

このことはこちらの本でも紹介いただいています。
(私の別写真を採用いただきました)

画像


知られざる鉄道路線の謎 [ 杉山淳一 ]
楽天ブックス
杉山淳一 宝島社発行年月:2015年12月 ページ数:189p サイズ:単行本 ISBN:97848


楽天市場 by 知られざる鉄道路線の謎 [ 杉山淳一 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







また、稚内駅は日本一北にある駅です。

画像



駅に関しては東根室駅は日本一東にある駅です。

画像


この写真は2009年5月4日に訪問した際撮影したものです。


最東端を示すポールに

「東経145度36分05秒、北緯43度19分18秒」

とあります。

しかしこの緯度・経度を最新のGoogleMAPなどの最新地図情報に入力すると実際の東根室駅から南東に400m程離れた場所を指し示してしまいます。

これは2002年まで日本の測量は「日本測地系」と言われる基準で位置を表記してきました。


しかし日本でも2002年以降は「世界測地系」が標準となり、その体系で表記すると東根室駅は

「東経145度35分50秒、北緯43度19分24秒」

となります。

測量の世界にも日本標準から世界標準への流れを感じます・




また日本一であることを喜んでばかりいられません。

それは、日本一の秘境駅と言われる室蘭本線「小幌駅」は昨年廃止の危機に直面し、駅がある豊浦町が町にある日本一を守るため町が駅を管理する費用の一部をJR北海道に負担する事で先ずは一年間廃止が猶予されました。

画像


現在、小幌駅には多くの来訪者があり、秘境駅感は薄らいでいます。


「秘境駅」とは、人がほとんど訪れる事がないことから名付けられた経緯があります。

つまり人が大挙して訪れる駅は「秘境駅」ではなくなってしまいます。


この相矛盾した事を両立させる事は困難です。


私見ですが、日本一の秘境駅を守るためには多くの人が来て欲しいのではく、「秘境駅」としての価値観を継続するためには今までの駅に特段の手を加えるのではく、駅として最低限存続させるための協力や負担をすることではと思っています。

そうでないとすると「小幌」は他の秘境駅に日本一の座を譲る時がやがてやって来てしまうからです。


そして広大な北海道ならではの日本一があります。


それは駅間距離です。

駅間距離とは隣の駅までどの程度離れているかという事です。



在来線では今年3/26のダイヤ改正でJR北海道石北本線、上川駅−白滝駅間が在来線の日本一長い駅間になりました。

画像


その距離37.3kmです。

ちなみに新幹線を加えると、北海道新幹線、奥津軽いまべつ駅−木古内駅間の74.8kmです。


そして北国北海道ならではの寒さに関する日本一があります。


公式には日本の最低気温は1902年(M35)、旭川市で観測されたマイナス41度となっています。

しかし、非公式ではありますが1978(S53)年2月17日、北大農学部付属演習林(幌加内町母子里)で氷点下41.2℃)が観測されました

画像

画像


非公式とは言え、この最低気温は幌加内町のカントリーサインやモニュメントデザインとして使用されています。

画像

画像

広大な北海道にはいろいろな分野の日本一を楽しんでいただけるのではと思っています。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱり北海道の雄大な自然は日本一でしょう!
S.nagata
URL
2016/08/27 21:27
>S.nagataさん、ありがとうございます。
S.nagataさんは北海道の隅々まで良くご存じですよね。今後ともよろしくお願いいたします。
温泉マン
2016/09/15 11:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





北海道の「日本一」を考える 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる