アクセスカウンタ

<<  2016年6月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
胆振線「蟠渓駅」跡とオサルの湯
胆振線「蟠渓駅」跡とオサルの湯 かつて北海道にあった国鉄胆振線は1986年11月1日、翌年4月の国鉄分割民営化を前に廃止となりました。 胆振線は室蘭本線「伊達紋別駅」と函館本線「倶知安駅」を結ぶ全長83.0km(この他に京極-脇方間7.5kmも存在)の路線でした。 この胆振線は当時地域の足であったことは勿論ですが、鉄道ファンに大変有名な路線でもありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/30 13:52
日本一の秘境駅「小幌駅」
日本一の秘境駅「小幌駅」 「小幌駅」・・・ その読み方も含め今までは鉄道マニアしか知らなかった駅が今や全国にその名が知れ渡るようになりました。 「小幌駅」は「こぼろえき」と読みます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/28 14:01
我が家「命の水、美郷名水」と「カミホロ荘」
我が家「命の水、美郷名水」と「カミホロ荘」 ちょっと大袈裟な表現ですが、我が家では水道水ではなく湧き水を飲んでいます。 しかもその湧き水は自宅から160km離れた場所にあります。 湧き水を飲むきっかけは、カミさんが尿管結石を患い自宅の水道水を飲まなくなった事に始まります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/22 15:19
温泉旅館北都
温泉旅館北都 「温泉」に行きたい!!... そう思い立った時、行き先の選択肢は人それぞれいろいろな基準があるかと思います。 距離的なもの、泉質的なもの、眺望(景色・環境)的なもの、湯船の大小・露天風呂の有無等の設備的なもの、料金的なもの、混雑度、そして湯船の温度的なもの等があります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/14 10:11
道南「温泉&鉄道」旅 その8 函館→自宅
道南「温泉&鉄道」旅 その8 函館→自宅 道南1泊2日の旅も今回が最終回となりました。 函館から自宅への帰路についてお伝えします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/09 13:58
道南「温泉&鉄道」旅 その7 観光列車「ながまれ海峡号」 後編
道南「温泉&鉄道」旅 その7 観光列車「ながまれ海峡号」 後編 前回、道南いさりび鉄道の観光列車「ながまれ海峡号」前編として函館駅→木古内駅間をお伝えしました。 今回は木古内駅到着から折り返して函館駅までの模様を後編としてお伝えします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/08 08:50
道南「温泉&鉄道」旅 その6 観光列車「ながまれ海峡号」 前編
道南「温泉&鉄道」旅 その6 観光列車「ながまれ海峡号」 前編 今回の道南1泊2日の旅で最大の楽しみは、今年3月26日北海道新幹線開業と同時にJR北海道から江差線を継承した道南いさりび鉄道の観光列車「ながまれ海峡号」に乗車することです。 http://www.shr-isaribi.jp/ 北海道初の観光列車でしかしもその初便に乗車します。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/07 08:04
道南「温泉&鉄道」旅 その5 赤松街道
道南「温泉&鉄道」旅 その5 赤松街道 お気に入りのレストラン「ケルン」で昼食を終え今宵の宿がある函館市中心部へ向かうことにします。 国道5号を南下します。 七飯町峠下に「北海道昆布館」があります。 http://www.konbukan.co.jp/information/hokkaido.html 函館市は昆布の名産地で、ここ昆布館では近郊で獲れる昆布を試食しみながら購入できるとても素敵な場所です。 カミさんは特に道南で獲れる健康と美容に良い「がごめ昆布」がお気に入りですので立ち寄ってみます。 http://www.k... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/06 07:40
道南「温泉&鉄道」旅 その4 レストラン ケルン
道南「温泉&鉄道」旅 その4 レストラン ケルン 今回の旅は深夜0時に自宅を出発したので眠気も若干ありましたが、知内温泉入浴でそれは吹っ飛んでしまいました。 時刻は午前10時ですが青函トンネル撮影台を後にし昼食を食べたいと思います。 昼食の場所はカミさんも私もお気に入りのレストランへ向かいます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/05 10:47
道南「温泉&鉄道」旅 その3 青函トンネル北の玄関口
道南「温泉&鉄道」旅 その3 青函トンネル北の玄関口 今年3月26日、北海道新幹線が新函館北斗駅まで開業しました。 青函トンネルそのものは昭和63年3月13日に開業していたのですが、それから28年後ようやく青函トンネルに新幹線が走行することとなりました。 青函トンネルの北海道側出入り口は知内町湯の里にあります。 北海道から本州へと向かう新幹線、逆に本州から北海道へとやってきた新幹線を見てみたいと思う方も多いことと思います。 そんなニーズに応えて知内観光協会では「青函トンネル記念撮影台」を設置しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/04 09:14
道南「温泉&鉄道」旅 その2 知内温泉ユートピア和楽園
道南「温泉&鉄道」旅 その2 知内温泉ユートピア和楽園 道南は温泉の宝庫です。道南へ旅するということは温泉を外す事はできません 今回の旅最初の湯は北海道一歴史の古い「知内温泉ユートピア和楽園」に立ち寄りします。 http://www.hakonavi.ne.jp/spa/suburbs/warakuen/ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/03 12:56
道南「温泉&鉄道」旅 その1 深夜出発
道南「温泉&鉄道」旅 その1 深夜出発 今年はお陰様で3月から5月まで超多忙で平日のほとんどが地方出張の連続でまともに旅に出掛ける機会がほとんどありませんでした。 その過密スケジュールも一段落し、自分自身への慰労そしてカミさん孝行を兼ね5/28から1泊2日で道南の旅をすることとなりました。 移動はマイカーで出発は早朝を予定していたのですが、お天気がすこぶる良かったので深夜出発することとなりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/02 11:01

<<  2016年6月のブログ記事  >> 

トップへ

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





北海道人の独り言 2016年6月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる