北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 温泉旅館北都

<<   作成日時 : 2016/06/14 10:11   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「温泉」に行きたい!!...
そう思い立った時、行き先の選択肢は人それぞれいろいろな基準があるかと思います。
距離的なもの、泉質的なもの、眺望(景色・環境)的なもの、湯船の大小・露天風呂の有無等の設備的なもの、料金的なもの、混雑度、そして湯船の温度的なもの等があります。

先日、温めの湯にじっくりと入ってみたくなりチョイスした温泉は積丹町にある「温泉旅館北都」さんです。
http://www1.odn.ne.jp/~cdd82580/


積丹町の温泉と言えば「岬の湯しゃこたん」が有名かと思います。
http://www.kanko-shakotan.jp/category/list.php?category=3

「岬の湯しゃこたん」露天風呂から眺める日本海は絶景です。


今回「温泉旅館北都」さんを選択したのは泉質と湯船の温度の要素からです。

国道229号を積丹町野塚から日本海沿いに進むとやがて左手に見えてきます。

画像



温泉の目の前が海ですので夏の海水浴シーズンは大変混雑します。


それでは中に入りたいと思います。

画像



温泉入口隣は食堂の入口になっています。

画像



入口を入ると左手に券売機があります。

大人550円です。

画像




浴室は階段を登った2階にあります。

2階に100円硬貨式の貴重品ボックスがあります。
使用後100円は返却されます。

画像



こちらが浴室入口となります。

画像



そしてこちらが脱衣棚です。

画像



浴槽は内風呂が一つです。

画像



湯温を計ってみます。

画像


39.8度あります。

温泉分析書を見てみます。

画像


源泉温度40.4度、pH6.5、溶存物質:2.578g/kg、成分総計:3.224g/kg、泉質:ナトリウム−炭酸水素塩泉(低張性中性温泉)です。

温泉成分に影響を与える項目(4項目)は該当なしで源泉100%掛け流しです。



浴槽左手に小さな仕切のある部分があります。

画像


この奥から源泉が注入されています。


それでは失礼して・・・

画像



ここは炭酸成分が多いのでしばらく入っていると腕の周りに泡が付いてきます。

画像


今回湯温は39.8度でしたが、もう少し低くても良かったのではと思いますが、浴槽が一ヶ所しかないのでこれも致し方ないかもしれません。


いずれにしても温めの湯にのんびりゆったり入ると日頃の疲れも吹っ飛んでしまいます。


営業時間の掲示がなかったように思いますので帰りに温泉の方にお聞きすると13時〜20時とのことです。

急な休業もあるかと思いますのでお出かけの際は事前に電話(0135-46-5800)確認されると良いでしょう。

私も事前に電話確認してから訪問しました。






■「温泉旅館北都」はこちらです■

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





温泉旅館北都 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる