北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 道南「温泉&鉄道」旅 その3 青函トンネル北の玄関口

<<   作成日時 : 2016/06/04 09:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今年3月26日、北海道新幹線が新函館北斗駅まで開業しました。
青函トンネルそのものは昭和63年3月13日に開業していたのですが、それから28年後ようやく青函トンネルに新幹線が走行することとなりました。
青函トンネルの北海道側出入り口は知内町湯の里にあります。
北海道から本州へと向かう新幹線、逆に本州から北海道へとやってきた新幹線を見てみたいと思う方も多いことと思います。
そんなニーズに応えて知内観光協会では「青函トンネル記念撮影台」を設置しています。

知内温泉から帰りに立ち寄ってみる事にします。

国道228号脇にそれを示す案内標識があります。

画像



この標識から脇道へ入ったすぐの場所に撮影台があります。

画像



嬉しいことにここを通過する新幹線の時刻表が掲示されています。

画像


画像



事前に時刻を調べた上で立ち寄った訳ではなかったのですが、10数分後に下りの新幹線「はやぶさ95号」が通過するので待ってみる事にしました。

トンネルの方から新幹線接近を知らせる警報のような音が聞こえやがて新幹線が出てきました。

画像



ちょっと感動です。

実はここから見えているトンネルは「青函トンネル」の出入り口ではなく「第1湯の里トンネル」で青函トンネルより一つ手前にあるトンネルなのです。

青函トンネルと第1湯の里トンネルの間はスノーシェルターで覆われていて列車を見ることができないため、ここが実質上の青函トンネル出口と言うことになります。

下り新幹線の通過4分後、今度は上りの新幹線「はやぶさ16号」がトンネルへと入っていきました。

画像




この付近で橋脚の補強工事が行われていました。

画像



今後も安全運行をよろしくお願いします。



さて、近くに「道の駅しりうち」があるので立ち寄ってみます。

画像



2年前の3月までここに「知内駅」がありました。

画像


今は建物にあった「知内駅」の看板も取り外されていました。

画像



新幹線開業に伴いローカル駅の廃止はここにも及んでいました。

何となく寂しさを感じてしまいましたがこれも時代のながれという事ですね。



さて、次回はカミさんも私のお気に入りのレストランで昼食にしたいと思います。




■「青函トンネル記念撮影台」はこちらです■







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





道南「温泉&鉄道」旅 その3 青函トンネル北の玄関口 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる