北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 2015年を振り返る #1 「豊富温泉」

<<   作成日時 : 2015/12/21 12:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015年を振り返る、第1回目の今回は温泉分野から北海道豊富町にある「豊富温泉」について書いてみたいと思います。
http://toyotomi-kanko.net/onsen2.htm
かつて最北の名湯と言われ多くの湯治客で賑わった温泉地でした。


私もかつて稚内方面の出張で何度か豊富温泉に宿泊した事があります。

その名湯豊富温泉であってもバブル崩壊の2000年頃から客足が鈍化し休廃業の宿が目立つようになってきました。

最盛期には10軒ほどあった宿も現在は日帰り専用施設を含め6軒に減ってしまいました。


「豊富温泉」と言えば多くの方が日帰り専用施設である「豊富温泉ふれあいセンター」へ立ち寄られることと思います。
http://toyotomi-kanko.net/fureai.htm

ここは年中無休で営業時間が8 : 30 〜 21 : 00となっており曜日に関係なく利用する事ができます。


前述したように休廃業が目立つ豊富温泉ですが、今年7月に一旦閉館し来年リニューアルオープンする宿があります。

それは「川島旅館」さんです。
http://kawashimaryokan.co.jp/


三代目がしっかりと名湯を守り続けています。

豊富温泉に行ったら「豊富温泉ふれあいセンター」の湯に加え「川島旅館」さんの湯に入られた方も多いことと思います。


今年3月、音威子府へ出張する機会があったので、少し足を延ばしてリニューアル前の川島旅館さんを訪ねてみる事にしました。



音威子府から豊富温泉までは国道40号を稚内方面に北上し豊富町から道道84号豊富浜頓別線に入り6km程進むと到着です。

画像


音威子府から少し足を延ばしてとありましたが、音威子府から豊富温泉までは約92kmあります。

現在、名寄から稚内に向け自動車専用道路となるバイパスが一部区間で供用もしくは工事中であり、将来札幌から稚内までが結ばれる予定になっています。

画像


画像


※出典:北海道開発局 一般国道40号音威子府バイパス再評価原案準備書説明資料平成25年度より



この計画を見ると、音威子府から中川町へはカーブが連続する現状の国道40号を通らずに安全に通行できるようになります。

供用開始は平成30年度の予定ですので開通が楽しみです。

今回は幌延町から既に供用している幌富バイパスを走行し豊富温泉へ行ってみます。

幌富バイパスの通行料は無料です。

画像


画像



豊富サロベツICで降り道道84号豊富浜頓別線を5km程走行すると豊富温泉に到着です。

画像




こちらが「川島旅館」さんです。

画像



入口を入ると「昭和」を感じる何とも風情のある建物です。

画像



浴槽は男女別に内風呂が一ヶ所ずつのみです。

画像



浴槽には豊富温泉名物の油が・・・

画像



浴槽仕切には当時全盛期を偲ばせる入浴法が掲示されています。

画像



それでは失礼して入らせていただきます。

画像




湯上がりには川島旅館名物「オリジナル湯あがりプリン」をいただくのが王道です。

画像



現在、この建物は取り壊され来年のリニューアルオープンに向け工事が進められています。

どんな建物なるかは、リニューアルになったHPのカバー写真がそうではないかと思います。
http://kawashimaryokan.co.jp/

引き続き「木」を使った湯治場イメージを残していただけそうですね。


リニューアルオープンは来年7月との事ですので、今から楽しみです。

そして豊富温泉は今年11月、日本の名湯百選の100番目に認定されました♪
http://toyotomi-kanko.net/main/%E8%B1%8A%E5%AF%8C%E6%B8%A9%E6%B3%89%E3%81%8C%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%90%8D%E6%B9%AF%E7%99%BE%E9%81%B8%E3%81%AE100%E7%95%AA%E7%9B%AE%E3%81%AB%E8%AA%8D%E5%AE%9A%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%BE-3375.html


そして豊富温泉では現在、厚生労働省の「温泉利用型健康増進施設」認定を目指し準備を進めています。

認定されると、この施設で一定の利用が行われた場合、施設までの往復交通費および施設利用料金が、所得税の医療費控除対象となります。

平成27年4月1日現在全国に19ヶ所あり、今まで北海道には認定施設がなかったので豊富温泉が認定されれば北海道初の「温泉利用型健康増進施設」になります。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/undou04/02.html


こちらの方も楽しみですね。

いずれにしても来年は豊富温泉に熱い視線が集まることと思います。




■「川島旅館」はこちらです ■

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
豊富温泉…Hoを使って温泉閣さんに入りましたがリニューアル後は特に好印象でした。ふれあいセンターの湯治湯のお湯には物凄い衝撃を覚えました。それでもこの川島旅館の温泉が一番良かったです…。再開が待ち遠しいですね…。余談ですがホテル豊富の湯船は塩素臭しかしなかったので再訪することは二度とないと思います。
五代
2015/12/24 00:22
>五代さん、良質の湯を有する温泉地はこれを利用した町の活性化ができそうですね。
川島旅館のリニューアルは今から楽しみですね。
温泉マン
2015/12/24 08:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





2015年を振り返る #1 「豊富温泉」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる