北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 温泉マンの思い出の駅探訪シリーズ #15 「旧白滝駅」

<<   作成日時 : 2015/10/03 08:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回は石北本線にある秘境駅全国ランキング23位で道内順位7位の「旧白滝駅」をご紹介させていただきます。(ランキングはこの記事投稿時点のものです)
http://hp1.cyberstation.ne.jp/hikyoueki/

「旧白滝駅」の住所は「北海道紋別郡遠軽町旧白滝 」です。


私が最初に訪問したのは2009年(H21)7月16日です。

旧白滝駅付近は国道333号と並行しており、国道から町道旧白滝14号線を少し入ると駅があります。

画像


この標識には「白滝村」と表記されていますが、白滝村は2005年10月1日遠軽町と合併し新制遠軽町となりました。
私が訪問した2009年7月16日時点では既に遠軽町という事になります。




国道から町道を入るとすぐ右手に駅が見えてきます。

画像




旧白滝駅は棒線駅です。
こちらは白滝・上川方面です。

画像



こちらが待合室になります。

画像





待合室へ入り時刻表を見てみます。

前回紹介させていただいた下白滝同様、下りが朝1本、上りが午後に3本で明らかに遠軽方面への通学生対応になっています。

画像




駅ノートがありました。

画像


秘境駅訪問の楽しみの一つにこうした駅ノートを読むのがあります。

内容を見ると遠くから沢山の方が来られていことがわかります。



駅訪問記念に駅名標を撮影します。

画像



今回列車時間を事前に調べて訪問した訳ではありませんが、上り列車がやってきました。

画像


降りる人も乗る人もいませんでした。


国道が駅のすぐ近くを走っていますが、この国道も現在は著しく交通量が減っています。

訪問した2009年12月には旭川紋別自動車道「白滝IC - 旧白滝出入口」間が開通し翌年3月には旭川方面の未開通部分だった「上川天幕出入口 - 浮島IC間」が開通し、これにより比布JCTで道央自動車道と繋がり旭川そして道央方面のアクセスが格段に向上されました。

旧白滝駅を訪問した時、丁度旭川紋別自動車道の工事が終盤を迎えている時でした。

画像



旭川紋別自動車道の開通により地元の方にとって旭川、札幌方面へのアクセスが便利になる反面、逆に札幌、旭川方面の方は国道333号を通ることなく通過してしまいます。

便利になる逆に地域の疲弊感が漂ってきます。

そして来年3月、この駅の廃止が伝えられています。

これも時代の流れと言ってしまえばそれまでですが何か寂しさを感じずにはいられません。


国道番号はとっても験が良いので何か活用策を考えてみたいですね。

画像







■「旧白滝駅」パノラマ写真はこちらです(パノ鉄本舗)■
http://www.panotetsu.com/jr_hokkaido/13_sekihoku/19_kyuu-shirataki/hq_kyuushirataki_tour/tour.html


■「旧白滝駅」はこちらです■

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





温泉マンの思い出の駅探訪シリーズ #15 「旧白滝駅」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる