北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 温泉マンの思い出の駅探訪シリーズ #11 「初田牛駅」

<<   作成日時 : 2015/09/24 09:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

古瀬駅訪問を終え私は根室本線にある次の秘境駅へと向かいます。
全国ランキング11位で道内順位3位の「初田牛駅」です。(この記事投稿時点でのランキングです)


初田牛駅の住所は「根室市大字初田牛」になります。


訪問は2009年5月4日です。

駅へ通じるメインの道路は道道1127号初田牛厚床線と道道142号根室浜中釧路線になります。


私は前者の道道を利用して駅正面側から行くことにしましたが、駅への入口は少々わかりずらい場所にあります。

道道から砂利道の脇道へ入るのですが、そこには初田牛駅を案内するものは何もありませんでした。

画像


砂利道の先遠くに駅らしきものが見えます。




砂利道終点に「初田牛駅」がありました。

画像




待合室内を少し探索してみます。

運賃表です。

画像



こちらが時刻表です。

画像




そして駅ノートもありました。

画像




その駅ノートには秘境駅訪問家、牛山隆信さんが最初に訪ねられた時のものが残されていました。
http://hp1.cyberstation.ne.jp/hikyoueki/hattaushi.htm

画像



さて、ホームの方も探索してみたいと思います。


こちらが待合室を含む根室方面(下り)の写真です。

画像




そしてこちらが逆方向、釧路方面(上り)の写真です。

画像



待合室を裏から見ると・・・

画像


かなり錆が進行しています。


最後に駅名標と記念撮影です。

画像



この先にも秘境駅が存在しますが、その紹介はまたいずれかの機会にさせていただきたいと思います。



※2014年4月28日、パノ鉄本舗で初田牛駅を訪問しパノラマ写真に残しています。
駅舎と駅名標が新しくなっています。

■「初田牛駅」パノラマ写真はこちらです(パノ鉄本舗)■
http://www.panotetsu.com/jr_hokkaido/05_nemuro/61_hattaushi/hq_hattaushi_tour/tour.html



■ 「初田牛駅」はこちらです■

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!お久しぶりです。
以前メールしました様に今年も初田牛駅を訪れることが出来ました。
相変わらずここの駅ノートはページの剥ぎ取りが多発してる様で
このブログに写っている駅ノートも1ページを残して無くなっていました…
とりあえず持ってきたノートにその残りのページを貼り付けて
新しいノートと筆記用具を設置して来ました。
この手のノートは一人での保全活動は到底無理だと思ったので
駅ノート愛好家の方や駅ノート絵師さんに向けて保全協力のメッセージを残して来ました。
もし温泉マンさんがノートに書かれていることをご理解して頂ける様でしたらご協力をお願いします。

初田牛駅の訪問者(利用者)のマナーはイマイチでしたが相変わらずの秘境駅っぷりにほんのちょっと滞在するつもりが居心地が良くて半日近くも長居してしまいました…
機械があればまた初田牛駅を訪れたいと思います。

そう言えば大雪山系が早くも紅葉したとニュースで知りました。
あと少ししたら北海道はもう冬ですね…真冬の初田牛駅も素敵なんでしょうね…
S.nagata
2015/09/24 22:23
>S.nagataさん、ご無沙汰しています。
JR北海道の駅廃止報道もあり駅ノートの保全は重要ですね。私の方は最近秘境駅訪問も多忙のためご無沙汰です。
これからも北海道の駅ノートをよろしくお願いします。
温泉マン
2015/09/25 07:15
ここの駅はおトイレとかないんだけど、
よく自転車の人や歩き旅の人とかが泊まってます。
トイレなんかどうしているいるのか、興味ありです。
その上夜なんかまれに「ごっほごっほ」なんて音がするし、
きっと(たぶん・・・もしかしたら)島袋さんだと思います。
野犬や熊公もでるらしいし、ここでの宿泊はこわいです。
・・・牛田初

ここら辺には鶴公も住んでいて、
(おそらく同じヤツだと思いますが)
道道を車で走っていると、少し高いところを併走して飛んで、
シェルター付近で車から別れていくんです。
何回かありましたが、遊ばれてるみたい(いや警告?かも)でした。
・・・沖密田歌音

昔、この駅とかに100円ショップの温度計を置いたことがありまス。
壊れやすいことを考えずに置いたので、低温になると「す」が入って
すぐ使い物にならなくなりましたす。
ごみになっちゃったのに、去年行ったらまだ残してあったです。
何でも置いて行っちゃいけないな、おいていった人間が片付けなければ
と反省しつつ、回収にいけません。どうしたらいいのだろう。
・・・地元の方すいません水清豊・上札鶴緑
牛田初・沖密田歌音ほか
2015/09/26 15:46
>牛田初・沖密田歌音ほかさん、こんにちは
私は駅寝の経験はありません。
基本的に駅は列車の到着を待つ場所だと思っています。

それと駅利用者の便宜を図るため色々と何かをお持ち込みされるのは良いのですが、後で処分する事も考慮していただけると嬉しいですね。
温泉マン
2015/09/27 14:26
おっしゃるとおりです。
本当は地元の方の了解を得て
することが大切です、猛省です。
・・・沖密田歌音ほか
沖密田歌音ほか
2015/09/29 14:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





温泉マンの思い出の駅探訪シリーズ #11 「初田牛駅」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる