北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 温泉マンの温泉訪問備忘録シリーズ #7 「臼別温泉」

<<   作成日時 : 2015/09/02 00:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

1990年(H2)6月、家族で道南方面へキャンプへ行くことになりました。
最初のキャンプはテントではなく神恵内村のバンガローに泊まったのですが、この時はキャンプ用テントを購入し初めてのテントによるキャンプとなりました。

キャンプ場所は旧熊石町(現八雲町)の熊石青少年旅行村です。
http://www.town.yakumo.lg.jp/modules/tmap/index.php?lid=106


キャンプシーズンには少々早かったようでこの日キャンプをしたのは我が家家族のみでした。

画像



キャンプ場近くには平田内温泉「ひらたない荘」があり就寝前に温泉で温まりました。

画像



テントによる初キャンプも無事を終え、帰りにもう一ヶ所温泉に立ち寄って行くことにしました。


その温泉は「臼別温泉」です。

画像



場所は当時の大成町(現せたな町)で国道229号から3km少々山中に入った場所にありました。

老夫婦が切り盛りする鄙びた一軒宿で電気が通っていないため日中でも建物内が暗かったのを今でも覚えています。

その後経営者の高齢化もあり宿は廃業となったのですが、この湯を愛する人達から存続の声が上がり当時の大成町は日帰りの入浴施設「湯とぴあ臼別」を再開させたのでした。

http://www.town.setana.lg.jp/modules/xfsection/article.php?articleid=47

画像


入浴料という形ではなく清掃協力金100円で温泉に入る事ができます。

画像



営業期間は4月〜11月の7:00〜19:00となっていますが、電気設備がありませんので季節によっては日没も早く温泉施設は真っ暗になりますので注意が必要です。

画像



訪れる曜日や時間帯によっては貸切状態での入浴も可能かと思います。


泉質は「ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉」です。


いずれにしてもこの湯が引き続き利用できる事はとてもありがたいことです。





■「湯とぴあ臼別(臼別温泉)」はこちらです■

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お宿が廃業して、建物がなくなったころに入ったことがあります。
標茶の温泉と混同しているかもしれませんけど、
ちょび茶色かったような感じがしました。
洗い場には野生動物のふんが落ちていて、
(明らかに大きさは違うのに)「熊っ!」と恐怖感じました。
沖密田歌音
2015/09/07 13:14
>沖密田歌音さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
臼別温泉はとにかく真暗い中での入浴でしたので言われてみれば茶色いっぽい感じだったかもしれません。
あまり湯にゆっくりと浸かっていなかった記憶があります。
ただ私は野生動物の糞には残念ながら遭遇していません(笑)
温泉マン
2015/09/07 18:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





温泉マンの温泉訪問備忘録シリーズ #7 「臼別温泉」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる