北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「大地のテラス」&「711系赤い電車」

<<   作成日時 : 2015/08/05 19:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私の生まれ故郷は北海道雨竜郡妹背牛町です。
農家の長男として今から42年前、高校を卒業するまでの18年間住んでいました。


妹背牛町には函館本線「妹背牛駅」があります。
私が住んでいた頃は有人駅でしたがその後無人駅となり駅舎も現在はこじんまりとした小さな物になっています。

画像



しかし跨線橋は当時のまま残っています。

画像


これを見るたび今は亡き母、祖母とこの駅から札幌に住む叔父の家へ行った事を思い出します。



もちろん当時は蒸気機関車で、札幌までの所要時間は3時間近かったと記憶しています。

小学生の頃は目的地へ早く行く事よりは列車に長く乗っている事が単純に嬉しかったように思います。


そんな函館本線も1978年8月28日、小樽−滝川間が電化され翌年10月1日には旭川まで電化区間が延長となりました。


そうなんです。田舎の妹背牛駅にも電車が走る時代がやってきたのです。

画像



蒸気機関車時代、札幌まで3時間近い時間を要していましたが、電車になってからは2時間を切る所要時間となりスピードアップとなりました。


この電化当初導入されたのが711系なのです。


私は高校時代滝川に列車通学していました。

実はバスもあったのですが、国鉄の定期券が格安でバスの乗車時間40分に対し列車は18分でした。

画像


列車本数は極めて少なく妹背牛駅7:07発の列車に乗るのが私の日課でした。


私が高校へ通学する頃、妹背牛駅は電化されていたのですが電化当初電車の運行本数は少なく妹背牛駅に停車する電車は上り列車10本のうち電車は3本、下り列車10本のうち4本でした。

現在も上り8本、下り8本が妹背牛駅に停車しますが、今の電車は下りが全て旭川止まりで上りは最長は手稲です。

しかし当時私が朝の通学で利用していた列車は「函館行」で帰りに利用していた列車は「名寄行」でした。
何とも鉄道全盛期時代を思い起こさせてくれます。


昨年「道北一日散歩きっぷ」で旅した際、滝川駅から妹背牛駅まで乗車した際、ジャージに私の母校の名前を付けた後輩が妹背牛駅まで一緒になりました。

画像


後輩が頑張っている姿を見る乗っていいですね。
頑張って欲しいと思います。




さて話を戻したいと思います。

函館本線電化当初から運行していた国鉄711系電車は今年3月13日の運行をもって廃止となりました。

画像



通常であればこの廃止となった車両はスクラップ化されこの世から消滅してしまうのが運命なのです。


しか〜し!!


この赤い電車に熱い思いを持つ方々がその車両を保存できないかと考えたのです。


とは言ってもJR北海道が無償でその電車を譲ってくれる訳でもありせん。

その車両購入費そして購入できたとしてもそれを保存設置する場所、何よりもその場所に車両を移動し保存するためには多大な費用が必要になります。



そうした幾多の問題を克服すべく、北海道の鉄道に熱い思いを有する「北海道鉄道観光資源研究会」が「クラウドファンディング」という手法を用いて全国から保存のための基金を募ったのです。

https://readyfor.jp/projects/akaidensya

全国に点在する鉄道に熱い思いを持つファンを始め、地元北海道で赤い電車に思い持つ方々から貴重な浄財をいただく事ができました。


そうした思いがさらに拡充し、赤い電車が最後まで活躍した「空知(そらち)」の地に於いて子や孫の代まで語り継ぐため電車2両が岩見沢市栗沢町上幌にあるファームレストラン「大地のテラス」敷地内で後世に残されることとなりました。

http://tabelog.com/hokkaido/A0107/A010708/1049423/

画像


画像



このことは単にマニアが電車車両を残すことに留まらず、空知における鉄道遺産とも言える「711系赤い電車」を歴史の一部として保存できる大きな意義が存在します。


このことを記念し、8/7(金)から8/9(日)にかけ記念イベントが開催されますので是非ご近所お誘いあわせの上ご来場いただけましたら幸いです。

画像




それでは何卒よろしくお願いいたします。




======== 「大地のテラス」はこちらです  ===========

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





「大地のテラス」&「711系赤い電車」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる