北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 羅臼夕食とシマフクロウ観察

<<   作成日時 : 2015/07/18 16:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

今宵の宿「ホテル峰の湯」にチェックインし部屋に荷物を置き、地元観光協会に勤務する友人が迎えに来てくれるので1階のロビーで待機することにします。
これから「夕食&シマフクロウ観察」へと向かいます。


知床羅臼と言うと真っ先に「海の幸」を思い浮かべる方も多いと思います。
確かにそれも羅臼の「究極グルメ」です。



しかし、ここ羅臼へ来なければ体験できないものが数多くあります。

今回の旅ではそうした現地に赴かなければ体験できないツアーを楽しみたいと思います。


その一つに今回の「シマフクロウ観察」があります。


今回お世話になる「鷲の宿」さんは原則ここに宿泊される方を対象にシマフクロウ観察体験が可能ですが、宿泊しない方でもここで夕食を食べていただける方にも対応しています。
http://www.shiretokobrownbear.com/newpage14.html


まだ明るい18時頃、友人が鷲の宿に連れて行ってくれました。

画像



先ずは夕食をいただく事にします。

画像



部屋の窓際には高級なカメラがズラリと並んでいます。

画像



夕食は毛ガニ付きの豪勢なものです。

画像




地酒大好きのおじさんは「北の勝」を注文させていただきました。


一人手酌でいただこうとすると、今回のツアーを案内いただいた地元の友人がお酌をしてくれました。

画像


お酒が100倍美味しくいただけました。ありがとうございました。



さて、夕食も終え外も暗くなってきました。

参加者の皆様はカメラ設定に余念がありません。私も高級一眼に混じりコンデジを設置させていただきました。

画像




屋外から見るとこんな感じになります。

画像



6月下旬とは言え羅臼は底冷えがします。

したがってストーブが炊かれています。

画像



あとはひたすら「シマフクロウ」の飛来を待つばかりです。


ここに「シマフクロウ」がやってくるのは長年こちらの民宿の方が餌付けをされていたとのことで、川の中の生け簀にオショロコマが放流されているのです。

画像




これからは「自然」との闘いです。



いつやって来るか分からない「シマフクロウ」をひたすら待つのみです。

画像





しばらくすると・・・・



お、お、おぉ〜、来ました。



画像



最前列にカメラを構える常連さんにお聞きすると一度もやって来ない日もあるそうです。


この日、私は午後9時過ぎまでいましたが3回飛来がありました。

画像


これはとても「運」が良いそうです。




何度も羅臼を訪ねていますがこれは初めての体験でした。


羅臼の魚介類は札幌でもいただく事ができますがこうした体験はここ羅臼を訪れなければできない貴重な体験です。




さて、シマフクロウに会う事もできたので今宵は宿泊先のホテルへ戻り名湯羅臼温泉を堪能させていただこうと思います。



明日の早朝はあの秘湯「相泊温泉ツアー」決行です(笑)





===== 「鷲の宿」はこちらです ====

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
羅臼温泉には上流から「観光」「第一」「峰の湯」の3つのホテルがありますが、
一番新しくてきれいそうなホテルですね。
ここでよく忘年会や送別会とかをやっていました。かにがおいしいです。
ここで板前をやっていた成田さんという方が「なり平」という店を街中に出しています。
おいしくて羅臼のわりにとてもリーズナブルです。ギョウザが最高です。
・・・元町民沖密田歌音(おきひそたかのん)

観光ホテルの回数券が使われないまま、10,000円分くらい出てきたのだ。
あのころはまだ羅臼にいるつもりだったからなのだ。
観光ホテル、観光客には「ぬるぬるしてる」といわれてるけど、
あたいにしたら安くて広くて温泉なら少しくらい汚れていても当たり前なのだ。
施設が古かったから今じゃどうなっているのかななのだ。
・・・上札鶴緑(かみふだつるみん)

昔、羅臼町民でしたが、島袋さんはおろか、くまさんにも遭ったことはありません。
(ちなみに島袋さんには、○○牛や○田○、○北峠でみたことがあります。)
おそらく餌付けをされた川村さん(でしたっけ?)たちの努力?によるものでしょう。
足に黄色の標識をかけているようで、どこの出身かとても興味があります。
餌付けによって人間を怖がらなくならないよう、適度な距離感を持って
できるだけ長く観察活動(とそれに伴う保護活動)を続けていかれることを願ったりしています。
・・・牛田初(うしだはじめ)

熊の湯もいいけんど、そんなに熱くない相泊は自分の体に優しいからいいす。
いい湯ぶねがあるけど、昔は潮の干満で入れたりそうでなかったりしたとか・・・
体を洗うときには、ミーハーだけど一応「環境にやさしい」石鹸をもって
真夜中に懐中電灯をもって迷惑かかんないようにはいっていたっす。
・・・水清豊(みずきゆたか)

みならいかのん&つるみん&はじめっち&ゆ...
2015/07/20 11:51
みならいかのん&つるみん&はじめっち&ゆ...さん、初めまして。
かつて羅臼にお住まいだったのですね。
それではいろいろとお詳しいですね。
峰の湯は今回朝食だけでしたがとても美味しかったです。板前さんの情報ありがとうございます。今度訪ねてみたいと思います。
羅臼も皆さんの努力で羅臼ならではの観光資源が多くなりましたね。
相泊も熱い時があるのですが、のんびりと入浴でき私も大好きです。
今後もお時間がございましたらコメントをよろしくお願いいたします。
今後ともよろしくお願いいたします。
温泉マン
2015/07/20 21:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





羅臼夕食とシマフクロウ観察 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる