北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 記念ICカード

<<   作成日時 : 2014/12/22 16:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

日本人に限った事ではありませんが「数量限定」という言葉に購買意欲とプレミア感を打ち出すのは商売の常套手段かも知れませんが、今回の「東京駅開業100周年の記念Suica」はとんだ顛末になってしまいました。
https://www.jreast.co.jp/aas/20141222suica100_stop1.html/
私も鉄道ファンの一人としてこうした「記念もの」を時々購入しますが、今回のJR東日本の対応はお粗末としか言いようがありません。



私は今までJR北海道の「記念Kitaca」を3回購入しています。

1回目は2009年3月14日、JR東日本のSuicaとの相互利用開始を記念して発売されたものです。

画像



2回目は同じ年の10月25日、日本ハムファイターズの優勝を記念して発売されたものです。


画像



そして3回目は2013年3月23日、全国の交通系ICカードの相互利用を記念して発売されたものです。

画像




いずれも札幌駅での販売でしたが、多くの方が来ていましたがその行列や案内はしっかりしており全く混乱無く発売されました。
※以下の写真は2009年3月14日のものですが、他の2回もほぼ同様に整然とした行列で全く混乱はありませんでした。

画像


画像


画像


画像




今回問題となった東京駅の場合、テレビで見る限り購入にやってきたが整然と並んでいただくためのロープや誘導がなかった事が大きな混乱を招いた主たる原因かと思います。


何かとトラブル続きのJR北海道ですが、この事に限ってはJR北海道の素晴らしい対応に拍手を贈りたいと思います。


さて、話は変わりますが札幌にはもう一つの交通系ICカード「Sapica」があります。
https://www.sapica.jp/


昨年、地下鉄に加え市電、札幌市近郊のバスでも利用できるようになり、その記念Sapicaが6月22日に発売開始になりました。

すっかりこの発売日を忘れていました。

画像


それから1週間経ち、ふと地下鉄の定期券売り場前を通るとまだ発売案内が掲示されていたので窓口で聞きと・・・

「まだ、ありますよ」

との事。


いやはや、当日早朝から行列して購入しなくてはならない記念ICカードもあれば、こうして1週間後でも購入できる物もあるんだなぁ〜と、何か複雑な気持ちになってしまいました。

画像



いずれにしても、売る方も買う方もきちんとルールを守っていただき、気持ちよく発売、購入いただきたいものですね。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こちらのブログではお久しぶりです。全く持ってその通りですね…。最初から希望者全員に購入してもらっていれば、何の問題もなかったように思われます。余りにもお粗末極まりないと失笑せざるえませんね…。

五代
2014/12/24 21:39
>五代さん、こんにちは。JR東日本だから完璧かと思っていたら思わぬ落とし穴があったのですね。こうした不手際があると企業イメージが大きく失われますね。
でも今回の事は今後の限定商品発売時の良い教訓になったのではと思っています。
温泉マン
2014/12/25 09:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





記念ICカード 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる