北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 泉質を知ればもっと楽しい

<<   作成日時 : 2014/12/09 01:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

温泉を選ぶ時、皆さんは何を基準にされていらっしゃるでしょうか?
場所(距離)や規模、和室or洋室、設備の充実度、料理内容、部屋食orバイキング、浴槽の大きさや種類、源泉掛けながし、泉質、etc...そして何よりも宿泊料金も気になる点かと思います。


さて、宿に着き一休みした後浴槽へと向かわれる方も多いと思います。


その宿の泉質が事前に何であるかわかって来られる方もいらっしゃれば、全く無関心の方も多いと思います。

せっかく温泉に来たのであればその宿の泉質を知る事により、今までよりもより楽しく温泉に入る事ができます。


今回は美人の湯と言われる泉質について少し説明させていただこうと思います。


「温泉の知識」と「正しい入浴法」を身につけた方に認定される「温泉ソムリエ」という資格があります。

私も「温泉ソムリエ」の一人です。

 この資格を認定してる「温泉ソムリエ協会」HPに美人泉質について書かれているので先ずこちらをご覧いただけると幸いです。
http://onsen-s.com/n009-siawase1-8.htm

HP内でも書かれていますが「炭酸水素塩泉」「硫酸塩泉」「硫黄泉」を三大美人泉質と言います。


それではそれぞれの泉質にはどんな特徴があるのでしょうか?

炭酸水素塩泉...クレジング効果

硫酸塩泉...肌の蘇生効果・アンチエイジング、肌の弾力回復

硫黄泉...シミ予防効果、紫外線カット効果、毛細血管拡張作用




そして「モール泉はお肌がすべすべに・・」と耳にしますが、正式な泉質分類には「モール泉」という泉質は存在しません。


「モール泉」という呼び方は、温泉法に基づくの療養泉の分類についての泉質とは全く別の概念で温泉の分類上では単純温泉や塩化物泉などとなっている場合が一般的です。


「pH値7.5以上」のアルカリ性温泉に美肌効果があると言われていますので、三大美人泉質にこの「(弱)アルカリ性単純温泉」を加え「四大美人泉質」と呼ばれています。



それでは、北海道の場合どこの温泉に行けば良いのでしょうか?


私のお薦めは「ニセコ温泉郷」です。


画像



ニセコ温泉郷を上手に湯めぐりすれば、この四大美人泉質全てを堪能することができます。

ニセコ温泉郷をめぐるとき、「ニセコ湯めぐりパス」がお得です。
http://www.niseko-ta.jp/index.php?id=60


1冊1,440円で、ニセコ温泉郷にある13ヶ所の温泉の中から3ヶ所に入浴できるお得なパスです。有効期限は購入の日から180日間ですので、その日のうちに3ヶ所を使いきる必要はありません。

但し、1冊のパスを複数の人間で使う事はできません。


このパスで使える温泉施設と日帰り入浴料金を紹介します。
※表示金額は湯めぐりパスを利用使用しない場合の日帰り入浴料金です。


1.新見温泉ホテル(蘭越町) 500円
  http://www.niseko.or.jp/niimi/
  10:00〜19:30(最終受付18:30) 定休日:なし
  ※露天風呂は17:00〜20:00まで女性専用
  泉質:カルシウム・ナトリウム−硫酸塩泉

2.秘湯の宿 新見本館(蘭越町) 500円
  http://www.niimi-honkan.jp/
  8:00〜21:00(最終受付20:00) 定休日:なし
  泉質:カルシウム・ナトリウム−硫酸塩泉

3.鯉川温泉旅館(蘭越町) 550円
  http://koikawa-onsen.jimdo.com/
  10:00〜21:00(最終受付20:00) 定休日:なし ※清掃中により入浴不可の場合あり
  泉質:ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉

4.ニセコグランドホテル(ニセコ町) 800円
  http://www.niseko-grand.com/
  11:30〜22:00(最終受付21:00) 定休日:なし
  ※月曜日・水曜日・金曜日は庭園露天風呂の清掃の為、AM7:30 〜 満水時(およそ15:00)まで、庭園露天風呂はご利用いただけません。あらかじめ、ご了承ください。
  泉質:ナトリウム−塩化物泉
  泉質:ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉

5.ホテル甘露の森(ニセコ町) 800円
  http://www.kanronomori.com/
  11:00〜21:00 定休日:なし
  泉質:含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉

6.蘭越町交流促進センター幽泉閣(蘭越町) 550円
  http://www.town.rankoshi.hokkaido.jp/yuusenkaku/
  10:00〜21:30(最終受付21:00) 定休日:なし
  ※月曜日(祝日の場合は火曜日)は12:00から営業
  泉質:ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉(弱アルカリ性低張性高温泉)

7.ニセコ五色温泉旅館(ニセコ町) 700円
  http://goshiki-onsen.com/
  8:00〜20:00 定休日:なし ※冬期間は要電話確認 
  泉質:酸性・含硫黄−マグネシウム・ナトリウム・カルシウム−硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)

8.ニセコアンヌプリ温泉湯心亭(ニセコ町) 700円
  http://www.niseko-annupurionsen.com/ 
  6:00〜24:00(最終受付23:00) ※一般料金の場合
  9:00〜21:00(最終受付21:00) ※ニセコ湯めぐりパス利用の場合
  ※夏は週2回、冬は週1回の露天風呂・内風呂清掃日あり。
   清掃日の営業開始時間は午後4時頃からになります。
  泉質:ナトリウム−炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉

9.ホテルニセコいこいの村(ニセコ町) 720円
  http://www.niseko-ikoi.com/
  12:00〜22:00(最終受付21:00)
※露天風呂清掃日(冬期間:毎週月曜日と12/30,夏期間:毎週月・金曜日)の受付時間は13:00から
  泉質:ナトリウム−炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉

10.ヒルトンニセコビレッジ(ニセコ町) 1000円
   http://hiltonnisekovillage.jp/
   13:00〜21:00 定休日:なし
   泉質:ナトリウム−塩化物泉

11.ニセコ駅前温泉 綺羅乃湯(ニセコ町) 500円
   http://www16.plala.or.jp/kiranoyu/
   10:00〜21:30(最終受付21:00)定休日:毎週水曜日(祝日の場合は翌日)
   泉質:ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉

12.ワン・ニセコ・リゾート・タワーズ(ニセコ町) 900円
   http://oneniseko.com/spa/onsen
   13:00〜21:00(最終受付20:30)定休日:なし
   泉質:ナトリウム-炭酸水素・塩化物泉

13.真狩村温泉保養センター(真狩村) 500円
   http://www.makkarionsen.com/
   10:30〜21:00(最終受付20:00)定休日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
   泉質:ナトリウム−塩化物・硫酸塩・炭酸水素塩泉(弱アルカリ性温泉)



以上の温泉を美人泉質のグループにわけると、

・硫酸塩泉...肌の蘇生効果・アンチエイジング、肌の弾力回復
 1.新見温泉ホテル(蘭越町) 500円
 2.秘湯の宿 新見本館(蘭越町) 500円
 5.ホテル甘露の森(ニセコ町) 800円
 7.ニセコ五色温泉旅館(ニセコ町) 700円
 8.ニセコアンヌプリ温泉湯心亭(蘭越町) 700円
 9.ホテルニセコいこいの村(ニセコ町) 720円
13.真狩村温泉保養センター(真狩村) 500円


・硫黄泉...シミ予防効果、紫外線カット効果、毛細血管拡張作用
 5.ホテル甘露の森(ニセコ町) 800円
 7.ニセコ五色温泉旅館(ニセコ町) 700円


・炭酸水素塩泉...クレジング効果
 3.鯉川温泉旅館(蘭越町) 550円
 4.ニセコグランドホテル(ニセコ町) 800円 ※メタけい酸多し
 5.ホテル甘露の森(ニセコ町) 800円
 6.蘭越町交流促進センター幽泉閣(蘭越町) 550円
 8.ニセコアンヌプリ温泉湯心亭(蘭越町) 700円
 9.ホテルニセコいこいの村(ニセコ町) 720円
11.ニセコ駅前温泉 綺羅乃湯(ニセコ町) 500円
12.ワン・ニセコ・リゾート・タワーズ(ニセコ町) 900円


・弱アルカリ性温泉...不要角質除去、お肌つるつる感
 6.蘭越町交流促進センター幽泉閣(蘭越町) 550円
13.真狩村温泉保養センター(真狩村) 500円

10.ヒルトンニセコビレッジ(ニセコ町) 1000円


さて四大美人泉質をめぐる順番ですが、炭酸水素塩泉やアルカリ性単純温泉などの「美肌の湯」は、主に肌の不要な角質をとるはたらきがあり、入浴中はツルツル肌になります。

しかし、入浴後は皮膚からの水分発散が盛んになり、逆に乾燥しやすくなります。
そこで、このような泉質の温泉に入った直後に、塩化物泉の温泉に入れば塩の成分がパックとなり水分の発散を抑えてくれるので理想的です。


ニセコ温泉郷で美人湯めぐりをされる際は、最後に入る温泉としてお薦めは蘭越町「幽泉閣」、真狩村「まっかり温泉」、ニセコ町「ヒルトンニセコビレッジ」がよろしいかと思います。

その順番にならない場合は美肌の湯に入った直後に保湿剤を塗ればOKです。


4ヶ所の温泉を日帰りで巡るのもよいですが、せっかくなので1泊2日の行程にしてみてはいかがでしょうか。

3つの泉質を「ニセコ湯めぐりパス」を利用し日帰りで回り、1ヶ所は宿泊する。

日帰りの3つは1日で回るも良し、宿泊日翌日と分けて回るのも良いのではないでしょうか?



「美肌」泉質に拘って一度温泉めぐりされてみてはいかがでしょうか。

きっと今までよりも温泉めぐりが楽しくなることに違いありません。


そして今以上に美肌美人になってみませんか?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





泉質を知ればもっと楽しい 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる