北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 地元の観光資源を訪ねて 「石狩編」 その3 浜益区

<<   作成日時 : 2014/11/05 18:21   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

石狩市、地元の観光資源を訪ねて最終回は「浜益区」についてお伝えします。
石狩市浜益区も前回ご紹介しました「厚田区」同様、2005年10月に旧浜益村が合併し石狩市浜益区となった場所です。



石狩市には天然温泉施設が2ヶ所存在します。

1ヶ所は石狩温泉「番屋の湯」ですが、現在休館中で今月再開されるとの情報があります。

画像




もう1ヶ所は浜益区にあります「浜益温泉」です。
http://www.ishikari-kankou.net/contents/hotel/onsen.html

国道231号から浜益区柏木交差点を国道451号へ3.5km程滝川方面へ入った場所にあります。

右手に浜益温泉の看板が見えてきます。

画像




入浴料は大人500円、小学生250円、小学生未満は無料となっています。

画像



営業時間は夏期(10:00〜21:00)、冬期(正午〜20:00)です。
定休日は毎月1日でその日が土日の場合は翌月曜日が定休日になります。


入口に入ると券売機があります。

画像



広々とした休憩室も用意されています。

画像



泉質は「単純温泉」で、源泉温度は44.3度ありますが加温、加水、循環、塩素殺菌が行われています。

画像


画像


画像


浴場内は特に塩素臭は気になりませんでした。



露天風呂がありますが冬期間は閉鎖となりますのでご注意願います。

画像



風呂上がりに水分を補給したいと思います。
売店横に飲物が販売されています。

画像



浜益区も厚田区同様海に面した地区ですので漁業も盛んですが、案外知られていないのがさくらんぼやりんごなど果物も産地でもあります。

まちむら農場は江別市ですが、きむら果樹園は地元浜益です。
http://www16.ocn.ne.jp/~kimu-f.o/index.html

ここにりんご100%のストレートジュースが売られています。

画像


ストレートジュースはりんごそのものを絞ったもので無添加ですのでりんごそのものの味を堪能できます。
1本300円と少々お高いですがその価値十分のストレートジュースですので是非ご賞味下さい。


また館内には食事処「はま恋食堂」もあります。

画像



入浴せずお食事のみの利用も可能ですので、ドライブの途中などにご利用されてみてはいかがでしょうか。

画像



■「浜益温泉」はこちらです■







さて、次に向かうのは「千本ナラ」です。
http://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/rest/story/giant/senbonnarar.html

日本海から吹き上げる風のため、枝が多数に分かれて空に向かって伸びている姿が、千本も生えているように見えることからこの呼び名がついた。この木に触れたり葉で患部を撫でると病気が治ったということから、御利益のある木、御神木としてテレビ報道され全国的にも有名になっている。年間約3,000人もの人が訪れている。
過去の落雷被害等により、現在は枝の一部を欠いている。( 森林管理局HPより引用)



浜益温泉から国道231号へ戻り札幌方面へ南下すると「毘砂別」地区がここから右の市道へと入ります。

画像



実は現在市道になっていますが、ここは今の国道231号が開通する前の旧国道だった場所です。


毘砂別から千本ナラまでは全線舗装道路になっています。

画像




毘砂別から4.8km程入ると「千本ナラ」に到着です。

画像


画像



前回、厚田区編で厚田公園売店で「竹べら」が売られている事をご紹介しましたが、ここ千本ナラを訪ねる際に御利益を祈願するため売られていたのです。

画像



皆さんも厚田公園売店で「竹べら」を購入して訪ねてみませんか?

画像





但し、冬季降雪期間はここへ通じる市道毘砂別送毛線入口より千本ナラまで通行止となりますのでご注意願います。


またここ千本ナラから今来た道を戻らず5km程進行すると国道231号へ出る事ができますが、途中から砂利道を急勾配・急カーブの道が続きます。

画像



舗装路を走行したい方は、やって来た道を毘砂別に戻られる事をお薦めします。



■「千本ナラ」はこちらです■



さて、3回にわたり私の住む地元石狩市の観光資源を訪ねる旅をお伝えしました。

石狩市の魅力は今回紹介させていただいたもの以外にまだまだ数多く存在します。

今回ここでは紹介していない隠れたグルメの名店があり市外から多くのお客様がお越しになられています。

それについてはまた機会を改めてご紹介させていただければと思っています。

皆様の是非機会があれば石狩市をお訪ね下さいますようお願い申し上げます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





地元の観光資源を訪ねて 「石狩編」 その3 浜益区 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる