北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS かんの温泉

<<   作成日時 : 2014/08/05 12:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

北海道の温泉を語る時、温泉ファンであれば必ずと言って良いほど登場するのが「菅野温泉」でした。
私が北海道の温泉巡りを始めた1988(S63)年頃、今のようにネット情報もなく温泉情報はもっぱらガイドブックや温泉関連の書籍でした。
以前もご紹介させていただきましたが私が温泉に深くのめり込むきっかけは1冊の温泉関連の本でした。
その本とは「湯けむりの旅北海道(松田忠徳著、富士書院1987年8月25日発行)です。

この本には北海道内の名湯・秘湯76ヶ所が紹介されており「菅野温泉」ももちろん掲載されています。

菅野温泉は古くより「菅野の湯で治らない病気はない」といわれる程の名湯で道内のみならず道外からも湯治客が押し寄せている時代がありました。

この本を読み菅野温泉へ行きたくなったのは当然のことですが、我が家が初めて訪れたのは起業した会社が少し順調に動き始めた1990(H2)年ゴールデンウィークでした。


温泉を訪れその歴史観溢れる建物を見て感慨深い気持ちを持ったことを今でも覚えています。

画像






写真は菅野温泉入口で写真を撮っていますが、実は正式な入口はここの横の坂を登ったところに新館入り口がありそちらに旅館のフロントがありました。

フロント横に館内の浴槽案内が張られていました。

画像


それまでに訪ていた温泉のほとんどが脱衣所が一ヶ所で、一度服を脱ぐとそこにある内風呂や露天風呂を堪能できたのですが菅野温泉は違っていました。


館内に8ヶ所の浴槽があり、全てに入浴するためには脱衣を繰り返さなくてはならなかったのです。
しかし、これは大変思い出になりました。




それでは当時の貼り紙にあった浴槽を順に振り返ってみたいと思います。


1.サビの湯(後に毘沙門の湯)

画像




2.滝の湯(後に恵比寿の湯)

画像



3.炭酸の湯(後に布袋の湯)

画像



4.不動の湯 5.いちいの湯(後に大黒の湯)

画像



6.小町の湯(後に弁天の湯)

画像



7.クロレラの湯(後に寿老の湯)

画像



8.湯の華温泉(後に福禄の湯)

画像



※湯の華温泉には上記の四角い浴槽の他に円形の浴槽もありました。

画像



そしてこの案内が面白いのは最後に「鹿の湯」が書かれていることです。


「鹿の湯」は館内にある浴槽ではなく近くのキャンプ場下にある無料の露天風呂です。


私が訪ねた当時は菅野温泉宿泊客の方が訪れる人気の露天風呂でした。

画像





その菅野温泉にかれこれ10回ほど訪ねたでしょうか・・・
その後2008年12月から休業となり多くの温泉ファンは再開を待ち望んでいました。


その後温泉は別の方に譲渡され再開の工事が開始され、いよいよ8月19日にリニューアルオープンするとの情報がありました。

十勝毎日新聞電子版でも紹介されていました。
 ↓↓
http://kachimai.jp/article/index.php?no=257687


また、ブログ「転勤族妻の根無し草日記@十勝帯広(管理人:かきつばたさん)」の下記記事でも紹介があります。
 ↓↓
http://okmtaym.hateblo.jp/entry/2014/08/04/124557


温泉ファンにとっては待ちに待った日です。

私の温泉仲間の方々も同様に再開を待ち望んでいらっしゃり、多くの方が再開初日に訪れるものと思います。

当然私も参戦予定です(笑)

かなりの混雑が予想されますが、あの名湯に再び入る事ができる喜びで今は遠足前の子供のような心境です。


さて、どんな湯そして施設が待っているでしょうか、楽しみにです。



※前回の記事で紹介させていただいた「山田温泉」と「かんの温泉」は比較的近い距離にありながら、かつて利用できた町道が今は閉鎖され利用できない状態になっています。
しかし、温泉仲間の方からの情報によれば今後通行できるよう工事に入るとのこと。
現状ではかなり回り道をしなくてはなりませんが、この道路が復活するとかなり距離が短縮されます。こちらも再開が楽しみです。

画像


画像


画像




■「かんの温泉」はこちらです■

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





かんの温泉 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる