北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 二股ラジウム温泉

<<   作成日時 : 2014/06/11 11:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ちょっと古い話になってしまいますがゴールデンウィークはどこへも行かない予定でしたが、やはり自宅でじっとしている事はできず温泉旅へと出掛けてしまいました。
若湯温泉→さぎり湯→洞爺かわなみ、と巡り、最後は少し足を延ばししばらく訪問していなかった「二股ラジウム温泉」へとやってきました。
http://www.futamata-onsen.com/


国道5号から約8km、15分少々の走行で温泉に到着です。
今では全線舗装路になっています。

私が最初に訪ねた頃は木造の古い建物でしたが今では当時と経営者も変わり新しい施設になっています。

画像



日帰りの営業時間はこちらです。

画像


建物裏手に回ると有名な湯の花のドームを見る事ができます。

画像



入口を入りフロント前にある券売機で入浴券を購入します。
大人1,030円です。

画像




浴室に貴重品ロッカーがないのでフロントで預かってもらいます。


建物裏手方面に浴室があり長い階段を下りて行きます。




階段を下りきると左手に混浴の浴室があります。
但し脱衣室は男女別で中で一緒になっています。



内風呂やプールもあります。


内風呂でじっくりと温まるのも良いですが、大自然の空気を感じながら入る露天風呂が最高ですね。
ということで・・・

画像


ここ二股ラジウム温泉は名前に「ラジウム」の文字が入っていますが泉質は「ナトリウム・カルシウム−塩化物泉」となっており、放射能泉の表記がありません。

温泉分析書を見るとラドン(Rn)は検出されていますが、規定の放射能濃度に達していないためこの表記になっています。

いずれしても北海道では希少な温泉施設ですので泉質もさることながら温泉入浴の効果の一つである転地効果が大いに感じていただける温泉であることに間違いありません。


■「二股ラジウム温泉」はこちらです■

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
古い建物の時に入浴してます。到着前に道路では「がけ崩れ防止工事」の交互通行、玄関の戸を開けたら「非常ベル」がおで迎えと、入浴を忘れかけるほどのイベントが…(笑)。
建物は見た目は綺麗ですが、「口出し無用」に見えなくも無い営業案内。券売機も……。源泉が……。
hiro
2014/06/13 10:13
>hiroさん、時代は変わったと感じる今日このごろです。
温泉マン
2014/06/13 22:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





二股ラジウム温泉 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる