北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS ていね温泉ほのか

<<   作成日時 : 2013/11/24 19:39   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

温泉大好きの私ですが、いつも遠くの温泉ばかりに出掛けている訳ではありません。
かといって自宅のお風呂にはほとんど入浴した事がありません。それは図体のでかい私には自宅の浴槽はあまりにも小さく、湯に浸かる事による癒しを感じる事はありません。
という事もあり私は自宅近くの温泉銭湯に良く出掛けます。
正確な回数をカウントしていませんが、一番多く出掛けるのはやはり「北のたまゆら」です。
http://www.e-u.jp/


「北のたまゆら」は札幌市内に3店舗、江別市内に1店舗あります。

我が家では「桑園店」「東苗穂店」の両方に良く行っています。

入浴料金は銭湯と同じ大人420円です。

時には夕食を兼ね行きます。メニューの多くがワンコインでOKです。

さて私お気に入りの「北のたまゆら」ですが、ここに無い設備があります。

それは「岩盤浴」です。


「北のたまゆら」のような人気温泉銭湯に「岩盤浴」が無いのには理由があります。

それは公衆浴場法及びその施行条例によります。

施行条例に次のような規定があります。

 
普通浴場 温湯又は温泉を使用し、男女各1浴室に同時に多数人を入浴させる施設(以下「入浴施設」という。)であって、その利用の目的及び形態が地域住民の日常生活においてその健康の保持及び保健衛生上必要不可欠のものとして使用されるものをいう。公衆合致した設備でなくてはなりません。


サウナはOKですが、「岩盤浴」は健康の保持及び保健衛生上必要不可欠のものとしては認められていないという事になります。

実際我が家から車で10分ほどの場所にできた温泉銭湯は「岩盤浴」施設を有し開業を予定していましたが、公衆浴場として認可の際「岩盤浴」施設は使用不可状態で開業しその後その施設は「ミストサウナ室」に改造され利用されています。

これも公衆浴場の認可を受けると下水道料金、水道料金、固定資産税に優遇措置があるのでこれはある意味致し方ありません。



という事で時々無性に「岩盤浴」で汗を流したくなる事があります。

そんな時は我が家から車で10分少々の場所にある「ていね温泉 ほのか」に出掛けます。
http://www.yudokoro-honoka.jp/teine/


画像



温泉に加え「岩盤浴」施設もあります。

「岩盤浴」は温度違いによる2ヶ所が用意されています。
※女性専用の部屋が1ヶ所あるので女性は3ヶ所利用可能です。


営業時間も9:00〜25:00と長く、料金(岩盤浴利用含む)も平日大人750円、土日祝日850円とリーズナブルです。

もちろん館内に食事処や休憩室も完備しており、無料のWiFiも利用できます。



温泉で流す汗とは違い、岩盤浴で流す汗はその爽快感が違います。

私のリフレッシュは「岩盤浴」に限ります。

元々「岩盤浴」はあの秘湯、玉川温泉が元祖です。


画像




しばらく行っていないのでまた行ってみたいと思っています。




■「ていね温泉ほのか」はこちらです■

大きな地図で見る



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





ていね温泉ほのか 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる