北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS モアン山の「牛」文字(中標津町)

<<   作成日時 : 2013/11/01 16:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

旅に出る際、事前にガイドブックやネット情報を調べお出かけになる方も多いことと思います。
写真やネット画像を見るのと違い、やはり現地にて肉眼で見る感動は格別なものがあります。
しかしもっと大きな感動があるとすれば、それは事前に予期していなかった光景が目前に現れた時かもしれません。


中標津町から裏摩周展望台へ通じる道道150号摩周湖中標津線を走行していると前方に大きく「牛」と描かれた山が見えてきます。

画像


標高356mの「モアン山」です。



「モアン」とはアイヌ語の=静か」アン=ある」という意味です。



「牛」の文字が描かれているのは中標津町は酪農が盛んな町だからなのです。


ここ中標津町は人口が約24,000人に対し牛の飼養頭数は約45,000頭です。


聞いた話によると「酪農(牛)」に関わる地元有志の方が描かれたとのこと。
何とも大人の浪漫と夢を感じます。


これを見た観光客の方はきっとこの地が「牛」に縁のある町であると感じていただけること間違いありません。


こうした取組はここを訪れる人に大いなる感動と広大な北海道をさらにイメージ付けてくれることでしょう。



さて、今回私がここへやって来たのは、この近くにある温泉に入るためです。

次回、この温泉をレポートしたいと思います。





■「モアン山(中標津町)」はこちらです■

大きな地図で見る

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まさか・・・モアン山が載っている。みどりのゆに行くときにはよく通っていた所っす。笹を刈り取って空中から見えるようにした「牛」という文字については、中標津町のアピールとしてみる一方、町内の歯科医師であった故菅原氏のように景観を含めて異論を唱える人たちもいます。自分はどっちかというと菅原氏寄りかなぁ・・・
水清 豊(ゆたか)
2013/11/25 17:23
>水清 豊(ゆたか)さん、こんばんは。
モアン山の「牛」文字ですが、地元ではいろいろな意見があるようですね。
よその土地から来た者、つまり私のような者にとってはとてもインパクトを感じます。私は好意的に感じましたが景観面で問題があるのであれば撤去という考えもあるのでしょうね。
これは地元の方のご判断に委ねるしかありません。
今後も何かお気付きの点がありましたらコメントいただましたら幸いです。
温泉マン
2013/11/26 03:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





モアン山の「牛」文字(中標津町) 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる