北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 十勝は楽し・・「新そば&野中温泉」

<<   作成日時 : 2013/10/28 21:45   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

先々週、カミさんと道南の温泉旅をしてきました。
カミさんが「濃厚な硫黄泉に入りたい!」との事がきっかけでした。
そして先日の土曜日、私はカミさんに「今日も温泉に行く?」と軽く問いかけると「いいよ」との返事。
午前9時30分、近所のスタンドでガソリンを満タン補給し札樽道新川ICへと車を走らせました。



新川ICから入り札樽道を走行中カミさんが

「今日はどこへ行くの?」

と一言。


「今日は十勝へ行ってみようか・・」

と私は返答。



車は道央道から道東道へ入り帯広方面へと車を走らせます。

どこのインターで出ようかと考えたのですが丁度お昼時だったので私の頭にあのお蕎麦屋さんが浮かびました。

と言うことで十勝清水ICで下ります。

立ち寄ったのはお蕎麦ファンなら誰もが知っている「目分料」さんです。
http://www.obnv.com/j_noodle/543/

画像





「新そば入荷」の言葉がそそりますねww


中へ入り「もりそば」をいただきます。

画像




香りも味も最高ですね。




さて、目分料さんを後に途中寄り道をしながら本日目玉の温泉へ向かいます。


その温泉は足寄町にある「野中温泉」です。

野中温泉がある一帯は「雌阿寒温泉」と言われ3軒の温泉があります。

残念ながらそのうちの一軒である「景福」さんは先週から冬期休業に入ってしまいました。

画像





すると残るが2軒です。

一軒は野中温泉別館さんです。

画像





ここはかつて宿泊経験がありますので今回はお隣の「野中温泉」に入らせていただきます。ここはかつてユースホステルでした。

画像




受付で入浴料200円を支払います。

いつもながらとても感じの良い対応をいただきます。

画像




こちらが浴槽入口の暖簾です。

画像





他にお客様がいらっしゃらないので貸切状態で利用させていただきます。

男湯、内風呂の全景です。

画像





湯口に湯の華がこびり付いています。この温泉の濃度がこれで察していただけることと思います。

画像





それでは失礼して・・・

画像



電球の灯りと木の湯船、これはまさに「昭和」を感じますね。



こんな素晴らしい湯をしかも200円で貸切利用とは・・・何とも贅沢の極みです。

北海道十勝は名湯の宝庫です。

あぁ〜、北海道人で本当に良かった感じるひとときです(笑)



■「野中温泉(足寄町)」はこちらです■


大きな地図で見る

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





十勝は楽し・・「新そば&野中温泉」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる