北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 渡島沼尻駅(森町、旧砂原町)

<<   作成日時 : 2013/10/23 12:41   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

久し振りに秘境駅の話題を書かせていただきます。
先日「濃厚な硫黄泉」に入湯するためめ函館市南茅部の「大船下の湯」を訪ねました。
札幌から道央自動車道をひた走り「森IC」で出ます。
森町に来たら先ずは我が家定番である森駅前の柴田商店で「いかめし」を調達です。

画像


画像


しばらく振りの購入でしたが、以前は1個500円だったいかめしが580円に値上がりしていました。



さて、ここから南茅部まではまだ40km以上あります。


今回はカミさんと二人旅ですが、私の鉄分補給のため途中にある秘境駅に立ち寄りたいと思います。

カミさんは私が駅に立ち寄ると機嫌が悪いのですが、今回はカミさんのリクエストに応え「濃厚な硫黄泉」に入湯するため多少機嫌が良いようです(笑)


という事で函館本線支線、通称砂原回りにある「渡島沼尻駅」を訪ねます。

国道278号から約1.5km程山間に入った地点に駅があります。

画像




国道278号はそれなりの交通量がありますが、駅周辺は閑散としており秘境感一杯です。

駅待合室に入ってみます。

画像




固定されたプラスチック製の椅子が4つあります。


列車本数をみてみます。

画像




上り函館方面が8本、下り森方面が6本で、秘境駅としては多い方ですね。


秘境駅の楽しみの一つに「駅ノート」があります。

ここ渡島沼尻駅にもありました。

画像




そしてこうした駅ノートに素敵なイラストを残される方も多くいらっしゃいます。

画像



実は私、こうしたイラストをい見るのがとても楽しみなんです。


でも最近とんでもない輩がいるのです。

駅ノートを盗んだり、ページの一部を破っていく事件が発生しています。

鉄道ファンとしては本当に許せません。


どの世界にもマナーを守れない人がいることをとても残念に思います。


こうした駅ノートをわざわざ複製して管理していただいている駅も存在します。
とてもありがたいことです。

実は私に一つアイデアがあり、私が相談役を務めさせていただいている「パノ鉄本舗」で近い将来実施できたらと思っています。
http://www.panotetsu.com/




さて、秘境駅では事前に列車時刻を調べて訪ねた場合を除き、駅で列車に遭遇する事は極めて稀な事です。


しかし、今回は10分後に上り列車が来るので駅周辺の写真を撮りながら待ってみる事にしました。


定刻、列車接近警報が鳴り、上り列車が到着です。

画像


画像




乗降客はゼロでした。


列車は函館へ向け出発して行きました。


架線の無い非電化区間のキハ40って、本当に画になりますね。


全国各地で「移動手段としての鉄道」ではなく「乗って楽しむ鉄道」運行が増えています。


JR北海道も種々の問題点を早期に解決し、未来に向け頑張ってほしいと願わずにはいられません。




■「渡島沼尻駅(森町、旧砂原町)」はこちらです■

大きな地図で見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも楽しく読ませて頂いています。今回はビックリ!!地元の駅が!!ようこそいらっしゃいました。・・・秘境・・・ですよね〜・・・。駅の周囲には民家がポツポツ、人影なし・・・。昔はも少し乗り降りもあったんですよ。私も学生時代に毎日お世話になりました。 取り上げて下さってありがとうございます。
tonton
2013/10/25 22:30
>tontonさん、こんにちは。いつも当ブログにご訪問いただきありがとうございます。
渡島沼尻駅のお近くに住んでいらっしゃるのですね。久し振りに訪問しましたが何だか心が落ち着きますね。
駅だから営業上多くの人で賑わっているのが良いかも知れませんが、こうした静かな駅の存在も大切ですね。
運賃収入的には厳しいので、秘境性を逆手にとって記念乗車券や関連グッズの販売をしていただければと思っています。
今後も当ブログをよろしくお願いします。
温泉マン
2013/10/29 05:42
>でも最近とんでもない輩がいるのです。
>駅ノートを盗んだり、ページの一部を破っていく事件が発生しています。
>鉄道ファンとしては本当に許せません。

こんばんは!お久しぶりです、永田です。
実は道内の無人駅の駅のノートにおいらが残したらくがきには
温泉マンさんに向けたメッセージを何件か残しているのですが…
既に持ち去られてる可能性は高いですね
(先日の江差線に乗った時に残した駅ノートのらくがきは短期間のうちに全滅したみたいです)
 大海あすかさんではありませんが「駅ノートは生もの」ですのでお早めにどうぞ!
としか言い様がないですね。
 もし、どこかの駅の無人駅にまだおいらのらくがきが残っていましたら、よろしくお願いしますね!


S.nagata
2013/10/29 22:59
>S.nagataさん、こんにちは。お久し振りです。
江差線の駅ノートも楽しみにしていたのですが、残念な状態になっているようですね。
nagataさんからのメッセージ、是非拝見したかったです。
「駅ノートは生もの」というものの何だかやるせない気持ちになりますね。
でもどこかでnagataさんのイラストを発見したらこのブログでご報告させていただきますね。
それでは今後ともよろしくお願いします。
温泉マン
2013/10/30 16:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





渡島沼尻駅(森町、旧砂原町) 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる