北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 川湯温泉「お宿 欣喜湯」

<<   作成日時 : 2013/08/01 16:46   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

標茶温泉「味幸園」で名湯を堪能した後は今宵の宿である川湯温泉へ向かいます。
いつも出張先の宿選びは「じゃらんネット」を利用する場合が多くなっています。
川湯温泉日本源泉掛け流し温泉協会加盟の温泉地で、どの宿を選んでも源泉掛け流しの湯を堪能できます。


今回宿への到着が午後8時過ぎになることを考え1泊朝食付きプランを探していると・・・ありました、4200円のプランです。
このプランを提供していたのは川湯温泉「お宿欣喜湯」です。
http://www.kinkiyu.com/

※「喜」の字は正確には「㐂」という「七」を3つ重ねた字を書きますがここでは便宜上「喜」の字を使用させていただきます。


午後8時過ぎ無事宿に到着しました。

画像



何とこの日川湯温泉では「第9回源泉掛け流し全国温泉サミット」が開催されていました。

画像




仕事でなければ是非このサミットに参加したかったです(^_^)v




フロントでチェックインした後、部屋に荷物を置き夕食を食べに外へ出掛けます。

宿から徒歩数分の場所に飲食街があります。
今回仕事で同行いただいているSさんと一緒に出掛けます。

画像






どのお店でも良かったのですが、最初にあった「まるはち」さんに入る事にします。

画像





中へ入ります。お店の中はとっても良い雰囲気です。

画像




先ずはジョッキーですね。

画像




そして、冷やしトマトに豚串を注文です。

画像


画像




今回同行いただいたSさんも道産子ですので食べ物の好みはほぼ一致しています(笑)

次に北海道では定番の「ラーメンサラダ」を注文です。

画像




そして先ほどからきになっていた「摩周ハイボール」をいただきます。

画像





そして〆にはラーメンといきたいとところですが、何だか「焼きおにぎり」が食べたくなったのでみそ汁と一緒に注文です。

画像




お腹が一杯になったところで宿へ戻ります。

しばし休息の後温泉に入りますが少し酔いも回っていたのですぐに上がってしまいました。

温泉は翌朝チェックアウト時まで夜通し入浴可能になっています。


翌日早朝、再度温泉へ。浴場は1階にあります。

画像





ここ欣喜湯には湯温別に浴槽が分かれているのでお好みの温度の温泉を楽しむ事ができます。

画像





露天風呂はありませんが、こちらは開放感一杯の「低温」の湯です。
40度を少し切る位の温度かと思います。

画像



そしてこちらが川湯温泉の生いたちが書かれている「中温」の湯です。
こちらは41度前後かと思います。

画像




そしてこちらが「高温」の湯です。
こちらは44度くらいある感じです。

顔の表情が湯の熱さを表していますね。

画像




道東ではこうして源泉掛け流しの宿を大変リーズナブルな料金で宿泊できるので出張も楽しいですね。


さて朝食をいただいて本日の仕事先へ向かいたいと思います。


仕事が終わったら今度は温泉ではなく「駅」に立ち寄りたいと思います(笑)





■「川湯温泉 お宿 欣喜湯(きんきゆ)」はこちらです■

大きな地図で見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

欣喜湯さんいいですよね。北海道旅行の時はよく利用してます。特に低温の湯がまったり出来ていいですね。
南十条司
URL
2013/08/03 22:27
>南十条司さん
こんにちは。
南十条司さんも欣喜湯さんを良く利用されていらっしゃるのですね。温泉好きの人間にとってこうした温泉宿をリーズナブルの料金で利用できるのは本当にありがたいですね。
私も低温湯にしばしまったりとして最後に高温湯でシャキっとさせるのが好きです。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
温泉マン
2013/08/04 11:28
こんにちは!
良い旅をしてますね。
ゆっくり出来そうな温泉につかり
美味いものを食べて
言う事なし。
楽しんでください。
カメ吉
2013/08/06 17:26
>カメ吉さん
ありがとうございます。
温泉に浸かると疲れも吹っ飛んでしまいます。
温泉マン
2013/08/07 12:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





川湯温泉「お宿 欣喜湯」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる