北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 関西探訪 #12 「名古屋から北海道へ」&旅の総括

<<   作成日時 : 2013/07/10 14:41   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

関西探訪シリーズも今回が最後となりました。
今回「近鉄特急&温泉ツアー」に同行いただいた友人ともここ名古屋でお別れです。
近鉄京都駅出発時は私を入れ7名での旅でしたが、近鉄四日市で一名の方とお別れしましたので名古屋までは6名やってきました。
2名は広島へ、3名は東京へ新幹線で帰ります。
そして私は中部国際空港から新千歳空港へ帰ります。


実は私は名古屋という街には縁が薄く、こうして名古屋駅に降り立つのは2度目となります。
最後に降り立ったのはかれこれ25年ほど前だったと記憶しています。

ということで電車乗り継ぎの合間を利用して駅前を少々探索したいと思います。

画像




外の空気を少し吸いましたが、やはり6月上旬とはいえかなり暑かったです。
さて、これより名鉄にて中部国際空港へ向かいたいと思います。





今回の行程を再確認します。

今回の記事では下記赤字部分の区間をお伝えします。

●1日目
1.自宅→(バス)→手稲駅北口
2.JR手稲駅→(快速エアポート)→新千歳空港駅
3.新千歳空港→(スカイマーク)→神戸空港
4.神戸空港駅→(ポートライナー)→三宮駅
5.阪急三宮駅→(特急)→西宮北口駅
6.西宮北口駅→(普通)→(阪急)宝塚駅
7.JR宝塚駅→(特急こうのとり)→城崎温泉駅
8.城崎温泉駅→(普通)→餘部駅
9.餘部駅→(普通)→城崎温泉駅
10.城崎温泉探訪

●2日目
11.城崎温泉駅→(普通)→福知山駅
12.福知山駅→(特急きのさき)→二条駅
13.二条駅→(京都市営地下鉄)→東山駅
14.東山駅→(徒歩)→セミナー&フェア会場
15.セミナー&フェア会場→(タクシー)→宿泊先ホテル
16.宿泊先ホテル→(阪急)烏丸駅→(阪急)河原町駅→懇親会会場
17.懇親会会場→(タクシー)→宿泊先ホテル

●3日目
18.宿泊先ホテル→四条駅→(京都市営地下鉄)→京都駅
19.近鉄京都駅→(近鉄特急)→大和八木駅
20.大和八木駅→(近鉄特急)→近鉄四日市駅
21.近鉄四日市駅→(普通)→湯の山温泉駅
22.湯の山温泉駅→(バス)→アクアイグニス
23.アクアイグニス→(バス)→湯の山温泉駅
24.湯の山温泉駅→(普通)→近鉄四日市駅
25.近鉄四日市駅→(特急伊勢志摩ライナー)→近鉄名古屋駅
26.名鉄名古屋駅→(特急ミュースカイ)→中部国際空港駅
27.中部国際空港→(ジェットスター)→新千歳空港
28.新千歳空港→(快速エアポート)→手稲駅
29.手稲駅北口→(バス)→自宅





先ずは中部国際空港駅までの切符を購入します。

私は今回初めて中部国際空港を利用しますので、列車はもちろん「ミュースカイ」に乗車します。
こちらが特別車両券(ミューチケット)と乗車券です。

画像





中部国際空港まではミュースカイ以外に準急や特急も運行しており、10〜15分間隔で運転していますので大変便利です。

画像





ホームにミュースカイが入線してきました。
近鉄名古屋駅から中部国際空港駅までの所要時間はミュースカイで28分です。

画像




ミュースカイ座席の様子です。

画像




今回は近鉄特急に乗って来たので、ミュースカイの設備には正直なところあまり感動はありませんでした。



快適な電車旅もあっという間に空港へ通じる連絡橋までやってきました。

画像




比較的新しい空港という事もありとても綺麗な感じですね。

忍者がお出迎えです。

画像



今回利用する便は新千歳空港行ジェットスターですので、国内線カウンターへ向かいます。

画像





LCC利用の場合はチェックイン締切時間が厳格なので早めにする事が望ましいですね。


出発時刻まで1時間以上あるので、空港ターミナルビルを散策したいと思います。


4階に「ちょうちん横町」「レンガ通り」という飲食店街があります。




せっかくなのでここで食事をしていきたいと思います。

どこにしようかお店を散策していて、昭和20年から名古屋のカレーメーカー「オリエンタル」のお店「オリエンタルキッチン」に決定です。
http://www.centrair.jp/enjoy/shop/1188662_1479.html



羽田でもそうですが、出張帰りにカレーが食べたくなるのは私の習性なんです。

画像



お腹が一杯になったところで出発ロビーに入りたいと思います。



搭乗口は3番。検査場から結構遠い場所にあるので早めに出発ロビーに向かった方が良いですね。

画像




今回搭乗する飛行機が到着しています。
定刻の出発が期待できそうです。

画像




さて、今回の関西探訪旅を振り返ってみたいと思います。

●1日目
1.新千歳空港→神戸空港 スカイマーク 10,000円
2.神戸空港駅→三宮駅 ポートライナー 320円
3.(阪急)三宮駅→(西宮北口乗換)→宝塚駅 270円
4.(JR)宝塚駅→城崎温泉駅
   特急券(eチケット)1,680円 乗車券2,520円 合計4,200円
5.城崎温泉駅←→餘部駅 960円(片道480円x2)
6.城崎温泉(泊)みよし旅館(素泊)
   5,250円+入湯税150円+入湯料190円 合計5,590円
---------------------------------------------------------
1日目 合計 21,340円



●2日目
7.(JR)城崎温泉駅→(福知山駅乗換)→二条駅(京都)
   特急券(eチケット)940円 乗車券2,520円 合計3,460円
8.(地下鉄)二条駅→東山駅 250円
9.(タクシー)みやこめっせ→東横イン京都四条烏丸 970円
10.(阪急)烏丸→河原町 150円
11.(タクシー)河原町→東横イン京都四条烏丸 650円
12.東横イン京都四条烏丸(泊) 6,631円
---------------------------------------------------------
2日目 合計 12,111円


●3日目
13.(地下鉄)四条駅→京都駅 210円
14.(近鉄)京都駅→(大和八木駅)→(近鉄四日市駅)→湯の山温泉駅
   特急券 1,560円 乗車券 2,330円  合計 3,890円
15.(バス)湯の山温泉駅→アクアイグニス 160円
16.(温泉)アクアイグニス 入浴料 600円
17.(バス)アクアイグニス→湯の山温泉駅 160円
18.(近鉄)湯の山温泉駅→(近鉄四日市駅)→近鉄名古屋駅
   特急券 450円 乗車券 830円  合計 1,280円
19.(名鉄)名古屋→中部国際空港駅
    特別車両券 350円 乗車券 850円  合計 1,200円
20.(ジェットスター)中部国際空港→新千歳空港 4,190円
---------------------------------------------------------
3日目 合計 11,690円


※3日間合計
 45,141円



注目いただきたいのは新千歳空港からの往復の航空運賃です。
(上記赤字の部分)
行きが
1.新千歳空港→神戸空港 スカイマーク 10,000円

帰りが
20.(ジェットスター)中部国際空港→新千歳空港 4,190円

で、往復合計14,190円となっています。

帰りのジェットスターは偶然キャンペーン期間でしたので格安で利用できましたが、キャンペーン以外でも格安で利用できる日があります。

今回私は兵庫県の名湯城崎温泉に立ち寄ったり、近鉄電車の旅を楽しみましたが、行かれる方の好みでプランは如何様にでも組み立て可能と思います。

前述の通り、航空運賃よりも空港から目的地へ移動する鉄道料金が案外高かったります。

今回の例では三宮駅から城崎温泉まで片道4,470円かかっています。


私は北海道から本州へと出掛けましたが、逆に考えると本州から北海道へも同様に格安料金でお越しいただけるという事になります。


新千歳空港に降り立ち、そこから先の立ち寄りスポットとして私は是非「空知(そらち)地方」をオススメしたいと思います。



空知観光を楽しんでいただける無料のスマホアプリ「そらいち」もあります。



空知は交通の便にも恵まれていますし、新千歳空港からも電車や車で片道1〜2時間程度でお越しいただけます。


そのためにもLCCを利用してお越しいただく方々向けに、地域情報はもちろんのことですが、何かお得なプランも提供いただけたらと考えています。


今や全国から注目を浴びるワインや銘酒を買うも良し、美唄焼き鳥ジンギスカンがんがん鍋ガタタンに舌鼓を打つのも良し、大自然の中のファームレストランで地元食材を活かした料理を堪能するのも良し、そして温泉に入り癒されるのも良し、その全てがオススメです。


※北海道へ来られる皆様へ!!
 お時間がありましたら、見て良し食べて良し遊んで良しの「空知(そらち)」へ是非お立ち寄り下さい。
 心よりお待ちしております。




■「中部国際空港(セントレア)」はこちらです■

大きな地図で見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お忙しい方にはオススメできませんが
名古屋から太平洋フェリーに乗って仙台経由で2泊3日かけて北海道へ移動するのも非日常を味わえて楽しいですよ(笑)
昨年、ある懸賞で太平洋フェリーのペア招待券が当たったので
わざわざ東京から名古屋まで移動して2泊3日の船旅を楽しんできましたが
すごくのんびりとした時間を過ごすことが出来てすごくリフレッシュすることが出来ました。
効率重視の今の世の中では新幹線や飛行機に比べるとあまり意味のない公共交通機関だと思われがちなフェリーですが
移動中の時間を存分に楽しむことが出来るのがフェリーの最大の魅力だとおいらは思っています。
時間があれば温泉マンさんもフェリーでの旅を楽しんでみてはいかがでしょうか?
永田秀一
2013/07/11 05:21
>永田秀一さん
こんばんは。
実は大のフェリー好きなんです。今は子供も大きくなったので旅の回数が減りましたが、10数年前までは北海道と本州航路を良く利用していました。

最近は時間を贅沢に利用する、船旅や鉄道の旅が人気になっていますね。
温泉マン
2013/07/13 00:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





関西探訪 #12 「名古屋から北海道へ」&旅の総括 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる