北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 関西探訪 #10 「片岡温泉 アクアイグニス」

<<   作成日時 : 2013/07/05 10:57   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

近鉄京都駅から2時間46分、途中電車を2回乗換ようやく湯の山温泉駅に到着しました。
ここから目的の温泉までは800m程ですが、駅前から路線バスが走っていますのでそれに乗車する事にします。

画像




バスは今乗車してきた電車線路沿いに少し戻る形になります。

画像





今回の行程を再確認します。

今回の記事では下記赤字部分の区間をお伝えします。

●1日目
1.自宅→(バス)→手稲駅北口
2.JR手稲駅→(快速エアポート)→新千歳空港駅
3.新千歳空港→(スカイマーク)→神戸空港
4.神戸空港駅→(ポートライナー)→三宮駅
5.阪急三宮駅→(特急)→西宮北口駅
6.西宮北口駅→(普通)→(阪急)宝塚駅
7.JR宝塚駅→(特急こうのとり)→城崎温泉駅
8.城崎温泉駅→(普通)→餘部駅
9.餘部駅→(普通)→城崎温泉駅
10.城崎温泉探訪

●2日目
11.城崎温泉駅→(普通)→福知山駅
12.福知山駅→(特急きのさき)→二条駅
13.二条駅→(京都市営地下鉄)→東山駅
14.東山駅→(徒歩)→セミナー&フェア会場
15.セミナー&フェア会場→(タクシー)→宿泊先ホテル
16.宿泊先ホテル→(阪急)烏丸駅→(阪急)河原町駅→懇親会会場
17.懇親会会場→(タクシー)→宿泊先ホテル

●3日目
18.宿泊先ホテル→四条駅→(京都市営地下鉄)→京都駅
19.近鉄京都駅→(近鉄特急)→大和八木駅
20.大和八木駅→(近鉄特急)→近鉄四日市駅
21.近鉄四日市駅→(普通)→湯の山温泉駅
22.湯の山温泉駅→(バス)→アクアイグニス
23.アクアイグニス→(バス)→湯の山温泉駅

24.湯の山温泉駅→(普通)→近鉄四日市駅
25.近鉄四日市駅→(特急伊勢志摩ライナー)→近鉄名古屋駅
26.名鉄名古屋駅→(特急ミュースカイ)→中部国際空港駅
27.中部国際空港→(ジェットスター)→新千歳空港
28.新千歳空港→(快速エアポート)→手稲駅
29.手稲駅北口→(バス)→自宅




バスに乗車すること5分、目的の温泉「片岡温泉アクアイグニス」に到着です。
http://aquaignis.jp/


画像





今回こちらの温泉を選択させていただいたのは、こちらを運営されている「kodo.cc」グループ様に大変興味があったからです。
http://www.kodo.cc/



グループ企業には建設会社さんもあります。

北海道でも建設会社さんのグループが運営されている温泉施設がありますが、今回「アクアイグニス」様の人気の秘密を直に体験したく訪問してみました。



とにかく広大な駐車場と白を基調とした建物がとても素敵です。

画像




平日という事もあり電車はかなり空いていましたが、駐車場にはかなりの車があります。


もちろん温泉を目的に来られている方も多いと思いましたが、正面にある建物に入りその理由がわかりました。


「アクアイグニス」は単に温泉施設だけでなくレストランやスイーツのお店、さらには「木」をテーマにした離れ宿もあります。

先ほどの正面にある建物は辻口博啓シェフの人気店「コンフィチュール アッシュ」というスイーツのお店です。

辻口博啓と言えば世界を駆け巡る有名パティシエです。
http://www.h-tsujiguchi.jp/profile/
http://ameblo.jp/h-tuji/



中へ入ると・・・

「うぉぉ〜!!」

何と凄いお客様の数です。それもほとんどが女性です。



今日は本当に平日(水曜日)なのかと疑ってしまう程です。

すっかり度肝を抜かれてしまい写真を撮るのを忘れてしまいました(^_^;)


今回は日帰りで温泉とレストランを利用させていただきますが、機会があれば是非宿泊してみたいと思います。




先ずは温泉棟で入浴料600円を支払います。

画像






受付横の通路奥に温泉があります。

画像



温泉への通路横は休憩所になっており、面白クッションが置いてあり入浴後ゆっくりと休息する事ができます。

画像







竹林を配した露天風呂は、北海道では体験できない素晴らしい浴槽でした。

浴室内の様子は下記HPをご参照願います。
http://aquaignis.jp/spa.php



湯上がりには先ずビールですね。

昼食を兼ね施設内の「奥田食堂」でいただきます。

画像




ゆっくりと食事をしたかったのですが、帰りの時間が迫ってきたので「味噌ラーメン」を注文。

画像




「味噌ラーメン」と言えば札幌が本場・・・

でもこの「味噌ラーメン」のクオリティはかなり高かったです。
札幌でも十分勝負になる味ですね。



食事を終え、再びバスに乗り湯の山温泉駅へ向かいます。

画像




駅に「折鶴伝説 恋結びの街 湯の山温泉」の幟がありました。

画像


"450" border="0" />



ちょっぴりほのぼのとさせていただきました。



さて、四日市行き電車が入って来ました。

画像




旅も終盤、四日市からは近鉄特急に乗り名古屋へと向かいます。



■「片岡温泉 アクアイグニス」はこちらです■

大きな地図で見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





関西探訪 #10 「片岡温泉 アクアイグニス」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる