北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 関西探訪 #9 「近鉄電車で京都駅から湯の山温泉駅へ」

<<   作成日時 : 2013/07/03 19:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

関西探訪初日は新千歳空港から神戸空港へ降り立ち、余部鉄橋訪問と城崎温泉に宿泊し外湯めぐりを堪能しました。
2日目は城崎温泉から京都へ移動し「建設技術フェア」に参加し、最先端技術の展示やセミナーを受講しました。
そして最終日である3日目は中部国際空港から新千歳空港へ戻るのですが、夕方の便のため今回「建設技術フェア」に参加した友人と市場調査を兼ね「鉄道&温泉ツアー」を決行したいと思います。



今回このツアーを決行するに至った経緯は、京都宿泊後の翌日最終日は関西空港からLCCを利用して新千歳空港に戻って来る予定でした。


しかし、丁度この時ジェットースターで中部国際空港−新千歳空港が2980円のキャンペーンが実施されていました。

私は中部国際空港の利用経験がなかったのでこのチケットを予約する事に決めました。

以前、新千歳空港−関西空港便でジェットスター利用経験があり、図体のでかい私は非常口付近のエクストラレッグシートの追加料金を支払い搭乗しました。
今回も同様にシート追加しましたが、合計料金が4190円でした。

この料金で中部国際空港から新千歳空港へゆったりとしたシートで移動できるのです。
凄い時代になったと感心しきりです。

この件に関しては本関西探訪シリーズのまとめとして考察したいと思います。



今回私が中部国際空港を夕方の便で北海道へ帰るため、その時間まで市場調査を兼ね「近鉄電車&温泉ツアー」を企画したところ友人7名に賛同いただきツアー決行となったしだいです。

参加人数が私一人でなく7名になったことで、今回の旅をより楽しくできる列車に乗車する事もできました。
この事については後日の記事でご紹介させていただだきます。


朝7時30分、宿泊先ホテルをチェックアウトし地下鉄四条駅へ向かい、そこから京都駅へと移動します。

画像




今回の行程を再確認します。

今回の記事では下記赤字部分の区間をお伝えします。

●1日目
1.自宅→(バス)→手稲駅北口
2.JR手稲駅→(快速エアポート)→新千歳空港駅
3.新千歳空港→(スカイマーク)→神戸空港
4.神戸空港駅→(ポートライナー)→三宮駅
5.阪急三宮駅→(特急)→西宮北口駅
6.西宮北口駅→(普通)→(阪急)宝塚駅
7.JR宝塚駅→(特急こうのとり)→城崎温泉駅
8.城崎温泉駅→(普通)→餘部駅
9.餘部駅→(普通)→城崎温泉駅
10.城崎温泉探訪

●2日目
11.城崎温泉駅→(普通)→福知山駅
12.福知山駅→(特急きのさき)→二条駅
13.二条駅→(京都市営地下鉄)→東山駅
14.東山駅→(徒歩)→セミナー&フェア会場
15.セミナー&フェア会場→(タクシー)→宿泊先ホテル
16.宿泊先ホテル→(阪急)烏丸駅→(阪急)河原町駅→懇親会会場
17.懇親会会場→(タクシー)→宿泊先ホテル

●3日目
18.宿泊先ホテル→四条駅→(京都市営地下鉄)→京都駅
19.近鉄京都駅→(近鉄特急)→大和八木駅
20.大和八木駅→(近鉄特急)→近鉄四日市駅
21.近鉄四日市駅→(普通)→湯の山温泉駅

22.湯の山温泉駅→(バス)→アクアイグニス
23.アクアイグニス→(バス)→湯の山温泉駅
24.湯の山温泉駅→(普通)→近鉄四日市駅
25.近鉄四日市駅→(特急伊勢志摩ライナー)→近鉄名古屋駅
26.名鉄名古屋駅→(特急ミュースカイ)→中部国際空港駅
27.中部国際空港→(ジェットスター)→新千歳空港
28.新千歳空港→(快速エアポート)→手稲駅
29.手稲駅北口→(バス)→自宅



先ずは近鉄京都駅に集合し、最初の電車である特急賢島行に乗車します。

改札口を抜けるとあの「せんとくん」がお出迎えです。

画像



近鉄は全線でIC乗車券が利用可能です。私は今回ICOCAを利用します。




乗車する賢島行特急列車はビスタEX30000系と言われる2階建て列車です。
http://www.kintetsu.co.jp/gyoumu/Express/train/bisuta.html#bisuta


画像


画像



階下にあるグループ席も良いのですが、今回は眺望の良い階上席を利用します。

画像





今回は市場調査という仕事(?)なのですが車内はすでに「大人の修学旅行」状態です。

画像






仕事である証拠にタブレットPCを使い会議を実施です。
(※会議と言いながら左手のカップは・・・ww)

画像




目的地の「湯の山温泉」には途中大和八木駅で名古屋行特急に乗り換える必要があります。
連絡は至ってスムーズで到着した同じホームでできます。

乗換後しばらくすると全国で一番短い駅名である「津」に到着です。

画像



やがて湯の山温泉への乗換駅「近鉄四日市駅」に到着です。

画像




ここからは近鉄湯の山線普通電車に乗車します。

画像



列車はロングシートタイプです。

画像




列車はやがて「菰野駅」に到着です。

画像




菰野駅から乗車してきた地元のおばあちゃんとお話しているうちに、私たちが県外から来ている事を知り菰野町の見所をを案内してくれました。

画像




こうした触れ合いもローカル線の旅ならではですね。

おばあちゃん、ありがとうございました。




楽しい時間を過ごしているうちに「湯の山温泉駅」に到着しました。

画像




ここから目的の温泉迄は800m程ですが、駅前から路線バスを利用します。



次回は、温泉立ち寄り記をお伝えします。




■「近鉄京都駅から湯の山温泉駅」へのルートはこちらです■

大きな地図で見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





関西探訪 #9 「近鉄電車で京都駅から湯の山温泉駅へ」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる