北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 関西探訪 #6 「城崎温泉」

<<   作成日時 : 2013/06/27 13:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

余部鉄橋探訪を終え餘部駅から豊岡行普通列車で城崎温泉駅まで戻ってきました。
時刻は19時過ぎですが少し暗くなってきました。

画像




今宵の宿までゆっくりと歩いて行く事にします。

この感じが温泉地へ来たという実感を与えてくれます。

画像




今回の行程を再確認します。

今回の記事では下記赤字部分の区間をお伝えします。

●1日目
1.自宅→(バス)→手稲駅北口
2.JR手稲駅→(快速エアポート)→新千歳空港駅
3.新千歳空港→(スカイマーク)→神戸空港
4.神戸空港駅→(ポートライナー)→三宮駅
5.阪急三宮駅→(特急)→西宮北口駅
6.西宮北口駅→(普通)→(阪急)宝塚駅
7.JR宝塚駅→(特急こうのとり)→城崎温泉駅
8.城崎温泉駅→(普通)→餘部駅
9.餘部駅→(普通)→城崎温泉駅
10.城崎温泉探訪

●2日目
11.城崎温泉駅→(普通)→福知山駅
12.福知山駅→(特急きのさき)→二条駅
13.二条駅→(京都市営地下鉄)→東山駅
14.東山駅→(徒歩)→セミナー&フェア会場
15.セミナー&フェア会場→(タクシー)→宿泊先ホテル
16.宿泊先ホテル→(阪急)烏丸駅→(阪急)河原町駅→懇親会会場
17.懇親会会場→(タクシー)→宿泊先ホテル

●3日目
18.宿泊先ホテル→四条駅→(京都市営地下鉄)→京都駅
19.近鉄京都駅→(近鉄特急)→大和八木駅
20.大和八木駅→(近鉄特急)→近鉄四日市駅
21.近鉄四日市駅→(普通)→湯の山温泉駅
22.湯の山温泉駅→(バス)→アクアイグニス
23.アクアイグニス→(バス)→湯の山温泉駅
24.湯の山温泉駅→(普通)→近鉄四日市駅
25.近鉄四日市駅→(特急伊勢志摩ライナー)→近鉄名古屋駅
26.名鉄名古屋駅→(特急ミュースカイ)→中部国際空港駅
27.中部国際空港→(ジェットスター)→新千歳空港
28.新千歳空港→(快速エアポート)→手稲駅
29.手稲駅北口→(バス)→自宅




しばらく歩くと交差点角に「ファミリーマート」があります。

画像




通常の店舗サインがありません。

これはここ城崎温泉界隈が「山陰海岸国立公園」の特別区域内のため電光サイン類が制限されているものと思います。

北海道でも層雲峡温泉にあるセブンイレブンも同様に「大雪山国立公園」の特別区域内にあるため一般の店舗とサインが異なっています。

画像



ゆっくり歩くこと10分少々、今宵お世話になる宿に到着しました。

素泊まり専門の「みよし旅館」さんです。

画像




チェックインの際、外湯巡りに必要なバーコードの付いた外湯入浴券をいただきました。
また、外湯の位置と食事ができる場所をご案内いただきました。

画像



部屋に荷物を置き早速外湯巡りに出掛けたいと思います。

外湯マップは下記サイトを参照願います。
http://www.kinosaki-spa.gr.jp/index.php?id=3



この日は月曜日のため7ヶ所ある外湯のうち城崎温泉駅近くの「さとの湯」は定休日です。
したがってこの日は6ヶ所の外湯を巡りたいと思います。


先ずは宿から一番遠い「鴻の湯」へ向かいたいと思います。


一緒に外湯巡りをしていただく「もぐらくん」が早速酒屋で缶ビールを調達です。

画像



まぁ、これも外湯巡りならではの楽しみですね。

画像




缶ビールを飲みながら温泉街を漫ろ歩きます。

懐かしい射的場もあります。

画像




楽しく歩いているうちに最初の外湯「鴻の湯」に到着です。

画像





宿で発行してもらった「バーコード付き外湯券」を入口にある読みとり機に当てると音がなります。これで入場OKです。

画像



城崎温泉宿泊者はこうして各宿が発行する「バーコード付き外湯券」により全部で7ヶ所ある外湯を全て無料で利用できます。

この日は月曜日だったので7ヶ所ある外湯の内、城崎温泉駅近くにある「さとの湯」は定休日でした。
各外湯にはそれぞれ定休日がありますので行かれる方は事前にチェックされると良いでしょう。

※城崎温泉外湯めぐり
http://www.kinosaki-spa.gr.jp/information/yumeguri/4.html



日帰り利用者は各外湯に入浴券販売機がありますのでそれを利用する事になります。

なお、外湯はロビー内以外の脱衣室や浴室での写真撮影が禁止されていますので今回も入口での写真が中心となりますのでご了承下さい。


「鴻の湯」の入浴を終え「まんだらの湯」へ向かいます。

ゲタの音をならしながら歩くのは気持ちいいですね。

画像



こちらが「まんだらの湯」です。

画像





入口横に「まんだらの湯」由来が書かれていました。

画像





さて、次に向かったのは「御所の湯」です。

画像



これで3湯制覇です。




3湯巡ると流石に喉が渇いてきました。
ということで・・・

画像




ついでにやきとりも何本か注文です。

画像



いやぁ〜、温泉巡りにやきとり&ビール・・・たまりません!!



ビールを飲み終え次の湯へ向かおうとすると「もぐらくん」が先ほど缶ビールを買った酒屋へ再び立ち寄りました。

そうなんです、ここに限定の純米吟醸生酒があります。

画像





これを飲まない手はありません。店内にあるテーブル(?)でいただきます。

画像



たった一杯ですが、先ほどのビールもありすっかり酔っぱらってしまいました。




さてさて、まだ3ヶ所の外湯が残っています。

次に向かったのは「地蔵湯」です。これで4湯目です。

画像




そして次の5湯目の外湯は城崎温泉を代表する「一の湯」です。

画像



そもそもこの湯は暖簾にあるように「海内第一泉」と呼ばれていました。

「海内第一泉」の海内とは、日本一という意味とのこと。

流石1300年の歴史を持つ温泉です。





いよいよ最後の6湯目は「柳湯」です。

画像



流石に連続して6湯に入ると少し湯当たり気味になりました。


それでも、宿までゲタの音をならし涼みながら帰る事にします。


やはり温泉地ではチェックインしたら宿に籠もっているのではなく、こうして温泉街をゲタをならし闊歩するのが一番ですね。


昨年行った野沢温泉の外湯巡りもそうでしたが、実に楽しい外湯巡りでした。

次回はいよいよ仕事のため京都へ向かいたいと思います。



■「城崎温泉」はこちらです■

大きな地図で見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
この旅で写真はたくさんとりましたが・・・このようにまとめれませんね。
この記事を私のこのたびのまとめとさせていただきます。(笑)
もぐら
2013/06/27 17:26
>もぐらさん、この度は鉄道&温泉視察ツアーにお付き合いいただき誠にありがとうございました。お陰様で大変有意義かつ楽しいツアーをすることができました。心より感謝申し上げます。
すっかりこれで味をしめましたので次回もお付き合いの程よろしくお願いいたします。

※なお、一部人物写真(特に背後から)は管理者権限で修正させていただいておりますのでご了承願います(笑)
温泉マン
2013/06/27 18:48
温泉マンさん、おはようございます。
城崎温泉!!! 「しっとり」とした温泉街の風情がタマリマセン。
素泊まり宿を選び、浴衣姿で共同浴場を巡りつつ、居酒屋で一杯ひっかける・・・楽しそうですね、ウラヤマシイ(笑顔)
北海道から遠いと思ってましたが、神戸空港から2〜3時間なのですね。ちょっと考えてみます(笑)
いっち
URL
2013/06/30 07:57
>いっちさん、おはようございます。
いっちさんのブログにもコメントさせていただきましたが、北海道にはこうした風情の温泉がないので、ついつい出張の際遠征したくなります。
温泉街には立ち寄り処も多く歩く楽しさが一杯ですね。

鉄道好きの私ですので城崎温泉へは今回電車を利用しましたが、神戸(三宮)からバスで行くと乗換もなく運賃もお得です。

次の日は早朝出発だったので前日に全ての共同浴場をまわりましたが、宿で前日発行してくれたバーコード付き外湯入浴券は翌日の午前10時まで有効ですので、翌日共同浴場を再度利用することも可能です。

いっちさんが行かれたらそのレポートを楽しみにしたいと思います。
温泉マン
2013/06/30 08:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





関西探訪 #6 「城崎温泉」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる