北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 抜海駅

<<   作成日時 : 2013/06/24 11:08   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

勇知駅訪問を終え道道510号抜海兜沼停車場線を引き続き北上します。
やがて抜海駅入口の交差点に差し掛かります。
右折し少し進むとそこに「抜海駅」があります。


抜海駅は秘境駅と呼ばれています。
※秘境駅へ行こう!(管理人:牛山隆信さん)
http://hp1.cyberstation.ne.jp/hikyoueki/




抜海駅前には僅かながら民家があります。
※抜海駅周辺の様子は下記パノラマ写真を参照願います。
 ↓↓↓
http://www.dermandar.com/p/agbgbf/



ここ抜海駅は不思議な駅です。

これはあくまでも私個人の感覚ですが、ここを訪れると何だか気持ちが落ち着きます。
そしてもう一度ここへやって来たくなる不思議なオーラを放っている駅です。


こちらが抜海駅正面です。

画像





今回は日曜日に訪れましたが、4年前にここを訪れたときは木曜日だったので駅舎前に通学生の自転車が置かれていました。

画像





駅舎内はいたって簡素で、座布団が敷かれた定番の椅子に加え一人掛けのソファが置かれています。

画像



こちらが列車時刻表です。
上下各5本の列車が停車します。

画像




ホームへの出入り口(改札口)です。

画像




北海道の駅らしく二重構造になっています。

画像



これは寒さを防ぐ為のものです。



駅舎裏で記念撮影させていただきます。

画像




こうした木造駅舎は歴史を感じる事ができるのと、年々少なくなっているので大変貴重です。




抜海駅撮影の際、私的にはこのアングルでの撮影がお気に入りです。

画像





この日は雨模様でしたが、4年前初めてここを訪れた時は天候も良くこんな感じでした。

画像





撮影をしていると構内アナウンスが流れ、構内踏切が降りて来ました。

やがて上りの特急サロベツが通過して行きました。

画像





駅名標も撮影します。

画像





さて、もう一度駅舎内へ戻ります。

こうした秘境駅には「駅ノート」が置かれています。

この日合計7冊ありました。

画像




時間があればその全てに目を通したいのですが、その中から気になったページを少しご紹介させていただきます。




こうした駅ノートに素敵なイラストを描き残してくれる人がいます。
これを見させていただくのも大変楽しみです。

画像


画像




以前、NHKのドキュメンタリーでここ抜海駅を紹介する番組がありました。
その番組では、本州のサラリーマンの方がホームに佇む姿が映し出されていました。


ここ抜海駅に来ると日頃心の中にあるもやもやとした物が払拭されるとの事でした。
数時間、何をする訳でもなくこの駅に滞在する人も多いと聞いています。

その気持ち・・私も大変良く理解できます。




そして抜海駅は映画南極物語で高倉健がロケをした場所としても有名ですね。

この駅にはいろいろな思いを持つ人達が集っています。


ここは紛れもなく隠れた「パワースポット」であることに違いありません。

そして「駅」は間違いなく地域の観光資源ですね。



さてここまで来たのでさらに北上をして稚内まで行きたいと思います。






■「抜海駅」はこちらです■

大きな地図で見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





抜海駅 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる