北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 関西探訪 #3 「宝塚駅から城崎温泉駅へ」

<<   作成日時 : 2013/06/21 12:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

神戸空港からポートライナー、阪急電車を乗り継ぎ無事宝塚駅に到着しました。
城崎温泉へはJR線を利用するため阪急宝塚駅からJR宝塚駅へと移動します。



こちらが阪急宝塚駅です。

画像




そしてこちらがJR宝塚駅です。

画像





今回の行程を再確認します。

今回の記事では下記赤字部分の区間をお伝えします。

●1日目
1.自宅→(バス)→手稲駅北口
2.JR手稲駅→(快速エアポート)→新千歳空港駅
3.新千歳空港→(スカイマーク)→神戸空港
4.神戸空港駅→(ポートライナー)→三宮駅
5.阪急三宮駅→(特急)→西宮北口駅
6.西宮北口駅→(普通)→(阪急)宝塚駅
7.JR宝塚駅→(特急こうのとり)→城崎温泉駅
8.城崎温泉駅→(普通)→餘部駅
9.餘部駅→(普通)→城崎温泉駅

●2日目
10.城崎温泉駅→(普通)→福知山駅
11.福知山駅→(特急きのさき)→二条駅
12.二条駅→(京都市営地下鉄)→東山駅
13.東山駅→(徒歩)→セミナー&フェア会場
14.セミナー&フェア会場→(タクシー)→宿泊先ホテル
15.宿泊先ホテル→(阪急)烏丸駅→(阪急)河原町駅→懇親会会場
16.懇親会会場→(タクシー)→宿泊先ホテル

●3日目
17.宿泊先ホテル→四条駅→(京都市営地下鉄)→京都駅
18.近鉄京都駅→(近鉄特急)→大和八木駅
19.大和八木駅→(近鉄特急)→近鉄四日市駅
20.近鉄四日市駅→(普通)→湯の山温泉駅
21.湯の山温泉駅→(バス)→アクアイグニス
22.アクアイグニス→(バス)→湯の山温泉駅
23.湯の山温泉駅→(普通)→近鉄四日市駅
24.近鉄四日市駅→(特急伊勢志摩ライナー)→近鉄名古屋駅
25.名鉄名古屋駅→(特急ミュースカイ)→中部国際空港駅
26.中部国際空港→(ジェットスター)→新千歳空港
27.新千歳空港→(快速エアポート)→手稲駅
28.手稲駅北口→(バス)→自宅



宝塚駅からはJR線の特急こうのとりで城崎温泉へと向かいます。

特急券は自宅出発前JR西日本おでかけネット「e5489」で予約しました。
http://www.jr-odekake.net/goyoyaku/e5489/


「e5489」を利用すると窓口よりお得に特急指定券が購入できるのと、列車出発前であれば何度でも無料で変更が可能です。


宝塚駅→城崎温泉駅の特急指定席料金は通常1990円ですが「e5489」で購入の場合1680円と310円お得になります。

「e5489」で予約した特急指定券は駅にある指定券券売機にて受け取りが可能です。

なお、宝塚駅−城崎温泉駅間はICOCAは使用できませんので、乗車券2520円を宝塚駅窓口で購入します。


神戸空港に到着してから次々に電車を乗り継いできましたので昼食を食べていません。

こちらがJR宝塚駅改札口です。

画像





反対側に「EKI MARCHE」があります。

画像




「EKI MARCHE」にてお弁当とお酒を調達したいと思います。

今回この旅に広島県の友人も途中参加いただける事になりました。

友人は自宅近くの駅から列車を9回乗換し、山陰本線(播但線)和田山駅で私と合流です。
その友人の分のお酒も調達したいと思います。


ここJR宝塚駅から城崎温泉までは特急こうのとり号で途中乗換がありません。

出発ホームに向かいたいと思います。

画像




乗車位置は列車に合わせ色別に表示されています。

画像





特急こうのとりが入線してきました。

画像






私の乗車する指定席車両はがら空き状態でした。

画像





今回の指定券と乗車券です。
画像




私の前の席にはパソコン用のコンセントとテーブルがありました。

画像



さて、終点の城崎温泉まで2時間16分の旅です。

それでは失礼して・・・

画像




お弁当もいただきたいと思います。

画像






宝塚から1時間半程で友人と合流地点である和田山駅に到着しました。

画像




無事、友人と合流し久し振りの再開を祝し先ずは乾杯です。

画像





途中「八鹿駅」に停車します。

画像




北海道にも難読駅名が多いですが、この駅名も読めませんでした。




お酒や弁当を食べ、景色を眺め、途中から友人と談笑しているうちに城崎温泉駅に到着しました。


城崎温泉で餘部方面の普通列車に乗り換えしますので一旦下車します。

今宵の宿はここ城崎温泉ですが、宿に荷物を置きに行く時間がないので駅のコインロッカーに荷物を預け、餘部駅へ向かう事にします。

列車乗り継ぎまで若干の時間があるので、駅前をちょっとだけ観光します。

先ずは駅前で記念撮影です。

画像





送迎用のバスを見て「城崎温泉」にやってきたことを実感しました。

画像



こうしたラッピングってとても大切ですね。



さて、そろそろ餘部方面の列車時間になりました。


次回は餘部駅と余部鉄橋をレポートしたいと思います。




■「城崎温泉駅」はこちらです■

大きな地図で見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





関西探訪 #3 「宝塚駅から城崎温泉駅へ」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる