北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 名寄出張備忘録 第二弾 その2 「宗谷本線 智北駅、南美深駅」

<<   作成日時 : 2013/05/05 01:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

宗谷本線は北海道の路線の中でも秘境駅の宝庫でこの辺りも連続して秘境駅が続きます。
この辺りの秘境駅訪問の楽しみに駅舎(待合室)があります。
北海道に於ける無人駅駅舎(待合所)に車掌車の改造が多く利用されていますが、この界隈の駅は独自形式の物が多くなっています。


前回の北星駅の稚内方面の隣駅である「智北駅」にやってきました。
ここ「智北駅」は名寄市智恵文にある駅です。

画像




ここも棒線駅ですがホームは板張りではなく鉄骨製コンクリート床となっています。

画像







駅近くに民家は少ないですが近くを道道252号美深名寄線が走っておりそれなりの交通量があるため静寂さには少々欠ける感があります。

待合所は軽量鉄骨のプレハブで比較的広くゆったり感及び清潔感があります。

画像


画像




秘境駅巡りで駅に立ち寄りの際列車と遭遇することは事前に時刻表を調べてこない限り極めて困難です。

今回の駅巡りでも事前に列車時刻を全く調べて来ませんでした。


しかし時刻表を見ると下りの列車時間が近い事がわかりました。

画像





ちょっと失礼して休息させていただきました。

画像





やがて踏切音が鳴り列車がやってきました。

画像



一両のワンマン列車です。
乗降客はありません。


やがて列車は発車していきました。

画像



今回は車での訪問ですがこうして列車の姿を見るとやはり乗ってみたくなりますね。





さて、次の駅へ急ぎたいと思います。

次に訪ねたのは智北駅のお隣「南美深駅」です。
「智北駅」は名寄市にある駅ですが、ここ「南美深駅」は美深町にあります。
待合所はちょっとレトロ感一杯の木造になっています。

画像



入口の戸が重く開けるのに少々苦労しました。


待合い室内には丸椅子がありますが快適性にはやや欠けます。

画像




ここも棒線駅でお決まりの木製デッキとなっています。

画像


駅周辺は見晴らしが良く民家も多く見られます。横に踏切がありますが交通量は少なく静寂感があります。

画像




ここは秘境駅と呼ばれていますが周辺を見渡す事ができる分秘境性が薄いように感じられるかもしれませんが、ホームと待合所を見ればそれも払拭されるかも知れませんね(笑)

画像




さて、次回は久し振りに有人駅である美深駅を訪ねてみたいと思います。

それでは。




■「宗谷本線 智北駅」はこちらです■

大きな地図で見る


■「宗谷本線 南美深駅」はこちらです■

大きな地図で見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





名寄出張備忘録 第二弾 その2 「宗谷本線 智北駅、南美深駅」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる