北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 630km日帰り旅 その5「渡島大野駅(仮称:新函館駅)」

<<   作成日時 : 2013/03/03 11:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

北海道では昨日からの暴風雪による影響で各地の道路が通行止めとなり、視界不良や吹きだまりのため車内で待避していた人が車内に充満した排気ガスで亡くなるという悲しいニュースが流れています。JRの運休も報じられており、また新千歳空港においても東京からの便が空中待機をしながら着陸を敢行するも強風により安全に着陸できず東京へ引き返す等の障害も発生しているようです。



仕事を含め悪天候の中、移動を余儀なくされる方も多いと思いますが、こうした自然の猛威を甘く見てはいけません。慎重に行動する必要があります。

かく言う私も鉄道駅や温泉巡りで長距離移動する事が多いので十分気を付けて行動したいと肝に命じています。



さて、ケルンでの昼食を終え北海道昆布館で買い物ツアーを実施しました。
北海道昆布館出発時には既に14時になっていました。



さて先を急ぎます。向かった先は函館本線「渡島大野駅」です。


ご存じのようにここに3年後北海道新幹線が開業しここに駅が設置されます。


今回私の記事では「仮称:新函館駅」と表現していますが、駅が設置される北斗市議会では「北斗函館駅」の名称をJR北海道へ要望する決議案を可決しています。

JR北海道としても開業1年前までには正式な駅名を決定する予定です。



参考までに既存の新幹線駅に「新」の文字が付く駅を列挙してみます。

●東海道新幹線
・新横浜駅→横浜市
・新富士駅→富士市
・新大阪駅→大阪市

●山陽新幹線
・新神戸駅→神戸市
・新倉敷駅→倉敷市
・新尾道駅→尾道市
・新山口駅→山口市
・新下関駅→下関市

●九州新幹線
・新鳥栖駅→鳥栖市
・新大牟田駅→大牟田市
・新玉名駅→玉名市
・新八代駅→八代市
・新水俣駅→水俣市

●上越新幹線・長野新幹線
 「新」と付く該当駅なし

●東北新幹線
・新白河駅→西白河郡西郷村
・新花巻駅→花巻市
・新青森駅→青森市

●山形新幹線・秋田新幹線
 「新」と付く該当駅なし


何と16駅もあるのですね。

東北新幹線の新白河駅を除けば、「新」の付く駅はその駅が存在する市の名前に「新」が付いていること事になります。


さて、北海道新幹線の新駅は「新函館駅」、「北斗函館駅」・・はたまた別の駅名になるのでしょうか。

基本的には地元の要望を参考にJR北海道が最終決定する事になっていますが、いずれにしても日本の新幹線は外国でも「SHINKANSEN」で通用する言葉になっていますので、駅名決定の際は国際的に認知され愛される駅名であって欲しいと願っています。




前置きがすっかり長くなってしまいました。

渡島大野駅にやってきてビックリしてしまいました。
3年前来た時と比べ駅周辺が一変しています。

画像




そして至る所で工事が行われています。

※駅周辺の様子がパノラマで見ていただけます。
 http://www.dermandar.com/p/bprWWv/
一部ブラウザ、スマホ、タブレットPCで閲覧いただけない場合がありますのでご了承下さい。




3年前はのどかな田舎駅と言った感じでした。

画像




当時あったこの看板も今は撤去されています。

画像





当時の駅舎は取り壊され今は仮設の駅舎になっています。

画像




当時の面影は跨線橋に残っています。

画像


↑ 2010年5月撮影



画像


↑ 2013年2月撮影





いずれにしても3年後、ここに新幹線がやって来ます。


北海道新幹線は札幌までの延伸工事着工が決定していますが、私はそれまで生きていない可能性が高いので、3年後、先ずはここから東京駅まで乗車してみたいと思っています。



さて、ここ渡島大野駅出発は14:20、自宅を出発してから9時間になりました。
走行距離は255kmです。


タイトルにあるように今回は630km日帰り旅ですので自宅までまだ375km走行しなくてはなりません。

つまり半分にも至っていない事になります。
いつものこととは言え、我が家の長距離日帰り旅はこんな感じなのです(笑)



次は、峠の話題と道の駅立ち寄りです。




※ここ渡島大野駅には普通列車しか停車しません。
 また下り特急列車はここを通過しません。それはこの先の大沼駅に向かう途中に急勾配区間(25パーミル)があるため、手前の七飯駅から勾配の緩やかな藤城線を走行します。
 今回は時間の都合で立ち寄りしませんが、お隣の仁山駅は急勾配区間途中に駅があり、かつてこれを克服するため一旦函館方面に設置されていた加速線まで戻り発進するための簡易スイッチバック方式を採用していました。


画像

↑ 風情のある仁山駅。




画像

↑ 急勾配途中に駅が設置されています。




画像

↑ 写真右手奥に加速線跡が見えます。








■「渡島大野駅(仮称:新函館駅)」はこちらです■

大きな地図で見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





630km日帰り旅 その5「渡島大野駅(仮称:新函館駅)」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる