北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 地域観光魅力発信 Facebook活用編

<<   作成日時 : 2012/12/25 19:03   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

最近地域観光における情報発信ツールとして「Facebook」を活用する例が多く見られるようになりました。
かくいう私も生まれ故郷である北海道空知地方活性化の手法としてFacebookを含むSNSを活用させていただいています。



私の仕事の一つに講師業務があります。


「北海道の温泉について話をしているのでは・・」と思われている方もいらっしゃるかと思いますが、そうではありません。



私はこれでも建設技術者の端くれで、建設現場におけるICT活用についてお話させていただいています。
温泉や鉄道はあくまでも趣味の世界なのであります。




さて今年3月、毎年お世話になっています職業訓練法人主催講座で「建設現場における最新ICT活用術」についてお話させていただきました。

最近建設現場では従来のホームページやブログに変わりFacebookを活用して現場情報の発信を行うところが増えて来ました。

昨今のスマートフォンやタブレットPCの普及に伴い、外出先から情報を発信しあるいは入手する事がごく当たり前になってきました。 



これは建設現場に限ったことではなく、私が今お手伝いさせていただいている観光分野では強力な集客ツールとして注目を浴びています。


3月の講座では受講生のみならず講座主催者の研修担当の方もFacebook活用法に大変興味を持っていただき、「思い立ったが吉日」ではありませんがその日にFacebookアカウントを取得され始められました。


その後互いにFacebook上での投稿に「いいね!」やコメントを入れさせていただく程度でしたが、その後ご自身が住んでおられる神恵内村を元気にするため地元の若者が結集され、Facebookページ「神恵内村魅力創造研究会」を立ち上げたと連絡をいただきました。



神恵内村は人口約1000人の漁業を中心とした大変小さな村です。

夏には多くの観光客が訪れますが、冬は訪れる人も少なく村内は閑散としています。



そこで前述の「神恵内村魅力創造研究会」では後志管内6町村のFB有志と連携しFacebookを活用した地域活性化イベント「後志Facebook祭」を先月下旬開催しました。

Facebookの利点としてこうしたイベントをFacebookユーザーに一斉に発信する機能があります。


Facebookはホームページやブログと違い、リアルタイムな双方向性を有しています。




私は神恵内村会場へカミさんと息子を連れ出かけました。


正直、どれくらいの人が来られるのか私自身大変興味がありました。


イベントは午前11時から開始とのことでしたが、私が会場の「勝栄鮨」に到着したのは11時30分でした。

画像



既に数組のご家族やカップルの方が来られていました。



Facebookユーザーが無料でいただけるのが通常メニューにはないこの日のための特別メニュー「前浜ホタテ・エビ・タコ丼」です。

画像





カミさんと息子はFBユーザーではないため無料ではありませんが通常メニューかこの「前浜ホタテ・エビ・タコ丼」を実費1000円でいただく事ができます。



ということで私と息子は「前浜ホタテ・エビ・タコ丼」をいただきます。

画像




カミさんは通常メニューからミニいくら丼(800円)をいただきます。

画像


画像




全てが美味しいのですが、特に「前浜ホタテ・エビ・タコ丼」のタコは絶品でした。

画像




今回イベント仕掛け人は写真左の松本さんです。(写真右は勝栄鮨のご主人です)

画像




お腹が一杯になったところで、温泉ファンとしては神恵内にある温泉を素通りして帰る訳にはいきません。
勝栄鮨さんから車で5分程の場所にある「リフレッシュプラザ温泉998」に立ち寄ります。

我が家と同じく勝栄鮨さんで食事後温泉へ来られた方もいらっしゃいました。

画像




ここは強塩泉として有名で露天風呂も最高です!!

何度来てもここの温泉は実に温まります。

画像



そしてお土産にはこの地域限定の「たちかま」を購入します。

画像


画像



そのままポン酢で食べても良し、鍋の具材としてもこの時期最高です。




こうして、一日家族で神恵内村を満喫させていただきました。

これもFacebookによりご縁があったからこそと思います。
今後の「神恵内村魅力創造研究会」の活動が楽しみになってきました。



地域思う熱い人達が集う「神恵内村魅力創造研究会」は、Facebookを活用した地域活性化モデルとして私は今後も応援を続けさせていただきます。



振り返って見ると我が家と神恵内村は不思議なご縁があります。
我が家が最初にキャンプへ出かけたのは今から24年前、神恵内青少年旅行村でした。

何故ここにしたのかは今は覚えていませんが、きっと私を惹き付ける何かがあったのだと思います。
当時は子供も小さく初めてのキャンプだったのでテントではなくコテージを借りました。

画像





近くに「竜神荘」という温泉がありました。

画像



今は休業になっているのがとても残念です。





Facebookユーザーの方は是非「神恵内村魅力創造研究会」に「いいね!」をよろしくお願いいたします。

●「神恵内村魅力創造研究会」Facebookページ
https://www.facebook.com/kamoenaimiryokusouken

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





地域観光魅力発信 Facebook活用編 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる