北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 山田温泉(ホテル福原別館)

<<   作成日時 : 2012/08/08 01:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

私がまだ30代前半だった20数年前、家族全員で北海道の温泉めぐりをしました。きっかけは1985年、30歳で独立起業しその直後精神的ストレスで1ヶ月間入院、退院後医師の薦めもあってリハビリとして始めたのが「温泉めぐり」でした。
生まれ持って大の温泉好きだった訳ではありませんが、起業当時はお金もなく、専ら札幌近郊の温泉を日帰り利用で訪ねることでした。

当時は今のように札幌市内に多くの温泉銭湯もなく定山渓、北湯沢、登別、新登別、カルルス、洞爺へも足を運びました。

写真は残っていませんが、中でも良く通ったのが当別町にあった「太美温泉」です。
一日の仕事を終え夜になってから行っていました。
現在は「ふとみ銘泉 万葉の湯」という大型温泉施設になっていますが、我が家が通っていた頃は木造の小さな温泉施設でした。

さて、リハビリが目的で始めた温泉めぐりも1年を経過すると、札幌近郊の温泉は行き尽くし、何度も同じ温泉を訪ねるのが億劫になり始めました。

当時はインターネットもなく、温泉情報は温泉関係の関連本やアウトドア関係の雑誌に掲載されていた秘湯や野湯の情報でした。

そんな時、札幌市内の書店で出会ったのが、松田忠徳さんの「湯けむりの旅 北海道(富士書院 1987年8月25日」です。

画像




ここで紹介されている北海道内の温泉76ヶ所はどれも魅力一杯の温泉ばかりです。


そしてこの本に出会い、私はこの本に掲載されている温泉を全部めぐる決意をしたのです。


さらにそれは結果としてこの本に掲載されている温泉の全制覇はその近郊にある温泉めぐりにも繋がり、いつしか北海道にある温泉地全訪問という目的になったのです。



前置きがすっかり長くなりましたが今回紹介する温泉も「湯けむりの旅 北海道」に紹介されています。

その温泉は「山田温泉」です。



先月末、カミさんと二人で日帰りで訪ねてみました。


山田温泉へのルートである道道85号鹿追糠平線は、昔も今も然別湖より先の糠平方面は冬期通行止区間であり、夏の間しか行く事ができません。

北海道には夏期限定の温泉が数多くありますが、ここ山田温泉もその一つです。



然別湖畔、ホテル風水先にあるゲートから山田温泉を目指します。

画像




山田温泉までは然別湖畔から約6kmありますが、最初の数kmは狭小な道が続きます。

画像




狭い道を走行し、やがて中央線の引かれた広い道に出てしばらくすると右手に建物が見えてきます。

ここが山田温泉です。

画像




当時の日帰り入浴料金は忘れてしまいましたが、現在は大人550円で名湯を楽しむ事ができるのはとてもありがたいことです。

画像



こちらのフロントで入浴料金を支払います。

当時は宿泊も対応していましたが、現在は日帰りでの利用のみとなっています。

画像





早速浴室へ向かいます。

画像




建物は当時に比べ新しくなっています。

画像




脱衣室から湯船が見えます。20数年振りの入浴ですのでワクワクします。

画像





この湯船を見て昔と変わりないと事が頭の中を過ぎります。

残念ながら我が家には当時の写真が見当たらないのですが、念のため「湯けむりの旅 北海道」の中の写真と比較すると、浴槽は当時と全く変わりないようです。

画像




男湯の方にだけもう一つ湯船があります。浅く温めの湯となっています。

画像




露天風呂はありませんが、内風呂から眺める外の景色が何とも言えません。

画像





それでは失礼して入らせていただきます。

画像



20数年前もこうして湯船の中から窓の外の緑を眺めていたような気がします。




当時はどのルートでやって来たか記憶が定かではありませんが、然別峡方面から来たような気もします。

画像




しかし、現在はこのルートは通行止になっていますね。

画像




山田温泉へは当時高速道路もなく、日帰りでの利用はかなり難しかったかもしれませんが、今回道東自動車道を利用したため、片道約220kmの走行もそれほど苦にはなりませんでした(笑)


ミシュランの星3つは「それを味わう為に旅行する価値がある卓越した料理」とあります。


その観点からすると、山田温泉は私にとって「その湯で癒される為に旅行する価値がある卓越した温泉」で星3つの価値があります。





さて今回はここで折り返し、さらに昔思い出に残っている湯に立ち寄って行きたいと思います。




■「山田温泉(ホテル福原別館)」
http://outdoor.geocities.jp/yamadaspa/index.htm





■「山田温泉(ホテル福原別館)」はこちらです■

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
数年前までは然別峡〜山田温泉の林道が使えて便利だったのですがね。
今ではかなり遠回りで大変です。
山田温泉スタンプカードが満杯なので、そろそろ行こうかな。
露天風呂マニア
URL
2012/08/11 21:59
●露天風呂マニアさん
然別峡〜山田温泉の林道は数年前まで利用できたのですね。正に温泉マニア必須ルートでしたね。
久し振りの山田温泉は最高でした。
頻繁に行ける露天風呂マニアさんが羨ましいですw
温泉マン
2012/08/13 02:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





山田温泉(ホテル福原別館) 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる