北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 北海道温泉めぐりスタンプラリー2012 #4 「宮の森楽々温泉」

<<   作成日時 : 2012/07/13 03:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

何かと所用に追われブログ投稿間隔が空いてしまう事が多いこの頃です。
さて、温泉めぐりスタンプラリーの1湯目から3湯目は我が家近郊の温泉を紹介しましたが、今回は少し遠征したいと思います。
今回カミさんを連れだって産直野菜の調達を兼ね出掛ける事にします。
しかし自宅を出発した時、時刻は既に正午を過ぎていました。


先ずは国道453号を支笏湖経由で伊達市大滝地区へ向かいます。


この辺りに来ると「Qちゃんファーム」の看板を見かけるようになります。

画像


「Qちゃんファーム」は皆さんご存じのように、あのマラソン金メダリストである高橋尚子さんプロデュースの農園です。



大滝地区で身近に産直野菜を購入できる場所として「大滝ふるさと館」があります。

カミさんの要望もありもちろん立ち寄りします。

画像



この後スタンプラリーには参加していない某温泉施設でしばし入浴させていただきます。



再び走行し、今度は私の希望で立ち寄りします。

ここは旧胆振線優徳駅跡です。

画像




昔はこんな感じでした。

画像



あまり長居をするとカミさんのご機嫌が斜めになるので早々に立ち去りたいと思います。



その後国道453号を走行し壮瞥町から伊達市市街へ向かいます。


道道沿いに野菜直売所があったので立ち寄りします。

自宅を出発した時間が遅かったため、すでに時刻は17時近くになっています。

こうした野菜の直売所は午前中の早い時間に立ち寄らないとほとんどが売れ切れ状態の場合が多くなっています。

画像





そんな中、カミさんが何点かの野菜を持参し嬉しそうにお店から出てきました。

何でもキャベツをサービスで1個もらったそうです。

画像




ふと、直売所の裏を見ると、なるほどキャベツをサービスしてもらった理由が理解できました。

まさに新鮮野菜そのものですね。



さて、時間も遅くなってきたので先を急ぎたいと思います。

まだ温泉スタンプラリー参加施設に入浴していません。

しかし、そこは温泉好きの私ですので、寄り道も多くなっています。

その昔、北海道全湯めぐりをしていた時立ち寄った懐かしい温泉へ立ち寄ります。

画像


しかし、時間がないので写真撮影のみとさせていただきます。



その後国道37号を走行し室蘭市内へと向かいます。


そしてようやく温泉スタンプラリー参加施設である「宮の森楽々温泉」に到着です。

JR東室蘭駅に程近い場所にあるいわゆる温泉銭湯です。

画像




温泉裏手の駐車場に車を停めると、ボイラー施設がありました。

画像


こうした薪を使用した温泉を見ると何となく愛着を感じます。



こちらが入口です。

画像



営業時間は11:00〜24:00で入浴料金は銭湯と同じ大人420円です。

浴槽内は少々塩素の臭いが気になりますが、無事温泉スタンプラリーを1ヶ所追加できました。


せっかく室蘭にやってきたので、北海道二大焼き鳥の一つである室蘭やきとり一平の本店に立ち寄ってみます。

画像


多くの人がいて待ち時間もあるようですので、今回は写真撮影のみとさせていただきます。


近くには室蘭らしく「カレーやきとり」の案内が・・・

画像


次回は車ではなく、一日散歩きっぷを利用して電車でやってきたいと思います。




時間も遅くなったのでそのまま高速道路で自宅へ戻ろうと思ったのですが、楽々温泉では塩素臭と多くのお客さんがいて落ち着かなかったので、カミさんと相談しもう1ヶ所温泉に立ち寄る事にします。

登別温泉「さぎり湯」です。

画像



ここは温泉スタンプラリー参加施設ではありませんが、本日の最後は名湯で締めくくりたいと思います。



濃厚で白濁の湯はいつ訪ねてもイイですね。

画像




今回出発時間が遅かったためカミさんにすれば十分満足のいく野菜調達ができなかったため、次回も温泉&野菜調達で出掛けたいと思います。




■「宮の森楽々温泉」はこちらです■

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





北海道温泉めぐりスタンプラリー2012 #4 「宮の森楽々温泉」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる