北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS ジンギスカン

<<   作成日時 : 2012/01/24 10:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

「ジンギスカン」と言えば北海道人にとって大変身近な肉料理の一つかと思います。
しかし「ジンギスカン」は大変奥深い食べ物でもあります。
そんなジンギスカンについて特集を組んでいる冊子があります。
あるた出版発行の「O.tone Vol.39(2012年1月15日発行)」です。

画像


今回、特集1として「My Soul Food いつだって、ジンギスカン。」を紹介しています。



ジンギスカンは、肉を予めタレに漬け込んだ「味付きタイプ」と肉を焼いてからタレに付ける「後付けタイプ」の2通りに分かれます。


これは人それぞれの好みと思いますが、実はその起源が北海道にあった2つの種羊場にあることを松尾ジンギスカンさんの50年史で知りました。

私の生まれ故郷は妹背牛町で、当時ジンギスカンと言えば味付きタイプの「松尾ジンギスカン」を食べていました。

また高校は滝川へ通っていたので本店で食べる機会もありました。

画像




前述の「味付きタイプ」か「後付けタイプ」かは単に好み以前に、幼少の頃どちらを食べていたかによる、脳に刻まれた記憶が優先しているのかもしれませんね。



今回の「O.tone」にも紹介されていますが、全道には実に多くのジンギスカンが存在しています。

この特集を読むと今すぐにでもジンギスカンが食べたくなりますね(笑)




最近はスーパー等で手に入る物も多くなりましたが、やはりその発祥の地へ足を運び、現地の空気や景色を堪能しながらいただくと、その味も一層深い物になるのではと思っています。


■「松尾ジンギスカン本店」はこちらです■

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
記憶に刻まれた思い出の味・・・

私の家ではタレにつけ込みタイプが一般的でしたね〜
初めてつけだれタイプを食べたときは焼き肉とどう違うのかよくわかりませんでした。
子供の時からの記憶のためか単に好みの問題なのか・・・今でもつけ込みタイプのジンギスカンが美味しいと感じてしまいますね〜
北海昆布
2012/01/24 21:42
●北海昆布さん
味付けタイプを食べられていたのですね。
私も小さい時食べた味がやはり一番記憶に残っています。
温泉マン
2012/01/24 22:03
ジンギスカンはなんといっても「味付きタイプ」だべさ!(笑)
かなり以前の話ですが
札幌の方と滝川の方がジンギスカン論争をしてましたよ
松尾のジンギスカンは数えきれないくらい食べてますね〜♪
和友
2012/01/25 16:33
広島ではジンギスカンを食べることはほとんどなく、以前ジンギスカンを”食べ放題”のときに食べたのですが何とも・・・。
初めて北海道に行った時の夕食はジンギスカンだったので、「まいったなー」という思いが有りました。
でも食べてみてこちらで食べたものと全く別物。
食べ方+調理方法でしょう。第一、フライパン(鍋?)自体違いますし、野菜とたれ。

食べ物は文化ですね。
もぐら
2012/01/25 17:52
●和友さん
ジンギスカンと言えば「松尾ジンギスカン」以外に考えられません!!(笑)
そう言えば神居古潭へ炊事遠足へ行った事を思い出しました。その時もジンギスカンだった気がします。もちろん松尾ジンギスカンでしたたねw
温泉マン
2012/01/25 18:07
●もぐらさん
食べ物はたしかに文化ですね。
そんな話をしたら吉舎のスッポンとマムシを思い出しました。

三次にもビッグハウスがあった事に驚きましたが、店内では流石にジンギスカン肉は売っていませんでしたが「ワニ肉」が販売されていたのには腰を抜かしました!!(笑)
温泉マン
2012/01/25 18:12
私は出身が道南方面だったせいか、味無しの丸いお肉でした。
臭いがあるから好き嫌いは有るでしょうが身体に味が染み付いてますね(笑)

でタレは当然あれです。

誕生日はケーキではなくジンギスカンだったなあ!
ユキヒロ
2012/01/27 11:31
ジンギスカンネタ やはり盛り上がりますね 私も食いついてみます。
地元旭川は、基本「漬けダレ」タイプ 近所の市場に行くとビニールの袋に丸い肉と共にお店独自のタレと入れてもらったと記憶

札幌は後付けタイプが多いはずですね どこからが変わってくるのか興味があります。 道東は後付けタイプ 
鍋も一般的な中央が盛り上がり縁が盛り上がる基本から、士別の有名店では中央が凹む独特の形が健在と地方色が強いグルメですね。

またその昔では肉を購入して家独自のタレに漬けることもあり(我が家です)
これこそお袋の味でしょうか。
いわ
2012/01/28 22:20
●ユキヒロさん
道南は後付けタイプだったのですね。
小さい頃から食べていた味って頭にインプットされていますよね、
タレは「B」社でしょうかw
誕生日にジンギスカンとは道民の鑑ですねw
温泉マン
2012/01/29 02:21
●いわさん
北海道人だったら拘りのジンギスカンがありますよね。

「味付け」と「後付け」は北海道にあった種羊場が指導した調理法の違いにあったとあります。前者は滝川で後者は月寒(札幌)です。
鍋もそれに合わせ各地で工夫されたようですね。
いわさんが言われる通り、その家独自の味付けもありましたね。
味付けタイプの中には羊の臭みを消すためにりんごが入ってるものが多くありますね。
ジンギスカンはまさにお袋の味ですね。
温泉マン
2012/01/29 02:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





ジンギスカン 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる