北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 鹿部ロイヤルホテル(温泉スタンプラリー30湯目)

<<   作成日時 : 2011/09/11 19:33   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

ホテル恵風を後にして、いよいよ自宅へ戻ります。
何とかもう一ヶ所温泉へ立ち寄って行きたいと思っていますが、時刻は既に17:35分を回っています。

国道278号を森町に向かって車を走らせます。

本来ならばこのまま脇道に入ることなく自宅へまっすぐ向いたいところですが、そこは温泉ファンの性というのでしょうか、ちょっと寄り道して行きます。(笑)

画像


温泉ファンの方であれば皆さんご存じの温泉ですね。



実はここへ立ち寄ったのは良いですが時間の都合で入浴していません。
何とももったいない話です・・・(笑)



さて再びさらに車を走らせます。

こちらの駐車場で一休みします。

画像



間欠泉見学は営業時間が終了していたので、駐車場で一休み後再び出発します。



鹿部町には素晴らしい温泉が数多くあります。

前回鹿部を訪れた時にはこの間歇泉近くにある温泉銭湯「亀乃湯」へ立ち寄っています。

47度の熱湯に浸かった記憶は今でも鮮明に覚えています(笑)



さて、鹿部町には駅があります。

鉄道マニアとしてはそこに駅があれば立ち寄るのが基本です。(笑)

画像



函館本線の支線ですが、通称砂原線と言われています。

画像



特急北斗、スーパー北斗は大沼公園を経由する本線を走行するため鹿部駅を通過しません。

でも唯一ここを走行する優等列車があります。

それは寝台特急「トワイライトエクスプレス」と急行「はまなす」の上り列車です。



さて、段々と日も暮れてきました。

本日最後の湯はこちらに立ち寄ります。

画像



ここを訪れるのも随分久し振りの感じがします。


早速中へ入ります。

画像






入口に営業時間と日帰り入浴料金の案内がありました。

画像



今回は「HO」の無料入浴で利用させていただきます。


ちょうど、夕食の時間帯らしく浴室にはほとんど人がいらっしゃいませんでした。

画像




露天風呂でしばしまったりさせていただきました。

画像




入浴を終え駐車場へ戻ると、既に辺りは暗くなっていました。

画像



ここから自宅まで約300km。

のんびりと帰りましょう。

いつもの事ですが、早朝自宅を出ても寄り道が多いので帰りは日付が変わる直前になってしまいます。





■「鹿部ロイヤルホテル」
http://www.daiwaresort.co.jp/shikabe/



■「鹿部ロイヤルホテル」はこちらです■

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜
この日は随分頑張りましたね〜(笑)
HOという雑誌があればこんな立派なところにも
無料で入れるんですか!
それは凄い!
道内の温泉ファンにとっては魅力的ですね〜
伊豆や箱根にもそういうのがあるといいんですけど・・・
1枚目の写真の温泉はマニアの皆さんが行かれているところですよね
秘湯感がたっぷりあっていいですね〜
一度行ってみたいです!
和友
2011/09/12 12:36
●和友さん
この日は頑張りましたよ〜w
HOは地方に無料対象温泉が多く存在します。次回来道の際は是非利用されて下さい。
でも関東近県でこのようなサービスは難しいでしょうね。
1枚目の写真は「上の湯」ではなく「下の湯」です。(笑)

温泉マン
2011/09/12 17:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





鹿部ロイヤルホテル(温泉スタンプラリー30湯目) 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる