北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS ホテル恵風(温泉スタンプラリー29湯目)

<<   作成日時 : 2011/09/08 09:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

函館での温泉は、陣川温泉、花園温泉の2ヶ所を堪能させていただきました。
最近は1日2ヶ所も入浴すれば体力的に限界なのですが、遠路やって来たのでもう少し立ち寄って行く事にします。


函館市中心部界隈に温泉スタンプラリー対象の温泉がありますが、時間的に連続入浴が辛いので少し郊外へ移動したいと思います。

向かった先は函館市恵山岬町です。

画像


と言うよりも旧椴法華村と言った方がわかりやすいかも知れません。


ここにホテル恵風(けいぷ)があります。

その昔、北海道全湯巡りで訪ねた時は「国民宿舎 恵山荘」でした。

画像




ホテル恵風には日帰り利用できる温泉「ゆったり館とどぽっくる」があります。

画像





入浴料は大人400円、小人200円です。
営業時間は10:00〜21:00(年中無休)です。

画像




それでは早速温泉へ入らせていただきましょう。

画像





こちらが内風呂です。

浴槽には中温湯(41-43度)と高温湯(44-46度)があります。

画像




露天風呂もあります。

画像




頬を撫でる風がとても爽やかです。

画像




温泉近くには恵山岬灯台があります。

ここの眺望も素晴らしいですね。

画像





さて、恵山岬と言えばこの温泉を抜きにできませんね。

画像




水無海浜温泉です。

訪れた時間帯は満潮に近く、浴槽が水没していました。


さて、時間も遅くなって来たのでそろそろ自宅へ戻りたいと思います。

でも途中にはまだまだ立ち寄りたい温泉が目白押しです。

さて、どうなることやら・・・(笑))


■ホテル恵風(ゆったり館とどぽっくる)
http://hakodate-cape.com/index.html



■「ホテル恵風(ゆったり館とどぽっくる)」はこちらです■

http://hakodate-cape.com/index.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
温泉マンさん お久しぶりです。
函館方面の温泉…良いですね。
何度か行ってるのですが、出張の合間に、何湯か訪れただけです。
水無海浜温泉…ここには思い出が…一度は発情期のオス鹿に襲われる寸前になったり、激寒時に、無理して入り、凍えて湯船から出られなくなったり…でも、また、行きたい場所です。
素晴らしいシリーズ…ありがとうございます。
札幌温泉人
2011/09/08 18:24
●札幌温泉人さん
お久し振りです。相変わらず精力的に温泉巡りをされていらっしゃるようですねw
水無海浜温泉ファンも多いですね。
この日も指定されている駐車場に車を駐車せず、温泉入口の階段前に駐車していた車がありました。心ある温泉ファンは決してこのような行為はしないと思います。
この岬の函館寄りに御崎浜の湯がありますが、あまりのマナーの悪さから地元以外の方の入浴が厳しい状態になったと聞いています。一部の方の行動が多くの善良な温泉愛好家に迷惑をかける行為は是非やめていただきたいですね。
温泉マン
2011/09/08 21:25
お久しぶりです!
いや〜すごい偶然って言うか…今日東京駅の「JR北海道プラザ」で北海道各地の観光パンフレットを手に入れてちょうど函館の観光パンフレトにホテル恵風と水無海浜温泉が出ていたのを見てた所だったので実にタイムリーでした。
ホテル恵風と水無海浜温泉は2005年に北海道一周した時に入りました。どちらもとても気持ちのいいお風呂で未だに記憶に残っている温泉の一つですね。
この時先にホテル恵風の温泉に入ったのですが、そこのスタッフの方がとても親切な方で、水無海浜温泉に入ることを薦めてくれた上に丁度いい時間帯を教えて頂き、更に潮が満ちるまでの時間、休憩室で休ませて頂きました。
「水曜どうでしょう」で紹介されていたコトもありますが、水無海浜温泉は特に思い出に残っていますね。
今度の北海道旅行では道南方面には行けませんが、いつか機会があればもう一度訪れてみたいですね〜
永田秀一
2011/09/08 22:06
悲しい現実を時々目にします。
浜の湯は、まだ未訪問ですが、噂どおり、地元の方のみになってしまったのですね。
残念ですが、仕方がないと思います。
自分も、いま以上に、マナーについて、気をつけて行きたいと思います。
札幌温泉人
2011/09/08 22:08
●永田秀一さん
何とも偶然ですね(笑)
北海道には親切な人が多いと言われるのは、北海道人として誇りに思い大変嬉しい事です。
しかしその反面温泉ホテル等の接客が本州に比べ3流と批評される事はとても悲しく思います。私も本州で数多くの温泉ホテルの宿泊経験があるので、それを事実であり否定できないのが残念です。

今後は微力ですが、私の生まれ故郷の活性化ではこの点に留意し多くの方に来て頂けるよう頑張りたいと思います。
温泉マン
2011/09/09 00:05
●札幌温泉人さん
こんばんは。
ブログやSNSの普及がある意味ディープな温泉情報を簡単に知る事ができるようになった事にも起因していると思います。
これも時代の流れと言ってしまえばそれまでですが・・・

一番の問題はコミュニケーションの欠如だと私は思っています。

特に無料温泉で管理人の方がいる場合はその方に対し感謝の気持ちを持って接する事が常識なのですが、最近はそんな常識も通用しない時代になったような気がします。
温泉マン
2011/09/09 00:14
こんにちは〜
温泉スタンプラリー頑張ってらっしゃいますね
1日2ヶ所とは言わずもっともっと頑張って下さい(笑)
道南は遠くてなかなか行けないのですよ
水無海浜温泉はずっと以前から行ってみたいと思ってる温泉です
御崎浜の湯はそんなことになっちゃいましたか
マナーを守らない方がいるんですね
無料温泉の場合は管理している方への感謝の気持ちがホント必要ですよね
もっとも場所によっては管理している方がかなり高圧的だという話も聞いたことがありますが・・・
来年は道東に行こうと思っていますが
いつかは道南にも
特に八雲の銀婚湯、おぼこ荘には是非行きたいですね♪
和友
2011/09/09 15:11
●和友さん
こんばんは。
最近体力の衰えを感じてる温泉マンです(笑)

無料温泉を利用させていただく時は感謝の気持ちを忘れないようにしたいものですね。
確かに無料温泉の中に一部高圧的な管理人の方がいらっしゃるのも事実ですね

銀婚湯は日帰り利用よりは宿泊した方が専用の露天風呂を堪能できます。
おぼこ荘も良いですが、雲石峠を越えた先にある見市温泉もオススメです。
銀婚湯へ行く際は、温泉マニアの方がこよなく愛しているBJ温泉にもお立ち寄り下さい。
温泉マン
2011/09/09 20:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





ホテル恵風(温泉スタンプラリー29湯目) 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる