北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 北日ノ出駅

<<   作成日時 : 2011/08/15 21:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

今回は鉄ネタを紹介させていただきます(笑)
さて、最近自分はなぜ鉄道に興味を持ったのかと考える時があります。
人間誰しも特定の趣味に嵌ってしまうきっかけがあると思います。

私は田舎の農家で生まれ、小さい頃はこれと言った趣味もなく日々周辺の自然に触れ遊び回るのが唯一の楽しみでした。

ある日、田舎町の本屋さんで一冊の国鉄北海道版時刻表を買う機会がありました。
農家の我が家では家族で旅行する事などほとんどなかったので私はこの時刻表を眺め勝手に空想の旅行へ出掛けていました。

そんな事もあり北海道の鉄道事情にある意味大変詳しくなりました。

「大人になったら思う存分列車に乗って旅をしたい」・・・

それが私を鉄道の道へと導いたのだと思っています。


さて、そんな私も社会人になり休みを利用し北海道を始め、時には道外の駅を訪問するようになりました。

鉄道ファンと言ってもそのジャンルは多岐にわたります。

田舎育ちの私にとっては都市圏の駅よりは地方、特に秘境駅といわれる場所に興味を持ち始めました。

2年前のゴールデンウィーク、根室本線にある秘境駅「初田牛駅」を訪問しました。

駅ノートにあったイラストが印象に残り、その事をブログに書かせていただきました。
http://makiken.at.webry.info/200905/article_13.html


偶然にもこの記事内で紹介させていただいたイラストを書かれた方からブログにコメントをいただきました。

その方のお名前は「永田秀一」さんです。
※永田秀一さんはH.Nです。


それ以来、私のブログに訪ねていただきコメントをいただく機会も増えました。

今年6月カミさんと一泊二日の温泉旅行へ出掛けた際、JR北海道石北本線「北日ノ出駅」近くを通りました。

その時の記事がこちらです。
http://makiken.at.webry.info/201106/article_28.html

この記事に前述の「永田秀一」さんからコメントをいただきました。

しかもそのコメントを拝見すると「北日ノ出駅」に私へのメッセージが残されてるとの事・・・


これは是が非でも立ち寄らなくては行けません!(笑)

ということで先日我が家恒例のお盆の墓参りへ田舎へ行った帰り、「北日ノ出駅」を経由し美瑛へ行く事にしました。



さて、北日ノ出駅にやってきました。

画像






先ずはホームの写真を撮ります。

画像




そして駅待合室へ・・・

画像





待合室ベンチにケースに入った駅ノートを発見しました。

画像





こうした駅を訪ね駅ノート読ませていただく事も鉄道ファンにはこの上ない楽しみの一つです。

画像




そして、永田秀一さんの素晴らしいイラストと共に私へのメッセージが記されていました。

画像



永田さん、この度は大変ありがとうございました。

来月来道されるとのことですが、どうぞ素敵な旅となりますことを心より願っています。

鉄道を愛する人って、本当に心優しい人が多いと私は感じています。



■「北日ノ出駅」はこちらです■

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんな感じで紹介されるとちょっと恥ずかしいですね…(きゃ〜!!!)
温泉マンさん、おいらの描いた駅ノートのことはいいですから
もっと北日ノ出駅の魅力を紹介してやってくださいよ(笑)。
旭川方面の始発列車が14時台(!)とか、
時間帯によっては普通列車が停車しないとか、
旭山動物園への最寄り駅なのに全く注目されないとか
今にも崩れそうなコンクリートブロック作りの簡素な駅舎とか…
(あれ?全く褒めてないぞ…(笑))
秘境駅と言うにはちょっと違うんですが、何か不思議な魅力がこの駅にはあるんですよね…
来月北日ノ出駅を訪れた時にまだ駅ノートが残っていたら、また新しい思い出を残したいと思っています。
永田秀一
2011/08/16 01:02
●永田秀一さん
この度はいろいろとありがとうございました。
駅の紹介よりもやっぱり永田さんのイラスト紹介が優先です(笑)

話題が北日ノ出駅なので永田さんも少々興奮気味で「旭川方面の始発列車が14時台(!)とか・・」とコメントされていますが、上川方面の始発列車は14時台ですね。
永田さんの北日ノ出駅に対する熱い思いがヒシヒシと伝わってきます(笑)

私は秘境駅に分類されないこのような駅を「郷愁駅」、そこを訪ねる鉄道ファンを「ロマン鉄」と呼びたいと思います。

そういう方々は広い心を持ち、他人への思いやりに溢れたが多いと感じています。

来月立ち寄られたら是非また新しい思い出とロマンを残されて下さい。
温泉マン
2011/08/16 10:15
温泉マンさま、初めまして。
奇遇ですね。わたしは8月3日に北日ノ出駅を訪れていました。
そして、永田さんのイラストも来てみたのですよ。(記念に写真を撮らせていただきました。
ああ、こんなところで繋がっているんだなと縁を感じますね。^^
くれん
URL
2011/08/17 00:44
●くれんさん
初めまして。
当ブログへご訪問並びにコメントいただきありがとうございます。
くれんさんは北海道の駅巡りの他にダムや岬巡りもされていらっしゃるのですね。

今月北日ノ出駅に立ち寄られていたのですね。
私は田舎生まれの田舎育ちなのでこうした風景がとても好きなんです。
皆さん本当に不思議な縁で繋がっていますね。

こんなブログですがお時間がありましたらまたお立ち寄り下さい。
そして気になる記事がありましたらコメントもお待ちしています。

今後ともよろしくお願いいたします。
温泉マン
2011/08/17 01:38
北日ノ出駅、9月22日に行って来ました!
おいらが置いていった駅ノートがちゃんと残っていくれたのが、何よりでした。
おまけに前のノートの管理人さんがノートの管理を引き受けて頂けるとのことで、こういう部分で北海道の人と目に見えない「絆」が出来たことが個人的にすごくうれしかったです。
おまけに数人の方から駅ノートを設置したことに対しての感謝のコメントを書いて頂き、感動で思わず涙が出そうになりました。
駅ノートって色々な人の旅の思い出をほんのちょっとだけ分けてもらえる不思議なアイテムですよね…
駅ノートを読んでいると、世の中には色々な人がいて、色々な旅をしてるんだなぁ…と感じます。
そして、そこには自分の知らない世界の情報が宝物の地図の様に広がり、読んでいるだけでその場所から更に空想や想像の世界へと旅立たせてくれます。
おいらはそれが楽しくて、無人駅のノートを読むのが好きになったんだと思います。
たまたま訪れた思い出の場所の駅ノートが無くなっていたので、旅の思い出を残せるものになれば…と思い「ノートを置いた」ただそれだけのことだったのですが…、たった1年間でそれなりの人達が思い出を残していってくれたことに、ノートの設置者としてこれ以上の幸せはありません。
これからも北日ノ出駅を訪れた方の素敵な思い出を記してくるノートであって欲しいな…と思います。
永田秀一
2011/09/29 00:15
●永田秀一さん
この度は長旅お疲れ様でした。

今回北日ノ出駅で駅ノートに再開されたのですね。
私も次回訪問が楽しみになってきました。

そして来年機会があればまた北海道へお越し下さい。
次回は温泉で待ち合わせましょうw

それではその日までお元気でお過ごし下さい。
温泉マン
2011/09/29 04:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





北日ノ出駅 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる