北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 十勝三股駅跡(旧士幌線)

<<   作成日時 : 2011/07/07 19:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

三国峠を越えると辺りに民家を見かけることはありません。最初の民家は峠から帯広方面へ13km程走行した三股地区となります。
17年前迄は上川町大雪ダムと上士幌町三股地区は冬期間通行止めでした。



ここ三股地区には1978(S53)年まで国鉄士幌線が走っていました。
(※写真をクリックすると拡大表示されます)
画像


残念ながら私は乗車経験がありません。


後日記事で詳細を書かせていただきますが、下りと上り列車で停車駅が違うという珍しい路線でもありました。
(※時刻表を見ていただくとおわかりいただけますねw)



士幌線は廃線後、鉄道ファン以外からも注目を浴びる路線として今も大変人気があります。


特にコンクリート橋は建設費削減のため現地の砂と砂利を使用したアーチ橋が多く、それらは夏と冬の気温差60度とも言われる過酷な条件下崩壊することもなく土木工学的見地からも高い評価を得ており、ここでの建設技術はその後の鉄道橋建設に受け継がれました。

これらについては今後の記事で詳しくご紹介したいと思います。



今回士幌線終着駅であった「十勝三股駅」跡を訪ねてみたいと思います。

往事はこの周辺で伐採された木材を運搬する重要な輸送機関として活躍していました。

画像


北側に長く開けた場所が存在しているのは、林業全盛時、森林鉄道が乗り入れる土場跡があったとのことです。

そして、この路線は三国峠を越え上川方面へ繋がる計画があったと聞いています。




その後、国内産木材需要衰退とともに営林署規模も縮小され、ここ三股地区も例外でなく人々の流出が続き、やがて士幌線廃線へと時代は流れて行きました。



現在、当時の駅舎は残っていませんが、それを偲ぶ形で遊歩道が設置されています。

画像





それを物語るかのようにベンチ片隅にある物が置かれています。

画像





そうです。「駅ノート」です。

画像



ここを訪れる多くの鉄道ファンの思いが綴られています。



今は、数件の民家が存在しここで生活をされています。

画像






ここ三股地区は鉄道ファンである私を魅了してくれる場所でもありますが、温泉ファンである温泉マンのある意味聖地でもあります。(笑)



それは今や秘湯ファンにとって有名な「岩間温泉」はここが前線基地でした。

最初に訪れたのは今から19年前の夏でした。

画像



当時は訪れる人も少なく本当の意味でも秘湯だったように思います。



今回の記事はどちらかというと温泉より鉄道に関した話題が中心になると思いますが、どうぞご了承願います(笑)






■十勝三股駅跡(旧士幌線)はこちらです■

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ〜!
うわ〜スゴイ偶然ですね!実は仕事が忙しくて1年ほど放置していたブログを
昨日あたりから再開させて、丁度書いたネタが士幌線とタウシュベツ川橋梁の話題だったので、驚きましたよ
 表現方法はちょっと違うけどタウシュベツ川橋梁や士幌線のアーチ橋群が出来た経緯などはおいらがブログに書いたこととほぼ同じだったのでちょっとだけニンマリしました!(やっぱ「上士幌鉄道資料館」で資料集めたり、取材やってて良かった〜!)
士幌線跡は幌加駅は何度も行ってるのですが…何故か十勝三股駅跡は何度も行こう、行こうと思っていながら未だに尋ねることが出来ていません。
駅ノートがあるのなら次回是非訪れてみたいと思います。

PS 温泉マンさん…おいらのブログ、まだ前々回の北海道旅行のまだ半分までの行程しか書き上げていません…そのうちメールにてURLお教えいたしますので、しばらくお待ち下さい。
(ちなみに一般公開していないので、Googleなどで検索しても出てこない様に設定させて頂いています)
永田秀一
2011/07/07 21:51
こんばんは〜

そう言えば国鉄士幌線の糠平発電所前には、
昔はかなりの数の住宅があったようです。
そのほとんどは電源開発の関係らしいですが、
今は自然帰りその痕跡もわからなくなっています。
露天風呂マニア
URL
2011/07/07 22:12
●永田秀一さん
おはようございます。
そんな偶然があったのですねw
以前も士幌線跡を探索したことがあるのですが、今回は土木屋の立場から検証してみようかと思っています。でも最終的には鉄オタ的見解になるかもしれませんが・・・(笑)
駅ノートは傷みが激しかったので、もし行かれるのでしたら新しいノートを持参いただき永田さんのイラストを残して頂けたら嬉しいですね。

永田さんのブログ、楽しみにしていますね。
温泉マン
2011/07/08 05:51
●露天風呂マニアさん
おはようございます。

士幌線関係の資料を見ると、黒石平−電力所前駅間は糠平湖ができる前の旧線、新線の分岐があったりと廃線ファンには垂涎の場所が多いようですねw
資料では国道から黒石平駅に降りる階段が残されているとのことですが、今度ゆっくりと確認したいと思います。
もしかしたらそちら方面に詳しい露天風呂マニアさんなのですでに確認済かもしれませんが・・・w
士幌線跡はいろんな意味でファンの多い場所ですね。
温泉マン
2011/07/08 06:14
本日、十勝三股駅跡と三股山荘に行って来ました!
前日少し夜更かしをして朝寝坊をした為、帯広市内の某BHを出発したのが9時頃で、その後士幌線の駅跡を迷いながら立ち寄ったせいで、三股山荘に到着したのは15時を過ぎていたので、2時間ほどしか滞在できなかったのがちょと残念でしたが、とても雰囲気のいい場所で、可能な限り時間いっぱい楽しんで来ました。
駅ノートは新しいものが置かれていたので、ノートの管理をされている三股山荘の方の許可をもらって三股山荘店内で思い出を記してきました。
今回の旅行は日程が短かったせいもあり、あれこれ詰め込み過ぎたので、目的の場所でゆっくり過ごすことが出来なかったのが反省する点ですが、5箇所ほど駅ノートに思い出を残せた点では、充分目的を果たせたかな?と思います。
三股山荘はまた今度時間があるときにゆっくり立ち寄ってみたいですね…。
あと、かぼすジュース美味しかったです(ケーキセットを注文したかったけど、売り切れでした…)。
PS 黒石平駅に降りる階段見つけて来ましたよ、説明板があったみたいですが、雨に濡れて読めなかったのが残念でした。
永田秀一
2011/09/23 19:30
●永田秀一さん
こんばんは。
十勝三股駅跡と三股山荘に行って来られたのですね。
士幌線界隈を探索しているとあっという間に時間が過ぎてしまいますね。
黒石平駅に降りる階段まで発見されたとなればさぞかし時間が足りなかった事でしょうね。
駅ノートは何かの機会に是非読ませていただきたいと思います。

どうぞまた十勝をお訪ね下さい。
まだまだ魅力的な場所が数多く存在します。
温泉マン
2011/09/23 22:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





十勝三股駅跡(旧士幌線) 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる