北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 田舎道を旭川から上川町層雲峡温泉へ

<<   作成日時 : 2011/06/23 06:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

旭川市東旭川町の「龍乃湯温泉」に入浴した後は上川町層雲峡へ向かいます。

この日はお天気も良く、のんびりと田舎道を走行して行きたいと思います。



走行した路線は「道道140号愛別当麻旭川線」です。

画像





この道路を利用し愛別町の旭川紋別自動車道愛別ICへ向かいます。

何とものどかな風景です。

画像





道路脇にある警戒標識を見て、益々のんびりさを感じてしまいました。

スピードの出し過ぎにご注意下さい!!

画像






愛別から旭川紋別自動車道を利用し上川層雲峡ICへ向かいます。

この後国道39号を利用し層雲峡温泉を経由し「ぬかびら源泉郷」まで向かいます。



上川町市街外れにあるガソリンスタンドに立ち寄り給油します。

画像



この写真にある通り、ここ上川町からぬかびら源泉郷がある上士幌町までの約100km区間にガソリンスタンドがありません。

私同様、上川町から十勝方面(国道273号)へ走行される方はガス欠に十分ご注意下さい。

※国道273号では層雲峡を過ぎるとしばらく携帯電話不感地帯(docomo、au、softbannk、3社全て)を走行しますので、万が一ガス欠になっても携帯が通じません。




■「農作機横断あり」の撮影地点はこの辺りです■

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
北日ノ出駅
今回は鉄ネタを紹介させていただきます(笑) さて、最近自分はなぜ鉄道に興味を持ったのかと考える時があります。 人間誰しも特定の趣味に嵌ってしまうきっかけがあると思います。 ...続きを見る
北海道人の独り言
2011/08/15 21:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
久々にコメントさせてもらいます。
北海道は本州では見かけない道路標識が多くて、それを見つけながらドライブするのも楽しいですよね。
牛が描かれた「牛横断注意」やキタキツネやエゾ鹿の「動物飛び出し注意」(国道273号線の糠平湖周辺でよく見かけますね)などは定番ですが、よく見ると地域によって微妙に絵が違っていたりして、おいらは写真に撮ってその違いを楽しんでたりします。
今回紹介されてた北日ノ出駅近くの「農作機横断あり」の道路標識も去年、同駅を訪れた際に写真に収めています。

ところで今回の看板を紹介したと言うコトは温泉マンさんは北日ノ出駅には行かれたのでしょうか?
もし訪れていましたら、おいらが駅ノートに書き残した温泉マンさんに宛てたメッセージはご覧になられましたでしょうか…?
(あの駅ノートまだ残ってればいいのですが…)
北日ノ出駅は何か毎回訪れたくなる不思議な魅力のある駅ですね!
(そう思うのはおいらだけかな?)
永田秀一
2011/06/24 19:47
●永田秀一さん
ご無沙汰しています。
永田さんのコメントがしばらくなかったので寂しかったですよw

永田さんも地域オリジナルの標識をチェックされているのですね。
北日ノ出駅近くの「農作機横断あり」も撮影済みとは流石ですね。
ただ今回は時間の都合で先を急いでいたので北日ノ出駅には立ち寄っていません。
私宛のメッセージが残されていたのですね。それは大変失礼しました。
旭川・愛別方面は温泉スタンプラリーの関係で再訪予定ですのでその際必ずチェックさせていただきます。
永田さんが毎回訪れたくなる駅でしたらきっと私も同じ感覚に駆られるのではないでしょうか。
私はそのような駅を訪れる鉄道ファンを「ロマン鉄」と呼ばせていただいています。
永田さんもきっと鉄道ロマンに溢れるお人柄と勝手に想像させていただいています。

話は変わりますが、ブログ開設5周年記念で温泉マンオリジナルタオルor温泉マンメモ帳が当たるキャンペーンを実施しています。
明日(6/25)の深夜24時が締切ですのでよろしければご応募いただけたら嬉しいです。
それでは今後ともよろしくお願いします。
温泉マン
2011/06/24 22:42
あらら…北日ノ出駅には立ち寄らなかったのですね…残念。
まぁ内容は他愛の無い旅行紀メモと、オタ臭いイラストを描いて端っこに
「温泉マンさんに捧ぐ」なんて書いてあるくらいです(笑)。
今回立ち寄った際、以前あった駅ノートが無くなっていたので、たまたま持っていたノートをクリアファイルボックスに入れてボールペンになるシャーペンと消しゴム、シャーペンの芯をセットにして寄贈して来ました。
たまたま駅ノート関連のサイトがあったので、掲示板に北日ノ出駅に駅ノートを寄贈したことを書き込むと、以前同駅の駅ノートを管理していた方から感謝の書き込みがあり、おいらが寄贈した駅ノートを管理して頂けることになりました。
たまたま気が向いただけのコトですがこういう形で「絆」みたいなモノが出来てしまい、また北日ノ出駅に行く理由が出来た様な気がしました。
「取っていいのは写真だけ、残していいのは足跡だけ」という旅の基本を守りつつこういう『駅ノート』という形での「足跡」を思い出の地に残して、少しでもその場所を訪れる方と旅心を共有していけたら…いいなとおいらは思います。
(おいらが寄贈した駅ノート、いつまでも残っててくれたらいいのですが…)

PS 北日ノ出駅の近くの宿に泊まった際に宿の方の紹介で東川町にあるキトウシ高原ホテルのトロン温泉に入りました。すごく温まって温泉から上がっても2時間くらいは体がホカホカしてたのを覚えてます。

永田秀一
2011/06/25 22:16
●永田秀一さん
次回、北日ノ出駅訪問が益々楽しみになってきました。
秘境駅や無人駅を真に愛している人ってマナーの良い人が多いですね。
でも一部マニアの悪行が全体のイメージを悪くしています。
これは鉄道に限らず他のジャンルでも共通している事だと思います。

キトウシ高原ホテルの温泉へ立ち寄られたのですね。
温泉も人それぞれ好みがあるので自分に合った温泉選びが重要ですね。
それは単に泉質だけでなく周りの環境や従業員の対応だったりします。
自分が満足できる温泉に出会った時、それは温泉の効能以上に体に良い効果があります。

これからの駅巡りに加え北海道の名湯にもお立ち寄り下さい。
温泉マン
2011/06/26 01:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





田舎道を旭川から上川町層雲峡温泉へ 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる