北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「気付き発見」の旅 その12 肥薩線 #1「熊本駅→人吉駅」編

<<   作成日時 : 2011/06/12 11:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

熊本駅で九州在来線の予約きっぷを発券の後、熊本駅近くでラーメンをいただきました。
お腹も一杯になったところで、そろそろ乗車ホームへ向かいたいと思います。


私が乗る特急列車は熊本駅1番線から発車となります。

画像




こちらが「特急くまがわ3号」、人吉行です。

画像





特に同行者の方と約束していた訳ではないのですが、席に着くとそれぞれの手には列車の旅に欠かせない例の物が・・・(笑)

画像




今回の同行者の方で、お酒特に日本酒に詳しい方の話によると、日本酒の南限がここ「熊本」とのこと。

確かに、駅売店に並んでいたお酒の中心は日本酒ではなく「焼酎」でした。


他の同行者の方は新幹線開業記念ビールでした。
ブログネタとしては最高ですね(笑)

画像



車窓を眺めながらミニ宴会の始まりです。


熊本を出発し、途中新八代、八代と停車します。

新八代には新幹線の駅もあるためここから肥薩線へ乗り入れる事ができます。
今回乗車した新幹線みずほ603号は新八代に停車しないため熊本からの乗車となりました。



熊本から乗車すること27分、八代駅に到着です。

八代駅は今回の旅の目玉である肥薩線起点駅です。

画像




これより肥薩おれんじ鉄道と分岐し球磨川沿いの絶景を堪能できる肥薩線へと入って行きます。

肥薩おれんじ鉄道は元々、新幹線が開業前は鹿児島本線の一部だったのですが、新幹線開業とともにJR九州から経営分離され、熊本県や鹿児島県などの沿線自治体および日本貨物鉄道(JR貨物)が出資する第三セクター方式の鉄道会社として誕生しました。

とは言え、今回乗車した肥薩線は昭和2年(1927)迄鹿児島本線であり、その後肥薩線と改名した歴史を有しています。



今回それほど多くの方が乗車されていませんでした。

画像





列車は球磨川沿いを縫うように走行し、窓から素晴らしい景観を望む事ができます。

画像



私を含め同行者全員が今回初めての肥薩線乗車です。

同行者の方もこの車窓からの景色に感動されていました。

今回の旅に肥薩線を組み入れたのは大正解でした。




主要な観光ポイントでは同乗している女性アテンダントさんから解説もあります。

画像




女性アテンダントさんはお客様に対するサービスの一つとして気軽に記念撮影に応じてくれます。

おじさんにはとても嬉しいサービスです。(笑)

画像





熊本を出て1時間と26分、美味しい焼酎を飲みながら球磨川の絶景を眺めていたら、もう終点の人吉駅に到着です。


憧れの肥薩線の旅第一弾である「熊本→人吉」は天候にも恵まれ大満足の旅となりました。

画像




人吉駅では列車に乗り換え、いよいよスイッチバックにループ線、そして日本三大車窓のある区間へと向かいます。

鉄道ファンならずともこの先がとても楽しみです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





「気付き発見」の旅 その12 肥薩線 #1「熊本駅→人吉駅」編 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる