北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 空知創造観光ツアー #9 太郎吉蔵(滝川市)

<<   作成日時 : 2011/03/31 06:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

「空知創造観光ツアー」一行は、今宵の宿泊先である滝川市へ移動します。
ホテル到着前に「太郎吉蔵(たろきちぐら)」へ立ち寄ります。


※到着時周辺が暗かったため、建物の全景は過去に撮影した写真で紹介します。
画像




「太郎吉蔵(たろきちぐら)」とは
滝川駅近くにある太郎吉蔵は、商業地として繁栄を誇った頃の歴史を伝える貴重な建築です。

1926年に五十嵐太郎吉*(1879〜1937)が五十嵐酒造店の醸造米の貯蔵倉庫として建設し、銘酒「滝の誉」と「滝の友」を売り出しました。
美瑛軟石と推定される木骨石造り約170平方メートルの建物で、戦後、醸造業から撤退した後は食料品問屋、株式会社五十嵐商店の倉庫として1970年まで使われました。少年・五十嵐威暢とその友人達の人気の遊び場でもありました。

多くの貴重な建造物が取り壊される歴史の中で、2004年、私達は先ず、この蔵を魅力的なプラグラムが展開される空間として再生し、芸術イベントの開催、五十嵐アート塾の会場、さらには地元を始め、希望の方々に貸しホールとして使っていただく活動を始めました。
※NPO法人アートチャレンジ滝川より「太郎吉蔵」から引用


五十嵐威暢氏は滝川出身であり、多くの人が幅広い分野のデザインやアートに触れ、親しみ、学んでいただくことで、デザインやアートの存在を地域の共有の財産とすることを目的としてこの施設が保存されNPOによって運営されています。

五十嵐威暢氏は多くの著名なデザインを制作されていますが、代表的な物としてJR札幌駅南口にある「星の大時計」があります。

画像




「空知創造観光ツアー」で訪れた日、太郎吉蔵では今や滝川冬の名物となった「紙ランターン」が展示されていました。

画像






ツアー参加者は「太郎吉蔵」の歴史を含め、アートチャレンジ滝川の活動について説明を受けました。

画像





先に立ち寄って来た「アルテピアッツァ美唄」もそうでしたが、空知には芸術・文化を発信している素晴らしい場所があることがわかります。


今回のツアーでは「芸術文化の空知」という一面を改めて知らされました。



■NPO法人アートチャレンジ滝川
http://www.act-takikawa.or.jp/index.shtml


■「太郎吉蔵(たろきちぐら)」はこちらです■

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜
滝川にこんなところがあったんですか!
全然知りませんでしたが
この倉庫の外観はもしかすると見たことがあるかもしれません
昔は滝川の街は商都として繁栄していたんですね
空知から芸術・文化を発信していくことは本当に素晴らしいことです♪
以前は確か音楽が盛んだったような気がします

こちらは自粛ムードが漂っています
イベントの中止も相次いでいますし
箱根などの観光地も閑散としているようです
停電になったらと思うとなかなか温泉には行けません
まもなく暖房がいらなくなるので解消されるようですが・・・
冷房需要が高まる真夏には大変なことになってしまうようです
被災された方のことを思うと我慢しなければなりませんね
和友
2011/03/31 15:17
●和友さん
こんばんは。
滝川には一般的に知られていない観光スポットがまだまだ一杯あります。
今回ツアーでは夜の飲食店訪問はありませんでしたが、個人的に三楽街(滝川夜の繁華街)で高校時代の同級生と飲みましたが、多くの人で賑わっていたのには驚きでした。
東北大震災の影響で旅行自体が自粛モードになっていますが、あまり過度に萎縮してしまうと日常の経済活動が停滞し生活できなくなってしまう事になりかねません。
北海道観光も震災以降多くのキャンセルで観光地は悲鳴をあげています。
被災者の皆様を応援する気持ちの日本国民全員の祈りであり願いだと思います。
節度ある旅行はどんどんと行ってほしいと思っています。
温泉マン
2011/03/31 23:19
こんにちは、地元滝川の住民です。
市外の方に滝川のPRをしていただきありがとうございます。
滝川には味付きジンギスカンの発祥の地とわりあい有名な面もありますし、数年前よりジンギスカン丼などの料理もでていますが、いまひとつ色々なイベントの地元住民への参加PR不足があります。
一昔前まで”しぶき祭り”もありました、雪中綱引き大会も縮小気味、今は相撲横綱・・・です。
北乃藤
2011/04/18 16:56
●北乃藤さん
こんにちは。
コメントありがとうございます。
滝川と言えば「ジンギスカン」というイメージが強いですが、それ以外にも数多くの観光スポットやB級グルメも存在します。
イベントは地域住民だけが盛り上がるのではなく、他地域からいかに多くの方に参加いただき地域住民と触れあっていただけるかがキーポイントです。
私も微力ながら滝川を含め空知の活性化に今後も尽力させていただきたいと思います。
これからも当ブログへの訪問とコメントをよろしくお願いいたします。

温泉マン
2011/04/18 18:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





空知創造観光ツアー #9 太郎吉蔵(滝川市)  北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる