北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010温泉探訪 #4 「野付温泉浜の湯」、「川湯温泉」、「コタン露天風呂」

<<   作成日時 : 2010/12/28 18:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

道東に住むブログ仲間であるこちらの方から休業していた温泉が再開になったと連絡をいただきました。
その温泉とは別海町にある「野付温泉浜の湯」です。


昨年5月訪問時は休業していたのですが12月に再開となったようです。

以前から気になっていたので再訪しようと思っていたのですがそう簡単には行けません。

というのも我が家から片道450kmあります。(笑)


したがって日帰りでという訳にはいきませんので、カミさんを連れ1泊2日の行程で行く事にしました。


朝7時に自宅を出発したのですが、途中あちらこちらに寄り道をしたため目的の「野付温泉浜の湯」に着いたのは自宅出発から9時間後の午後4時過ぎでした。

正面





営業時間の掲示がありました。

営業時間





こちらが浴室への入口です。

のれん





訪問時、私以外にお客様が一人だけいらっしゃいました。

その方が露天風呂にいらっしゃったので先ずは内風呂を撮影させていただきました。

内風呂





露天風呂にいらっしゃった方が内風呂へ戻られたので今度は私が露天風呂へ。

露天風呂





このひとときが何ともたまりませんねぇ〜(極楽、極楽)

浜の湯露天・温泉マン


その昔はこの露天風呂に水車がありましたが今はなくなっていました。



野付浜の湯を堪能した後はこの日の宿泊地である「川湯温泉」へと向かいます。


今宵の宿は「きたふくろう」です。

きたふくろう




もちろん川湯温泉の宿は「源泉掛け流し」です。

掛け流しの宿





露天風呂の雰囲気もいいですね。

露天風呂




お庭の木々を眺めながらの露天入浴。何とも癒されますね。

きたふくろう露天・温泉マン











さて翌日自宅へ戻る前にも温泉へ立ち寄って行きます。

過去に何度か入浴経験のある「コタン露天風呂」です。

コタン入口





それでは失礼して入らせていただきます。

コタン露天入浴


周りの風景も目に優しくとてもリフレッシュできました。



コタン露天風呂の多くが湖畔に向かって撮られている写真が多いのですが、湖畔側から撮るとこんな感じです。

湖畔側からの露天風呂




この露天風呂は弟子屈町の有志の方が一ヶ月の歳月を掛け手作りされたものです。

入浴料は無料となっています。

マナーを守り製作いただいた有志の方々に感謝し入浴させていただきましょう。




ちなみにこの露天風呂は近くの工芸家小川充洋さんが管理されています。

民芸店


是非お店の方にも立ち寄ってみてはいかがでしょうか。



やっぱり温泉っていいですね。







●「野付温泉浜の湯」
営業時間:10:00〜22:00
定休日: 毎週火曜日
電話:0153-86-2600


■「野付温泉浜の湯」はこちらです。









■「コタン露天風呂」はこちらです。












テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





2010温泉探訪 #4 「野付温泉浜の湯」、「川湯温泉」、「コタン露天風呂」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる