北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 空知の温泉 妹背牛温泉「ペペル」

<<   作成日時 : 2010/08/14 04:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

空知の温泉でどこが好きですか? と聞かれたら迷わず妹背牛温泉「ペペル」と答える私温泉マンです。(笑)

ペペル正面

それは私の生まれ故郷にある温泉である事も理由の一つですが、地元はもちろん全道から多くの温泉ファンが訪れる名湯だからです。



まぁ、最近貴重な存在となった「源泉掛け流しの湯」である事が一番大きな理由かもしれません。

掛け流し説明

以前関係者の方に聞いた事がありますが、源泉掛け流しである事は多くの温泉ファンに訪れていただけるメリットの他に、加温しない分、燃料などの経費がかからないため温泉経営の負担が軽減されるとの事でした。


そう言われて見れば、最近源泉温度の低い温泉施設の休業や廃業を多く耳にするようになりました。



妹背牛温泉は最初の掘削(1号井戸)で38度のお湯が自噴しました。


当時その湯温に関し議会で議論になりました。

それは将来の温泉施設の安定的運営を考えると、もう少し高温の湯脈でなければ今後永久に掛かる加温経費が重荷となるのではとの点です。


議会では議論の末、もう1本深い掘削を決断したと当時町議会議員だった知人の方から聞いた事があります。

それは今だから言えますがある意味ギャンブル的要素が大だったとの事です。



結果論になりますが、もう1本の湯脈にチャレンジしていなければ燃料費に圧迫され安定的な運営ができなかったかもしれません。





我が家先祖代々のお墓はここ妹背牛町にあるため、毎年お盆やお彼岸には必ずといって良いほど立ち寄る場所になっています。


のれん





生まれ故郷を離れて37年になる私ですが、温泉の休憩室で休んでいると時々当時お世話になった地元の方とお会いする事があります。


声を掛けられる時は決まって私の姓ではなく名前の方です。

しかも「○○ちゃんでないかい?」と・・・・

休憩室

故郷を離れ長い年月が経っても、こうして声を掛けていただけるのはとても嬉しい限りです。

当時悪ガキだった後輩も今では立派な大黒柱になっているし、お世話になったおじさん、おばさんは「ひ孫」もいるおじいちゃん、おばあちゃんになっています。

そんな姿を見ると時の流れと自分の歳を感じてしまいます。


しかしそんな触れ合いがある故郷ってありがたいですね。


こうした田舎の温泉は地域の貴重なコミュニティの場として活用されています。




今年もお盆もシーズンとなりました。


今年はどんな人との出会いが待っているでしょうか。





「頑張れ空知!!」


私も応援します。






住所は
〒 079−0501
住所 北海道雨竜郡妹背牛町字妹背牛5208番地の1
TEL 0164−32−4141
午前10時〜午後10時(年中無休)

※駐車場あり


●妹背牛温泉「ペペル」 ※妹背牛町ホームページより
http://www.town.moseushi.hokkaido.jp/kankou/onsen.html

※2017年、URLが下記に変更となりました。
http://www.town.moseushi.hokkaido.jp/kankou/onsen/peperu.html

■妹背牛温泉「ペペル」はこちらです。











テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ほったらかし温泉でのんびりしたい
今朝3時か4時くらいに突然激しい雨が降り出して、「こりゃもう一日終わったな」なんて思っていたらすぐに止んでくれて今もその状態が継続中の関西。折角の土曜に雨なんてイヤですからね。このまま持ちこたえてもらいたいものです。 ...続きを見る
季節のイラスト素材屋ブログ
2010/08/14 10:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめて書き込みさせてもらいます。(^^;
8/20に私もここを訪れました。たまたま近くの道の駅に置いてあった冊子に
ペペルのクーポン券が付いていて\500→400になったもので。
予想以上に良い施設でしたねぇ。

あと、過去の記事で「野付温泉・浜の湯」がありましたが、
私も毎年訪れていた好きな温泉の一つで…

ここ数年営業されてなく「廃業?」と思ってましたが、
近くのお店で尋ねたところ最近再開されたそうです。
訪れた日が定休日だったので入浴は出来ませんでしたが。(苦笑)
やす@長岡
2010/08/25 15:42
●やす@長岡さん
初めまして。
ようこそ当ブログをお訪ね下さいました。
ペペルは私の生まれ故郷にある温泉なので人一倍愛着を感じています。
源泉掛け流しで飲泉までできる極めて貴重な温泉です。

野付温泉・浜の湯は昨年の12月に再開しました。
今年5月に私も行ってきました。
http://makiken.at.webry.info/201006/article_5.html
久し振りの浜の湯は最高でした。

是非やす@長岡さんも次回北海道訪問の際はお訪ね下さい。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
温泉マン
2010/08/25 16:27
浜の湯の件ご存知でしたか。失礼致しました。(^^;
5月のブログを拝見しましたが、懐かしい浜の湯の光景が見れて
良かったです。
気になったのは露天風呂に水車がなかったことと、
休憩スペースに大量にあった色紙が見えなかったことでしょうか。

日体大の色紙(夏季合宿)が多く、温泉で箱根駅伝の裏話などを
聞いたことがありました。
次に訪れた際は入浴したいです。(^-^)/
やす@長岡さん
2010/08/26 13:49
●やす@長岡さん
こんにちは。
確かに再開になった浜の湯の露天風呂に水車がありませんでした。
野付浜の湯と言えばあの水車がシンボル的存在だったのでちょっぴり残念です。

夏季合宿の件は私も聞いた事があります。
是非、やす@長岡さんも次回はゆっくりと野付浜の湯をご堪能下さい。
温泉マン
2010/08/26 16:43

コメントする help

ニックネーム
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





空知の温泉 妹背牛温泉「ペペル」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる