北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 北海道・最北の無人駅 「抜海駅」

<<   作成日時 : 2010/08/27 06:23   >>

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 1 / コメント 12

昨日、NHK総合TVで19:30から放送された、にっぽん紀行「何もないから良いのです。〜北海道・最北の無人駅〜」
鉄道ファンの私は大変興味深く拝見しました。



TVで紹介されたのはJR北海道宗谷本線にある「抜海駅」です。

駅全景

今回の番組では最北の無人駅として紹介されましたが、最北の木造駅舎でもあり最北の秘境駅でもあります。


番組タイトルにもありますが

「何もないから良いのです」


私はこの感覚を大変良く理解できます。



私が無人駅や秘境駅に魅力に惹かれていったのもそんな感覚からかもしれません。




待合室も広々としていますが人影はありません。

待合室



番組内でも紹介されていましたが、ここ抜海駅の主たる利用者は駅近郊に住む高校生です。

あとは私のような鉄道ファンが多いようです。

駅舎裏





今回番組では通学生でも鉄道ファンでもない方の来訪が紹介されていました。

ホーム全景

ホーム

人それぞれ、人生の荷物を背負いこの駅を訪ねる人が多いのです。

ただ何をする訳でもなく、駅周辺を散策したり、駅ホームに座り込み人生を見つめ直す人・・・

一般の観光客が興味を示す物は何も存在しません。


こうした駅には通称「駅ノート」と言われる物が置いてあります。

ここに降り立った(立ち寄った)人々がその時々の気持ちを書き綴ったものです。




今の時代携帯電話やパソコンからツイートすれば全世界の人々に瞬時にかつ一斉に伝える事もできます。

しかし、ここには現代のIT化社会とはかけ離れたアナログの世界があります。
こうした駅にはそれがとても良く似合っています。


それは愛の告白を電子メールではなくラブレターに認める感覚に似ているのかも知れません。





考えて見れば私も多くの無人駅や秘境駅を訪問していますが、こうした駅を訪ねた時私も少なからず今まで歩いて来た自分の人生を振り返っていたのかもしれません。

駅名票

JR北海道にすれば採算の合わない赤字駅かも知れませんが、多くの人々の心を支えている大変貴重な駅だと言えます。



昨日の番組は鉄道ファンの域を超えた素晴らしい番組だったと思っています。




益々鉄道駅の魅力に引き込まれてしまった私です。(笑)



番組では紹介がありませんでしたが、ここ「抜海駅」は映画「南極物語」でも登場します。
高倉健が降り立った駅としても有名です。




皆さんも一度訪ねてみませんか?






■「抜海駅」はこちらです。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
東京・群馬の旅 #17 最終回 「旅の考察」
先月出掛けた、東京・群馬の旅を16回にわたりお伝えしてきました。 今回その総括として旅の考察について書いてみたいと思います。 ...続きを見る
北海道人の独り言
2010/12/23 14:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
おいらも秘境駅の魅力に魅せられた「ダメ鉄ちゃん」の一人です(笑)
昨日のNHKのにっぽん紀行…残業で見ることが出来ず残念です…(BSで再放送してくれることを祈りましょう…)
抜海駅はホント何も無い(と言われてる)駅ですが、その駅舎の存在感はこの地域ではとても大きなモノだと思いますよ
オロロンラインを北上して稚内を目指す時についつい寄り道してしまいます。
都会の人(特に旅行や鉄道なんかに興味のない人)からすると、こんな駅に意味なんかないじゃないか!って簡単に言いそうですが…
秘境駅や廃線跡(廃駅)などの場所に実際に行き、その場所に立つと結構色々なことを感じたり、想像できるのがこの手のモノの魅力だとおいらは思っています。
まぁ感じ方は人それぞれなので批判的な人がいるのも確かなコトですが、こういうモノに心を動かされたり、ときめいたりした感覚は自分だけの「宝物」として大事にしたいですね…

さて…来月のSWにこの駅を訪れた時に、おいらはどんなことを感じたり、思ったりするのでしょうか?
…今からワクワクしています。
永田秀一
2010/08/27 08:12
●永田秀一さん
昨日の番組は秘境駅としての抜海駅を別の視点から捉えた素晴らしい内容だったと思います。
こうした何もない空間に多くの人が心惹かれる様子が良くわかりました。

永田さんも来月訪問されるのですね。
きっとその頃は吹く風も少々寒い秋の風になっていることと思います。
温泉マン
2010/08/27 10:54
ここを走るキハ54もナカナカいいですな〜o(^-^)o
北のテッチャン
2010/08/27 12:04
●北のテッチャンさん
おっしゃられる通りこの駅にはキハ54がお似合いですね。

ただ昨日の番組で臨時列車を仕立てて秘境駅ファンが押し寄せた光景を見て、ちょっぴりがっかりしてしまいました
温泉マン
2010/08/27 12:20
私も昨日、見ました。

新しい仕事か、新しい家庭か、悩んでいる人が出てました。
何もないから、深く考えられる場所・・・

最後に「仕事だけが人生ではない…」
良い言葉でした。
こうちゃんず
2010/08/27 12:36
●こうちゃんずさん
初めまして。
昨日ご覧になられたのですね。
私も、男性が「仕事だけが人生ではない…」と言いバイクにまたがり島へ戻って行った場面は感動しました。
温泉マン
2010/08/27 20:38
NHKの番組を見てとても感動しました。まるで映画の幸福の黄色いハンカチみたいで
私も行きたいです
旅に出たい男
2010/09/14 18:12
●旅に出たい男さん
宗谷本線には抜海駅以外にも何にもない駅が数多く存在します。
旭川から北上し抜海駅迄その感動を是非味わって下さい。
温泉マン
2010/09/14 22:47
只今、稚内市内の某旅館からこの書き込みをやってます。
今から6時間前に抜海駅に立ち寄って来ました。初田牛駅みたいに誰もいない静かな無人駅で癒されることを期待して立ち寄ったら、さすがSWだけあって、おいらがお邪魔した1時間半の間に約20人もの人がやって来ました。そのほとんどの人が車(レンタカー)やバイクでやってくる旅行中の方ばかり…(おいらもその中の一人ですが…)
こんな何もない駅(それも列車の来ない時間帯にも関わらず)に次から次へと人がやって来ては、その素朴な駅舎の姿を写真に収めて立ち去って行くのですが…その殆どの人が例のNHK番組で紹介されてたから…と話していました。
やはりTVの影響は凄いなぁ…と思いました。
ただ…個人的には無人駅に他の人がいるとゆっくり落ち着いて駅ノートを書く(描く)ことが出来ないので、あまりのんびりとすることが出来なかったのが残念でした。
とりあず今回もくだらない意味なしイラストと一緒に書き込んでおきました。
温泉マンさん、もしまた抜海駅を訪れることがありましたら、おいらの書き込みを探してみて下さい。
PS 明日はサロマ湖あたりまで走る予定です。今日みたいないい天気だといいんだけどなぁ
永田秀一
2010/09/19 22:22
●永田秀一さん
お疲れ様です。予定通り抜海駅を訪ねられたのですね。
予想外に人が多かったようですね。
次回駅ノートを見るのが楽しみにしています。
この先も安全運転でお過ごし下さい。
温泉マン
2010/09/19 23:59
9月6日から一週間北海道へ行ってきました
自分は14時半頃着いた列車で来ましたがやはり降りたのは二人の学生と自分だけでした。彼らは向かいの車でさっさと駅から離れていきましたが自分ひとりこの駅とその周辺を満喫することができました
普段、抜海と180度違う大田区蒲田に住んでる一人として
言葉にはできない感動があったのを今でも心に焼き付いてます
二時間程度でしたが他の旅行者とは遭遇せず抜海という場所を体感できたことを今後も忘れることのない思い出になりました
16時半頃に着た稚内行きに乗り込んだ際に見たサンセットにまた感動し南稚内でスーパー宗谷に乗り込み札幌へ向かいました
車内から再び抜海の駅を通過したときまたここに来ることを自らに誓い宗谷本線を後にしたのでした
大田区蒲田の住人
2010/12/02 22:49
●大田区蒲田の住人さん
初めまして。当ブログへのご訪問並びにコメントをいただき誠にありがとうございます。
9月に抜海駅を訪問されたのですね。
普段札幌近郊に住む北海道人の私にとっても抜海駅の空間は別世界に感じます。
東京という大都会にお住まいの方にとっては本当に異次元の世界に感じられたことと思います。
抜海駅同様、静かな環境の駅は数え切れないくらい北海道には存在しますのでどうぞまたお訪ね下さい。
今後もお時間がございましたら当ブログへもまたご訪問下さい。
温泉マン
2010/12/03 15:32

コメントする help

ニックネーム
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





北海道・最北の無人駅 「抜海駅」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる