北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京出張 #16 湯西川温泉

<<   作成日時 : 2010/07/23 08:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

東武日光駅から電車と路線バスを乗り継ぎ湯西川温泉にやってきました。
途中平野部から山中へと入って行く感じが秘湯への旅情をかき立ててくれます。


今回お世話になる宿は湯西川温泉「本家伴久」です。
ここは平家ゆかりの里で三百余年の歴史を持ち現在の当主は平家直系二十五代目となります。

今回、そんな由緒ある老舗旅館の風情を味わいたく訪ねてみました。


そしてこの旅館に決めた理由がもう一つあります。

それは今回とある有名なホテル予約サイトを利用したのですが、そのクチコミ情報が基本的にかなりの高得点になっているのですが、中にはかなり厳しい評価を付けられている方がいらっしゃいます。

何故か今回この両極端さが気になり自分の目で確かめたくなりました。

さて、その顛末は・・・





路線バスのバス停は宿の真ん前にあります。


入口の門にもその歴史の深さを感じます。

入口の門




こちらが今回お世話になる宿です。

玄関正面




客室も古木を利用した造りになっています。

客室

鉄筋コンクリート造りの立派なホテルも良いですが、時にはこうした歴史感ある木造の宿もいいもんですね。


浴槽も特に大きくも小さくもなく静かな環境の中入浴することができます。


私は川沿いにある露天風呂が大好きです。

川のせせらぎを聞きながらの入浴は日頃の疲れを癒してくれるからです。

露天風呂





温泉を堪能した後はお楽しみの夕食です。

夕食会場は建物裏手にありこちらのかずら橋を渡って行きます。

かずら橋

これは訪れる者の記憶に残る演出になっていますね。




夕食会場には囲炉裏が数多く並んでいます。

夕食膳

こちらはお品書きが添えられたお膳です。



さらにこちらの囲炉裏料理も付いています。

囲炉裏料理


夕食をいただく雰囲気としては最高だったのですが、ちょっと残念に思った事があったので少し辛口の意見になりますが書かせていただきます。



今回こちらの宿に泊まるのは初めてですが私は過去に栃木県内の別の宿で囲炉裏料理を食べた経験があります。

平家高原

大変申し訳ありませんが私的には以前食べた囲炉裏料理の方が美味しかったように思います。


また、夕食会場片隅で料理人の方が天ぷらを揚げていたので、揚げたての天ぷらをいただけると期待していたら私の手元に運ばれて来たときはすっかり冷めていました。

せっかくの素晴らしい各種演出がどこがチグハグで少し残念な気がしました。

そんな訳で正直夕食はがっかり感が大きかったように思います。




翌朝、チェックアウト前に宿の近くを散策してみました。

自然溢れる景観はとても癒される素晴らしい場所です。

川沿いの温泉街


川のせせらぎに新鮮な空気、何とも癒される場所です。



温泉街にあるお土産屋さんにも立ち寄ってみました。

お土産屋さん


しかし、温泉街を歩いていて思ったのですが何か物足りなさを感じました。



それは温泉街の連帯感活気を感じることができなかった点にあるかもしれません。


大変素晴らしい環境にある温泉でありながら温泉街全体の盛り上がりを感じる事ができなかったのはちょっぴり残念でした。


この点は北海道の温泉地でも多く見受けられる点です。

温泉地が多くのお客様で賑わうには温泉街全体の連携が必要ではと感じています。



あらかじめお断りしておきますが、私が言う温泉街の活気とは賑やかさという意味ではなく、地域の活き活き感を指しています。



温泉に限らず地域の元気回復に何が必要か、それは今回の温泉訪問で少しヒントをいただいたように思います。





●「湯西川温泉 本家伴久」ホームページ
http://www.bankyu.co.jp/




■「湯西川温泉」はこちらです。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます
湯西川に行かれたのですね
ボクも伴久に泊まったことあります
歴史を感じさせるなかなかいい宿だと思いました
ところでご存知かも知れませんが
もう少し足を伸ばすと奥鬼怒四湯というのがあります
その中のひとつ加仁湯はボクが秘湯巡りをするきっかけになった温泉なんですよ
白濁したお湯もいいですし
露天風呂の雰囲気も最高ですね〜
加仁湯はボクのお気に入りの中でもかなり上位にランクされてます
http://www.naf.co.jp/kaniyu/
近くにある八丁の湯もとってもいいトコですよ♪
http://www.8tyo-no-yu.co.jp/
和友
2010/07/23 09:04
●和友さん
いつもコメントありがとうございます。

奥鬼怒四湯のご紹介ありがとうございます。
今回は時間の都合で行けませんでしたが是非一度訪ねてみたいと思います。
温泉マン
2010/07/23 09:36

コメントする help

ニックネーム
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





東京出張 #16 湯西川温泉 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる