北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 夫婦で道東ぶらり旅 #7 名湯の森ホテル「きたふくろう」

<<   作成日時 : 2010/06/08 00:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

自宅を朝7時に出発した夫婦で道東ぶらり旅も、12時間後に今宵の宿に到着しました。


久し振りに川湯温泉に宿泊させていただきます。


北海道には「源泉掛け流しの温泉」が数多く存在しますが、一軒宿の温泉地を除けば私的には「ぬかびら源泉郷」とここ「川湯温泉」が思い浮かべられます。




今回川湯温泉の中で選んだお宿は名湯の森ホテル「きたふくろう」さんです。

ホテル前


もちろん自家源泉100%掛け流しの湯です。

源泉掛け流しの宿


今回選択した宿泊プランは温泉を楽しむ事がメインですので「お仕事お疲れ様です!!1泊2食付☆ビジネスプラン☆ 」です。

料金も大人1名6,500円と大変リーズナブルです。

嬉しい事にこの料金は土曜宿泊でも同じ料金なのです。





玄関マットもふくろうが歓迎してくれます。

玄関マット




夜の到着だったため浴室の写真は翌朝の様子をご紹介します。



こちらが男湯の暖簾です。

お湯自慢が暖簾に表れていますね。「名湯」の文字があります。

男湯のれん




内風呂は湯気が多くうまく撮影できませんでした。

内風呂




内風呂から露天風呂が見えました。

内風呂から露天を見る





露天浴槽はそれ程大きくはありませんが私的にはこれで十分です。

内風呂全景・横から

湯量に見合った浴槽の大きさが大切なのです。

某温泉地では浴槽を大きくしたため加水や循環している所もありますね。
これでは本末転倒です。






目の前の木々が何とも目に優しい感じがします。

露天浴槽





フクロウと木々もいい雰囲気を醸しだしています。

露天の木々とフクロウ





露天風呂の湯口を見ると湯の華が塊になっていました。

これを見れば泉質の素晴らしさがおわかりいただけるかと思います。

湯口の湯の華




という事で失礼して・・・

露天と温泉マン


いやぁ〜、何とも良い湯ですね。

この湯に入るのは何年振りになるでしょうか・・・






帰り際、フロント横に手作りアクセサリーのお店がありました。

一つ一つ丁寧に手作りされた木製ブローチなどを販売しています。

手作りアクセサリー


えぇ、うちのカミさんもしばらくこの場を離れませんでした。

そして梟のブローチを購入しました。


旅の楽しみはこうしたお土産店等でのお買い物がありますね。
特に女性は・・・



ここ名湯の森ホテル「きたふくろう」は大満足のお宿でした。




そしてここのホームページには、このホテル迄の交通手段が時刻表付きで掲載されています。
http://www.kitafukuro.com/map.htm

こうしたちょっとした心遣いが嬉しいですね。

ホテル従業員の方にもお客様に対する気配りを感じました。


「ホスピタリティ」・・・


北海道観光で良く言われる言葉です。


多くのお客様はマイカーやレンタカーそして観光バスで来られることと思います。

しかし、数は少ないかも知れませんが公共の交通機関で来られるお客様もいらっしゃる事を忘れてはいけません。
そんな小さな心遣いこそ真の「ホスピタリティ」なのかもしれません。




※当ブログへご訪問の皆様へ
 明日から今週いっぱい東京方面へ出張いたします。
 ブログ更新が空いてしまう事もあるかと思いますがどうぞご了承願います。







●名湯の森ホテル「きたふくろう」ホームページ
http://www.kitafukuro.com/



■名湯の森ホテル「きたふくろう」はこちらです。











テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





夫婦で道東ぶらり旅 #7 名湯の森ホテル「きたふくろう」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる