北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 栗山駅

<<   作成日時 : 2010/05/09 02:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 4

本日は空知にある鉄道駅の話題をお伝えします。
前回栗山町にある蔵元「小林酒造」をご紹介しました。


ここ栗山町は人口約14000人で町内にJR北海道室蘭本線が走っています。


こちらが栗山駅です。

駅全景



一見すると駅というよりもバスターミナルという感じです。

駅名と時計





最近こうしたローカル駅は列車の駅舎という役割以外に、町の観光案内所であったりバスの待合所の役割を果たしている場合が多くあります。

駅入口

ここ栗山駅も入口に「栗山総合案内所」、「総合待合所」と書かれています。



こちらは切符売り場です。

切符売り場

栗山駅は簡易委託駅で栗山観光協会が業務を受託しています。

JRの切符以外にここを発着する、中央バスや夕鉄バスの切符や回数券を販売しています。


そしてここ栗山駅には「中央バス」、「夕鉄バス」、「栗山町営バス」、「長沼町営バス」が乗り入れています。

バス時刻表




さて駅ホームへ出てみます。

岩見沢方面

こちらは岩見沢方面になります。




栗山駅の駅名標です。

駅名標




そしてこちらが苫小牧方面です。

現在、ホームは2面しかありません。
駅舎側の1面は苫小牧方面の列車乗降に、そして2面目は岩見沢方面の乗降に利用されています。

しかし、その昔ここ栗山駅には4面のホームがありました。

苫小牧方面

写真右側のホーム奥にさらに2面のホームがありました。

そしてそのホームは夕張鉄道が利用していました。

夕張鉄道はかつて夕張が炭鉱の街として栄華を誇っていた時代、現在の江別市野幌と夕張市を結んでいた私鉄です。


1926年(S1)10月14日、ここ栗山駅と新夕張(のちに夕張本町駅)が開業しました。
その後1930年(S5)11月3日、野幌 ・栗山間が開業となりました。

1966年(S41)当時の時刻表を見てみます。

夕張鉄道時刻表

急行列車も走っていました。



栗山駅は国鉄線と私鉄線の接続駅として賑わっていたのです。

当時は札幌から夕張までは函館本線岩見沢、ここ室蘭本線栗山駅経由で夕張行きの準急も運行していました。

室蘭本線時刻表

こうして見ると当時の夕張への人の動きが多かった事が見てとれます。




現在では夕張鉄道の面影はほとんど見る事ができませんが、こちらの道路、通称きらら街道は夕張鉄道の跡地を整備したものです。

きらら街道

そしてこのきらら街道周辺には、農産物の直売所等が多く存在します。


●農村ドライブマップ(きらら街道)
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ns/nss/kirara-road.htm


栗山町には、前回紹介した「小林酒造」以外に菓子製造元である「谷田製菓」があります。

谷田製菓看板




北海道人には定番の「日本一のきびだんご」を製造販売しています。

きびだんご5本入り


北海道人は幼い頃から「きびだんご」と言えばこの形をイメージしていますが、本州で「きびだんご」と言えば全く違う形が常識です。


これも北海道ならではの文化なのかもしれません。


いずれにしても空知には楽しい魅力が一杯です。




「頑張れ空知!!」


私も応援します。








●「栗山駅」 ※wikipediaより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%97%E5%B1%B1%E9%A7%85



■「栗山駅」はこちらです。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
夕張よりこんにちは
夕張よりこんにちは ...続きを見る
ゆきfrom夕張
2010/05/26 15:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
北海道は、委託駅が多いのでしょうか?
先日紹介されていた、母恋駅も、委託駅ですよね?
写真のきびだんこ!!
久しぶりに見ましたー(^o^)
なつかしいです〜。
石原です。
2010/05/09 04:43
●石原です。さん
こんにちは。
北海道は委託駅が多いですよ。
母恋駅も委託駅です。今日は母の日なので母恋駅も賑わっていることと思います。

北海道のきびだんごと言えばやはりこれですね。(笑)
温泉マン
2010/05/09 13:24
急行列車も走っていました。
栗山駅は国鉄線と私鉄線の接続駅として賑わっていたのです。
当時は札幌から夕張までは函館本線岩見沢、ここ室蘭本線栗山駅経由で夕張行きの準急も運行していました。

と書かれてますが 少し表現が足りないのではないでしょうか?
夕張鉄道単独で 急行が運行されており栗山駅は単なる停車駅です。
国鉄線(現JR)は現在は石勝線の開通によって夕張から千歳経由で札幌へ出ることが可能になりましたが 夕張ー札幌のアクセスは札幌ー岩見沢ー栗山ー追分ー滝上ー夕張と函館本線ー室蘭本線ー夕張線を使って輸送されており 昭和41年当時は準急としてそのルートで運行されていた事を表現されたのだと思いますが この文章では国鉄線から夕張鉄道を使って夕張に乗り入れしたかのような 誤解が生まれないでしょうか?
ちょっと余計かと思いましたが 書き込みさせていただきました。

おおぞら
2010/05/11 05:09
●おおぞらさん
コメントありがとうございます。

国鉄の時刻表を見ていただければ、おおぞらさんご指摘の通り追分駅経由で運転されている事がおわかりいただけるかと思います。記事内の表現が足りない感じを受けられたのであれば大変失礼いたしました。
温泉マン
2010/05/11 08:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





栗山駅 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる