北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 一日散歩きっぷ(道央圏用) #5 滝川駅から富良野駅へ

<<   作成日時 : 2010/04/05 02:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

一日散歩きっぷ(道央圏用)、5回目は滝川駅から富良野駅迄をお伝えします。

列車は滝川駅を定刻に出発しました。



休日という事もあり列車はかなりの人が乗車しています。

私と鉄道少年を含め、その筋の方も数名乗車されています。(笑)


今回は旅を楽しみたいと思っていますので、写真の取り忘れも多々ありますがどうぞでご容赦願います。




列車は各駅に停車していきます。

滝川駅から2つ目の駅は「赤平駅」です。

赤平駅正面

駅は地域交流センターとの複合施設になっています。



空知は温泉も多い地域です。


赤平市にも温泉があります。

エルム高原温泉ゆったり

駅から約5kmの場所に「エルム高原温泉ゆったり」があります。

近くにはキャンプ場もあり夏は多くの家族連れで賑わいます。




赤平駅の次の停車駅は茂尻(もしり)駅です。

茂尻駅




そして次の駅は「平岸駅」です。

平岸駅

雪がまだまだ多いですね。





列車は順調に走行し「芦別駅」に到着です。

芦別駅

芦別もその昔炭鉱で栄えた街です。

かつてここ芦別駅から頼城まで「三井芦別鉄道」が運行していました。

しかし炭鉱衰退とともに1989年廃止となりました。




そしてここに芦別にも素晴らしい温泉があります。


芦別は「星の降る里あしべつ」と言われ、駅から約6kmの場所に立派な温泉ホテルがあります。

芦別スターライトホテル

ここは「芦別スターライトホテル」で芦別自慢の温泉ホテルです。


我が家でも何度も訪れている温泉です。



さらに列車は進みます。


芦別駅の次の停車駅は上芦別駅です。

上芦別駅




今回乗車している釧路行普通列車は滝川駅のある空知支庁から上川支庁、十勝支庁、釧路支庁と走行して行きます。

根室本線下りで空知支庁最後の駅は「野花南(のかなん)駅」です。

野花南駅

実は1991年(H3)10月迄はここ野花南駅の先に空知支庁管内最後の駅として「滝里駅」がありました。

1981年に発生した石狩川大水害は浸水面積61,400ha、浸水戸数約22,500戸という過去最悪の規模となり石狩川の本川・支流で氾濫が相次ぎました。
これを受け石狩川支流である空知川の治水事業が見直され、ここに滝里ダムが建設されました。


この結果「滝里駅」は湖底に沈む事になり、根室本線の線路は新しく付け替えられる事になりました。


現在列車は野花南駅を出ると滝里ダム北側を縫う形で走行します。

滝里ダム方向へ




そしてしばらく走行すると長い滝里トンネル(L=5,595m)を通り上川支庁最初の駅「島ノ下駅」へ向かいます。

滝里トンネル





こちらが島ノ下駅です。

島ノ下駅

以前は駅近くに温泉がありましたが今は廃業となり、現在は駅から1.2kmにあるハイランドふらの内に温泉があります。



ハイランドふらの7月〜8月はラベンダー一色に埋まる絶景となります。

画像





さて滝川駅から1時間10分、定刻に富良野駅に到着です。

駅舎

夏は多くの観光客で賑わう富良野も、この時期は少々寂しい感じがします。




ここ富良野駅では20分間停車します。

富良野駅・駅名標


本当に普通列車の旅は実にゆったり時間が流れます。



まぁ、焦らずこの先ものんびりと旅を楽しむ事にしましょう。





■「富良野駅」はこちらです。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





一日散歩きっぷ(道央圏用) #5 滝川駅から富良野駅へ 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる